ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

ちょっと笑ってしまう「食品の5秒ルール」

f:id:masaogasan:20190915131236j:plain

5秒ルールを調べてみようと思ったら

5秒ルールという言葉を聞いたことがありますか?

  • 最高の結果を出すためのルール
  • やる気が無い時の対処法
  • やる気スイッチが入る方法
  • 直感的に行動するための方法

5秒ルールとは、決断を早くすることによって最良の効果を得るルールということで知られています。

 

詳しく知りたいな、と思いネットにアクセス。

 

最初にWikipediaを開いてみたら、笑っちゃいました・・・

 

食品の5秒ルール

5秒ルールは食品のルールとして書いてありました。

食品について、この5秒ルールはクッキー のような嗜好品によく用いられ、「地面に落としても明らかな汚れが無い場合、悪い菌に感染しない」という法則。

 ええっ、まさかー

 

さらに5秒ルールには様々なバリエーションがあり、3秒ルール10秒ルール15秒ルールなんていうのもあるそうです。

 

いやいや、落とした食品は何秒であっても細菌に汚染されてしまいますよ (笑)

 

Wikipedia によれば2003年イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校でこの5秒ルールのを検証したそうです。

大腸菌を研究室の新しい床とつるつるした床の両方に広げ、グミキャンディーとクッキーを様々な時間をおいてその付着土を顕微鏡で調べたそうです。

その結果、全ての食品において5秒以下の時間でも相当数の菌あったということで、この5秒ルールの研究結果は間違いということが立証されたそうです。 

 

いやぁ、当たり前だと思うんですけどね。

 

でも、この研究って2004年度の公衆衛生のためのイグノーベル賞を受賞したそうです。

 

なんだか笑っちゃいます。

 

床に食べ物を落としても、安全な場合もある

ただし、乾いた床に落ちた食品については安全であるという研究結果も出ているんだそうです。

 

でもやっぱり、床に落とした食べ物は食べたくないなぁ。

 

食品の5秒ルールを研究している人は沢山いる

でも、驚いたことにこの研究をしている人は2000年に入っても沢山いるみたいです。

 

落とした食品をそのまま食べるのは止めようよ。

 

そりゃ多少の菌で汚染された食品も、体内に入れば胃酸などで菌を殺すことが出来るけど、菌は目に見えないものだから、要注意だよ。

 

大腸菌などは、条件さえそろえば恐ろしい勢いで増殖します(対数増殖)。

 

5秒ルールではないですけれど、菌はあなどれない。

 

家庭での食品の管理は慎重に

5秒ルールとは少し違いますが

 

意外と家庭で食中毒に感染する率は高いそうです。

しかし、単なる下痢とみなして、市販薬などで治療する場合が多いので、あまり表ざたにはなりません。

f:id:masaogasan:20190915131234p:plain

 

まだまだ暑い日が続きますから、家庭での食品の取り扱いは注意しましょう。

 

 

 

秋の風景

あぁ、秋だな

と感じる代表的な風景に、ススキのある風景が上げられると思います。

ススキの穂が風にそよいでいる風景は、涼しさを感じると共に、心もなごみます。

 

近所を散歩していて、線路脇のススキの穂が伸びてくるのを見るのがこの時期の楽しみの一つです。

 

通勤途中にもススキの名所が。

多摩川の河川敷沿いの遊歩道。

すっかり穂が出そろいました。

あれ?

ススキじゃないですね、穂が違う。

 調べてみたら「ヨシ」でした。

 

「ススキ」

 ススキとは、イネ科ススキ属の植物。尾花ともいい秋の七草の一つ。また茅(かや。「萱」とも書く)と呼ばれる有用植物の主要な一種。 野原に生息し、ごく普通に見られる多年生草本。

ススキの語源には諸説あり、「スス」はすくすくとまっすぐに立つことを表わし、「キ」は草や茎の意味であるともいわれます

また、茅(カヤ。萱とも書く)とも呼ばれ、茅葺き屋根の材料にも利用されています。

 「ヨシ」

ヨシはススキやオギによく似たイネ科ヨシ属の多年草植物です。温帯・熱帯地域の河川などの湿地帯に広く分布し、日本国内でもよく見られます。

古来から茅葺屋根の材料やすだれ、上部で軽い棒としてなどとして用いられました。「古事記」にも記述が見られ、ヒルのような子がヨシ(アシ)を使って作った船で流されたとされます。

 

秋の七草、知っていますか?

