ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

いつもの風景 【短編小説】

f:id:masaogasan:20190915134010j:plain

俺はまた今朝も自分の気持ちと戦っていた。

 

起きて会社に行くか、このままベッドの中で寝てしまうか。

 

 俺は会社が嫌いである。

 仕事なんか大っ嫌いだ。

 

だから、毎朝起きる時間が近づくと憂鬱になってしまう。

 

会社に行きたくない行きたくない。

 

 すでにカーテンの隙間から、朝日が部屋に差し込んでいた。

 スマホのアラームが鳴るのももうすぐだ。

 

だが、俺は今日もまた普段通りにいやいやベッドから抜け出し、会社に向かうのだった。

 

重い足取りで駅に向かう。

そして改札を抜け階段を上がろうとしたときに気が付いた。

いつも利用する1番線のホームの横に0番線があるではないか。

 0番線 こんなホームこのここの駅にあったのだろうか ?

まるでハリー・ポッターの世界じゃないか。

 

俺はフラフラと、まるで吸い寄せられるように0番線へ向かう階段を上っていった。

 

すると、そこには既に列車が到着していた。

 

俺は何の疑問もなく、電車のドアに吸い込まれていった。

 

車内は思いのほか空いていた。

俺はシートに座る。

目の前には若い OL 風の女性と、くたびれたスーツに身を包んだおじさんが座っていた。

2人とも無表情で、顔色が冴えない。ぼんやりとした視線を宙に漂わせている。

 

列車はアナウンスも発車ベルも無く走り出した。

 

見慣れた街の風景はあっという間に消え去った。

 

そしてすぐに田舎の漁師町が現れた。

朝日を受けて海がキラキラと輝いている。

すると目の前のおじさんが急に立ち上がり、大声で叫んだ。

 

「ここだ、ここが俺が探していた場所だ。俺はここで漁師をやりたかったんだ」

 

そう言っておじさんの姿は消えた。

 

その後、車窓の風景は劇的に変わった。

地中海に面した明るい街の風景が広がった。

すると今度は目の前の OL は立ち上がって

「私の住みたかったところはここなのよ」

と言って消えた。

 

その後も様々な風景の中を列車は走り続け、乗客は一人一人と消えていった。

 

そして最後に私が残ったその途端、列車窓の風景は消えた。

列車は漆黒の闇に包まれた世界を走っている。

全く窓の外の風景は見えない。

 

一体どうしたというんだ。

俺は考えた。

 

そうか、俺はただ単に仕事が嫌だ会社が嫌だと言っているだけで、人生に対して何の夢も持っていなかったんだ。

だから何も風景が見えないんだ。

 

俺は焦った。

この列車は俺を乗せたまま、この漆黒の闇を永遠に走り続けるのであろうか。

 

俺は叫んだ。

 

「やめてくれ、元の世界に戻してくれ」

 

スマホのアラームが鳴っている。

 

俺は目を開けた。

起きる時間だった。

 

寝汗でパジャマ代わりの古いTシャツがぐっしょりと濡れている。

夢だったのか。

俺はため息をつき、スーツに着替え重い足取りで家を出た。

 

そしていつもの通り駅に向かう。

だがその時俺は思った。

もしかしたらあれは現実に起こったことなのではないだろうか。

 

最後に、不安になって元の世界に戻りたいと叫んだ。

そして俺の望んだこの風景に結局は戻ったのではないだろうか。

 

怠慢な人生を過ごすのはもうやめよう。

もっと真面目に自分の人生を考えよう。

俺はそう思って駅に向かった。

 

いつもと同じ風景が、少し明るく感じられた。

東京のパワースポット 渋谷金王神社の神様に怒られた話

東京渋谷の金王神社はパワースポットとしても有名な神社です。

3年前まではこの近所のオフィスに勤務していたので、しょっちゅう訪れて(さぼりに)いました。

 

現在は、年に数回お参りする程度。

素通りすることもしばしば(大半)。

 

前回お参りし、おみくじを引いたら、神の教に書かれていた言葉は

 

「難儀苦労のある時ばかり神の御袖にすがる気か」

 

と、お叱りの言葉が・・・

www.enjoylife-masa.com

 

しっかりと反省し、今回は渋谷に出た機会に早速お参り。

 

境内でのんびり過ごしておみくじを引いてみたら・・・

 

「凶」

 

ですよ。

おみくじで「凶」なんて、ここ数年記憶にありません。

 

「うわ、神様まだ起こっている」

 

と驚き、じっくりとおみくじに書かれている内容を読んでみました。

 

謙虚になり、心を磨け。

曇った鏡に人の姿はうつらない。

 

人の誘惑に負け、酒色に溺れることなかれ。

 

自分の意志をしっかりと持て。

 

そうすれば幸運はやってくる。

 

なるほど。

 

先日読んだ、森沢明夫「エミリの小さな包丁」にも

神様は自分自身、だから神社に自分自身が映る鏡が祭ってある。

 