私は残念ながら知りませんでした。

 

秋の七草

・女郎花(オミナエシ)

・尾花(オバナ ※ススキ)

・桔梗(キキョウ)

・撫子(ナデシコ)

・藤袴(フジバカマ)

・葛(クズ)

・萩(ハギ)

  

 

花言葉についても調べてみました

 

ススキの花言葉

「活力」「心が通じる」。

 

アシの花言葉

「音楽」「不謹慎」「後悔」「神の信頼」

 

姿は似ていますが、花言葉は全然違うのですね。

今日の富士山 スマホからの初投稿

初めてスマホから投稿してみます。

今朝の富士山。


通勤で利用している東名高速道路バス停脇の駐車場から、スマホで撮影しました。

車を停めると、真ん前が富士山なのです。


今日の天気予報は下り坂。
かなり雲が広がっています。


富士山も少し雲がかかっていますが、それはそれで良い雰囲気。


でも、今年はあまり富士山を見ることができないような気がします。

雷 ~雷は四季の移り変わりを感じさせる自然現象

f:id:masaogasan:20190914213703j:plain

 雷は季節で異なるのです

9月に入り、ようやく初秋らしいさわやかさを感じる機会も多くなってきました。

 

とはいえ、今年の夏の猛暑は全国各地に豪雨被害をもたらし、記録だけでなく記憶にも残る夏になりました。

 

雷雨に遭遇する回数も記録的。

 

まるで熱帯雨林のジャングルにいるような雷雨。

急激に発達した積乱雲によって、雷鳴が轟き、大量の雨が降る。

 

こんな気象現象も、近年は夏場のよくある気象現象になってきたように感じます。

 

そんな雷ですが・・・

 

実りの秋、秋の雷は夏とか異なるということをご存知ですか?

 

稲妻、という言葉があります

雷と稲穂、どの様な関係があるのでしょうか。

 

秋にはまた夏とは違った雨や雷になってきます。

 

そうした違いから、歳時記では「雷」は夏の季語、「稲妻」は秋の季語とされています。

でも、同じ雷なのに、なぜ呼び方が違うのでしょうか?

 

“稲妻”と稲穂は関係あるのか?

 

そこで、「稲妻」に関して調べてみました。

「稲妻」の語源と稲作との関係とは?

「雷」と「稲妻」。

 

大きな違いは音。

 

「雷」……積乱雲の内部、または雲と地表で引き起こされる放電現象で、雷鳴を伴う。

 

「稲妻」とは雲の内部で起こる火花放電。

稲の実る頃に多く、雷鳴は聞こえません。

「稲光」とも言います。

例えるなら「雷は」ゴロゴロドッカーン!

うる星やつらのラムちゃんの雷。

 

「稲光」はピカピカ!
うる星やつらのじゃりてんの雷。

(少し古かったか)

 

音を伴うか伴わないかがわかりやすい違いなのですが、実はそれだけではありません。

稲が実る頃に「雷」が多いと豊作になる?

秋は稲穂が実る季節であり、一般的に稲刈りは9月から10月に行われます。
田んぼでは、多くは8月に「稲の花」が咲き、9月頃にかけて実をつけていきます。

そこで、稲にとって大事な実をつける時季に起こる雷は、昔から稲の豊作に関連があると言い伝えられてきました。

f:id:masaogasan:20190914213701p:plain

「稲の妻」と書くのはなぜ?

実は「稲妻」は「稲夫(いなずま)」が語源。

「夫」は古語で「つま」と呼び夫のことで、のちに読み方だけが残り「稲妻」になったと伝えられているのです。
つまり、「稲が実る頃の、夫の大事な役割」という意味があり、その時期「雷」が多いと豊作になるといわれてきました。

 

秋の夜空に音のない「稲妻」が見えたら、それは夏の終わりのサイン。

「夏が終わったよ、もう実りの秋だよ!」という自然のサインなのです。

「稲妻」だけじゃない四季それぞれの雷

◇春

春の雷の「春雷(しゅんらい)」は、冬眠していた虫が動き出すとされます。
春雷とは春の訪れを知らせる雷で、3月から5月くらいまでに発生する雷のことを言います。
冬の終わりを告げる雷でもあります。

立春を過ぎてから初めて鳴る雷を「初雷」とも言い、また、啓蟄の頃によく発生することから、春の訪れを虫たちに知らせ、虫たちを目覚めさせるものとして「虫出しの雷」という呼び方もされています。ています。 

 

春雷、とは単に「春に鳴る雷」のことを言うわけではなく、冬の終わりを告げ、春の訪れを知らせる雷を「春雷」と言うのですね。
一般的に雷というと夏場に発生する雷を思い、激しい雨と共に轟音が響く、ようなイメージを浮かべますが、春雷はそこまで激しくはなく、音も小さ目のケースが多いです。

 

◇冬

「冬季雷」とは?

「冬季雷(とうきらい)」とは、その名の通り冬に落ちる雷のことです。

冬に落ちてくる雷には、夏の雷とは違い、破壊力抜群なのです。

 

夏場の雷といえば、遠くからゴロゴロと聞こえる雷の落ちる音や、光ってから雷鳴が轟くまでの時間を利用すれば、雷雲がどのくらい近づいているのかよく分かりますよね。

 

よく、雷が光ってから「1,2,3」と数を数え、3以上なら大丈夫と子供のころ教えられたような記憶があります。

 

しかし、冬季雷はあろうことか音を立てずに近づいてくるのです。

 

というのも、冬場の雷雲には、夏場のようにたくさんの雷を放電するだけのパワーがないため、少しだけしか雷を落とせないのです。

 

そのため、何の前触れもなく急に一撃だけ落ちる、ということが起こりやすいのです。

 

また、冬場の雷雲は雪雲であることが多いので、降雪のためその姿を確認することが難しいという怖さもあります。

 

一撃の破壊力が強烈。

 

冬季雷は、夏場に比べて地面からの距離が近い雲から発せられるため、夏の雷のエネルギーに比べて100倍以上のエネルギーを持つことがあるのです。

 

雷の季語

俳句には季語というものがあるのは皆さんご存知ですよね。

季語は、四季折々の感じを表すための定められた語なのです。

 

「雷」は、夏の季語。
「雷鳴」「雷雨」「落雷」は夏の季語です。

ところが、「稲妻・稲光」は、秋の季語です。

「稲」は、秋の季語、したがって稲を実らせる「稲妻・稲光」も秋の季語となっています。

 

雷ひとつでも、季節によって様々な感じ方があるのですね。

ある意味、日本人の感性の豊かさを感じることができます。

 

でも、雷はやはりこわい。

出来れば避けて通りたいものです。

 

いつもの風景 【短編小説】

f:id:masaogasan:20190915134010j:plain

俺はまた今朝も自分の気持ちと戦っていた。

 

起きて会社に行くか、このままベッドの中で寝てしまうか。

 

 俺は会社が嫌いである。

 仕事なんか大っ嫌いだ。

 

だから、毎朝起きる時間が近づくと憂鬱になってしまう。

 

会社に行きたくない行きたくない。

 

 すでにカーテンの隙間から、朝日が部屋に差し込んでいた。

 スマホのアラームが鳴るのももうすぐだ。

 

だが、俺は今日もまた普段通りにいやいやベッドから抜け出し、会社に向かうのだった。

 

重い足取りで駅に向かう。

そして改札を抜け階段を上がろうとしたときに気が付いた。

いつも利用する1番線のホームの横に0番線があるではないか。

 0番線 こんなホームこのここの駅にあったのだろうか ?

まるでハリー・ポッターの世界じゃないか。

 

俺はフラフラと、まるで吸い寄せられるように0番線へ向かう階段を上っていった。

 

すると、そこには既に列車が到着していた。

 

俺は何の疑問もなく、電車のドアに吸い込まれていった。

 

車内は思いのほか空いていた。

俺はシートに座る。

目の前には若い OL 風の女性と、くたびれたスーツに身を包んだおじさんが座っていた。

2人とも無表情で、顔色が冴えない。ぼんやりとした視線を宙に漂わせている。

 

列車はアナウンスも発車ベルも無く走り出した。

 

見慣れた街の風景はあっという間に消え去った。

 

そしてすぐに田舎の漁師町が現れた。

朝日を受けて海がキラキラと輝いている。

すると目の前のおじさんが急に立ち上がり、大声で叫んだ。

 

「ここだ、ここが俺が探していた場所だ。俺はここで漁師をやりたかったんだ」

 

そう言っておじさんの姿は消えた。

 

その後、車窓の風景は劇的に変わった。

地中海に面した明るい街の風景が広がった。

すると今度は目の前の OL は立ち上がって

「私の住みたかったところはここなのよ」

と言って消えた。

 

その後も様々な風景の中を列車は走り続け、乗客は一人一人と消えていった。

 

そして最後に私が残ったその途端、列車窓の風景は消えた。

列車は漆黒の闇に包まれた世界を走っている。

全く窓の外の風景は見えない。

 

一体どうしたというんだ。

俺は考えた。

 

そうか、俺はただ単に仕事が嫌だ会社が嫌だと言っているだけで、人生に対して何の夢も持っていなかったんだ。

だから何も風景が見えないんだ。

 

俺は焦った。

この列車は俺を乗せたまま、この漆黒の闇を永遠に走り続けるのであろうか。

 

俺は叫んだ。

 

「やめてくれ、元の世界に戻してくれ」

 

スマホのアラームが鳴っている。

 

俺は目を開けた。

起きる時間だった。

 

寝汗でパジャマ代わりの古いTシャツがぐっしょりと濡れている。

夢だったのか。

俺はため息をつき、スーツに着替え重い足取りで家を出た。

 

そしていつもの通り駅に向かう。

だがその時俺は思った。

もしかしたらあれは現実に起こったことなのではないだろうか。

 

最後に、不安になって元の世界に戻りたいと叫んだ。

そして俺の望んだこの風景に結局は戻ったのではないだろうか。

 

怠慢な人生を過ごすのはもうやめよう。

もっと真面目に自分の人生を考えよう。

俺はそう思って駅に向かった。

 

いつもと同じ風景が、少し明るく感じられた。