と書いてありました。

www.enjoylife-masa.com

いやー、反省です。

でも、これって「凶」なのかな。

全然「凶」とは感じないのですが。

 

とにかく再度自分を見つめなおしましょう。

 

神社もじっくりと見て見ると、なかなか面白いですね。

龍(麒麟かな?)や虎など、きらびやか(?)な装飾が。

また、片隅には稲荷神社も。

 

稲荷神社のキツネさんは大好きなんです。

金王神社、本当に都会の中のオアシスですね。

秋だなぁ

ススキの穂がだいぶ伸びてきました。

f:id:masaogasan:20190914220117j:plain

稲穂も黄金色に輝き、

稲刈りも始まりました。

f:id:masaogasan:20190914220108j:plain

キノコも・・・

名前は分かりません。

もちろん食べませんよ。

f:id:masaogasan:20190914220814j:plain
f:id:masaogasan:20190914220059j:plain
f:id:masaogasan:20190914220049j:plain

ショウリョウバッタ、シオカラトンボ、赤とんぼ

f:id:masaogasan:20190914220803j:plain
f:id:masaogasan:20190914220752j:plain
f:id:masaogasan:20190914220743j:plain

まだまだ暑いと思っていても、自然界はもう秋ですね。

富士山に雪が降るのも、もうすぐでしょう。

「せんべいを食べたい」この感情に支配された3日間(短編小説)

f:id:masaogasan:20190908143331j:plain

その感情は突然湧き上がってきた。

 

水曜日、仕事を終えて会社を出た時だった。

外は蒸し暑かった。

こんな時は、キンキンに冷えたビールが飲みたくなるものだが、その日、お父さんの頭の中に湧き上がった感情は

「せんべいが食べたい」

であった。

 

その感情は、駅まで歩く間、頭の中でまたたく間にふくれ上がった。

 

「せんべいが食べたい」

 

少し焦げた、香ばしい香り

バリっとした歯ごたえ

口の中でかみ砕くと、心地よい破壊音が脳細胞に直接響いてくる

バリバリ

そして、唾液と混ざりあい、かみ砕き音は次第に小さくなるとともに、香ばしい醤油味に甘みが加わってくる

そして飲み込む

 

頭の中で明確にイメージできるまでになってしまった。

 

電車の中で吊革につかまっている間も、頭の中をせんべいが占領していた。

 

乗換駅についた。

ここから高速バス停留所までコンビニとスーパーマーケットが2軒ずつある。

バスの待ち時間も10分ほど。

せんべいを購入する機会は4回。

 

すぐに購入して、高速バスの中で食べようか?

いや、ダメだ。

それは出来ない。

バリバリというせんべいをかみ砕く音が、間違いなく周りの乗客の耳に入る。

マナー違反だ。

でも食べたい。

 

悩んでいる間にバス停に着いてしまった・・・

 

バスの座席に座っている間中、やはり頭の中を占領しているのはせんべいだった。

スマホの画面も、ましてや文庫本の文字も頭に入るわけがない。

ただひたすらせんべいの事を考えて小一時間、バス停を降り立った。

ここから自宅まで車で10分、途中店は無い。

自宅にせんべいが無ければ、もはや今日せんべいにありつくことは不可能だ。

 

自宅に着くと、いつもの通り夕食が準備してあった。

風呂に入る。

 

その時気が付いた。

 

あれだけ頭の中を占領していた

「せんべいを食べたい」

という感情が、きれいさっぱり無くなっているのだ。

 

今までの俺はなんだったのだろう。

 

帰宅するまでの2時間、あれだけ猛烈に突き動かされていた

「せんべいを食べたい」

という感情はなんだったのだろう。

 

お父さんは、ぬるい風呂につかりながら考えていた。

 

翌日、仕事中は

「せんべいを食べたい」

という感情は全く頭の中に湧くことは無かった。

 

だがしかし・・・

 

会社を出た途端、昨日と全く同じ

「せんべいを食べたい」

という感情が湧き上がった。

本当に昨日と全く同じなのである。

 

自分はおかしくなってしまったのか?

誰かに暗示をかけられてしまったのか?

 

せんべいのことで占領されてしまった頭の片隅でお父さんは考えたのであった。

そして、自宅に着くとせんべいを食べたいという感情は、頭の中から消え去ったのである。

 

金曜日。

恐れていたことがまた起こった。

 

またしても会社を出た途端に

「せんべいを食べたい」

という感情が湧き上がった。

 

もう、せんべいを食べない限り、毎日退勤時にこの感情にもてあそばれてしまうのではないか。

お父さんはそう思った。

 

この日、お父さんは高速バスに乗る前に、コンビニで柿ピーとせんべいの小袋を購入した。

柿ピーはバスの中で食べるためである。

柿ピーならば回りの乗客に音を気にされることもないであろうと考えたのである。

柿の種もせんべいも同じではないかと考えたのだ。

せんべいは家に帰ってから食べるため。

 

バスに乗り込み、早速柿ピーを口に放り込んだ。

 

その瞬間

「違う、俺が欲していたのはこれではない」

脳細胞がそう判断した。

 

味は似ている。

しかし、柿の種のせんべいは似て非なるもの。

原料は同じでも、歯で感じる感覚は別なものである。

香り立ちも異なる。

 

「俺がたべたいのはせんべいなのだ」

 

お父さんは一口で柿ピーを止めてしまった。

でも、さすがにカバンの中のせんべいを出すわけにはいかない。

我慢の車中1時間であった。

 

帰宅して風呂に入り、食卓に座った。

いつもの通り水割りも準備した。

家族は自室に入り、お父さん一人だ。

 

お父さんはせんべいの小袋を取り出した。

 

せんべいを食べたいという感情はすでにない。

 

しかし、今日は食べてみよう。

 

せんべいを手に、そしてかじりつく。

バリっという心地よい音

そして香ばしい醤油の香り

意外とウィスキーの水割りに合うではないか。

でも、食べたのは一枚だけであった。

 

その日以降、お父さんにあの、

「せんべいを食べたい」

というモーレツな感情は湧き上がらなくなった。

あの三日間、頭の中を支配したあの感情はなんだのであろうか。

 

この夏、お父さんに起こった最大のなぞである。

アスリートはなぜ日記を書くのか ~私たちにもアスリートと同様の効果が期待できるのです

 多くのアスリートが日記を書いている

テレビなどで、様々なスポーツ分野のアスリートたちが紹介されますが、日記を書いて自己分析されている方が多いと思ったことはありませんか?

 

なぜアスリートの方々は日記を書いているのでしょうか?

 

それは、日記を書くことによって自分の夢や目標を達成する事がしやすくなるからなのです。

 

それには明確な理由があるのです。

 

なぜアスリートは日記を書いているのか

◇ 自分の状況を客観的に判断する

その日の練習状況を客観的に分析し、自分の状態を冷静に見直しているのです。

 

練習中は気が付かなかった点も、客観的な気持ちで分析することによって見つけることが出来るのです。

 

そして、自分の目指すべき姿をより具体的にイメージできるのです。

 

スポーツ界において、イメージトレーニングの重要性はすでに常識となっています。

自分の最高の状態をイメージするのに、日記を書くという行為は非常に役立っているのです。

 

◇ 進捗状況を確認し、翌日やるべきことを明確にする

その日の状況を確認し、目的に向かって次に何をやらなければならないかが、書くという行為を通じて明確にすることが出来るのです。

 

明日何をやらなければいけないのか

自分の状態を、いつまでにどのようにもっていかなければいけないのかが明確になるのです。

 

◇ ストレス発散

その日に発生したネガティブな感情を、書くことによってはき出すことが出来るのです。

 

そして、感情を整理し、翌日に持ち越すことなくその日を終えることが出来ます。

ストレスが溜まると、ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンが分泌されます。

そのことにより

  • 眠れない
  • 緊張する
  • 集中できない

などの症状が引き起こされます。

書くことにより、ストレスを溜め込む事を防ぐことが出来るのです。

 

日記を書くということは、アスリートにとっては練習と同じような意味があるのですね。

 

私たちにも効果がある

アスリートではない私たちにとっても、日記を書くということは目標を達成したり、夢を実現化させるためには非常に有効なのです。

 

◇ 書くことにより問題解決の手段が見つけやすくなる

まずはその日に起こったことをなるべく客観的に、第三者の目線で書いてみましょう。

そのことにより、意外と問題解決の手口が見えてくるのです。

 

◇ これからの自分のとるべき行動が明確になる

日々の行動を分析することにより、これからとるべき行動が明確に見えてきます。

 

自分のあるべき姿、なりたい自分を明確に描き出すことが出来るようになればしめたものです。

 

より明日何をすべきかが明確になり、夢や目標に具体的に近づく事が可能になってきます。

 

◇ ネガティブな気持ちを整理することが出来る

気持ちが整理でき、ポジティブに動くことが出来ます

 

まとめ

書くことで大脳を刺激し、感情をコントロールすることが出来るのです。

そして自分のとるべき行動、未来を具体的に思い描くことにより、夢を現実化させる事が出来るように。

 

「思考は現実化する」というナポレオン・ヒルの本があります。

世界的に愛読されている本なのですが、そこに書かれていることは、まさにアスリートが日記を書いていることとダブるのです。

 

日記を書き、その時の自分の状況を客観的に見つめ、何をなすべきかを明確に描き出すことは、夢を実現させることなのです。

 

 

思考は現実化する〈上〉

思考は現実化する〈上〉

 
思考は現実化する〈下〉

思考は現実化する〈下〉

 
まんがで納得 ナポレオン・ヒル 思考は現実化する

まんがで納得 ナポレオン・ヒル 思考は現実化する