ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

ホテイの「やきとり缶詰」と宇宙の密接な関係について

f:id:masaogasan:20191120134514j:plain

「やきとり缶詰」宇宙へ

11月19日、日経新聞の静岡経済のページに面白い記事が出ていました。 

ホテイフーズコーポレーション(静岡市)の「やきとり缶詰」が宇宙航空研究開発機構(JAXA)から「宇宙日本食」の認証を受けた。2020年には宇宙日本食のロゴマークをあしらった記念缶を発売する。

賞味期限が常温で1年半以上であることや、中身が宇宙空間で飛び散らないことなどが認証の条件。やきとり缶詰はこうした条件を満たしており、普段食べている味を宇宙でも楽しめるという。国際宇宙ステーションに滞在する日本人宇宙飛行士に提供する予定だ。

宇宙日本食は基本支給の宇宙食とは別に、宇宙飛行士のストレスを和らげる目的で振る舞われる。やきとり缶詰が認証された10月25日時点で、宇宙日本食として36品目目が認められている。

 「やきとり缶詰」が宇宙食

私の住む静岡県は、言わずと知れた缶詰王国。

その中でも横綱格のホテイの「やきとり缶詰」が宇宙日本食に認定されたんです。

お酒好きのお父さんにとっては我が事のように嬉しい話題です。

 

お父さんの昼のみのお供に最適な「やきとり缶詰」。

缶詰をパッカンと開けるだけで最高のおつまみとなるこの商品。

今日からは、広大な宇宙空間を思いながらお酒が飲める。

そうだ、キャンプにも必ず持って行こう。

星空を眺めながら。「やきとり缶詰」をつまみに飲むお酒は最高に美味しいだろうなぁ。

酔いが回るにつれて、きっと宇宙遊泳をする飛行士のような感覚になるだろうなぁ。

お父さんの楽しみがまた広がった。

f:id:masaogasan:20190519070516j:plain

 

宇宙日本食、もっと詳しく知りたい

宇宙日本食は、食品メーカが提案する食品をJAXAが評価し、宇宙食としての基準を満足している場合に宇宙日本食として認証するもので、国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在を予定している日本の宇宙飛行士に、日本食の味を楽しんでもらい、長期滞在の際の精神的なストレスを和らげ、ひいては仕事の効率の維持・向上につながることを目的として開発したものです。

また、日本食が健康に良いということは世界各国で認識されているため、ISS長期滞在を予定している国際パートナーの宇宙飛行士に利用されることも期待しています。

宇宙日本食は、日本の家庭で通常食されている範囲を対象としており、日本の伝統的な「和食」には限定していません。これまでに宇宙日本食として認証された食品には、カレーやラーメンのほか、イワシのトマト煮なども含まれています。

 なるほど。

 

確かに食べなれた食品は、ストレスを和らげますよね。

 

f:id:masaogasan:20191120134511j:plain

よく、海外に行くときに梅干しやインスタント味噌汁を持参したり、帰りの飛行機は日本食の出る航空会社じゃなきゃいやだと駄々をこねる人もいるくらいですから。

 

食事によるストレス軽減はよく理解できます。

 

どんな宇宙日本食があるの?

ご飯や赤飯、おこわ。

これらは納得の宇宙日本食ですよね。

真空パックの製品はすでにお馴染み。

 

江崎グリコのビスコ

なんだか非常食みたいな感じ。

日本の味なのかな。

でも、子供のころから成れ久しんだ味だからOKかも。

 

日清のラーメン各種

いや、これはよくわかります。

宇宙空間で食べるラーメンか。

でも、飛び散らないのかな。

パックに入っているから大丈夫なんでしょうね。

 

ハウスのレトルトカレー各種

カレーは戦後の日本の味。

 

他にもサバ缶など色々あります。

食品会社も、宇宙日本食の認証を受けようと、様々な食品を開発しているそうです。

 

宇宙空間でも、地上と同じ食品を食べられる時代になったのですね。

 

最初に宇宙空間に飛び出した「やきとり缶詰」

今後、近い将来ホテイの「やきとり缶詰」は宇宙空間に旅立つでしょう。

そして、宇宙飛行士が宇宙ステーションで「やきとり缶詰」をパッカンと開けて食べる。

 

その空き缶は・・・

 

宇宙空間に捨てるわけにはいきません。

絶対に地上に持って帰る。

そして、静岡県の某場所に

「宇宙空間で初めて食べられた ホテイの「やきとり缶詰」」

として末永く展示されるのでしょうね、きっと。

甘柿、渋柿 ~渋柿だって動物たちの大好物!

f:id:masaogasan:20191118174950j:plain

快晴となった週末、カメラを持って散歩に出ました。

富士山はくっきりと望めます。

山肌は、紅葉で黄色や赤が強くなってきました。

 

肌に感じる風も、めっきりと涼しく(いや肌寒く)感じます。

 

今年の紅葉もすでに終盤、木々や草の葉も赤や茶色に。

 

ヒヨドリ達の鳴き声もにぎやかです。

 

柿の木の歯も鮮やかな黄色。

既に葉をすべて落としてしまった柿の木も。

 

そんな柿の木ですが、甘柿はすでに収穫済み。

でも、よく見るとそれぞれの木に、柿の実が一つ二つと残されています。

冬に備える鳥たちへの農家の方たちからのおすそ分けですね。

f:id:masaogasan:20191118174938j:plain
f:id:masaogasan:20191118174927j:plain


そして渋柿。

最近は干柿を作る農家も減ったためか、木にたくさん実が残っています。

葉っぱもまだ付いているなぁ。

さすがに鳥たちは食べないか・・・

f:id:masaogasan:20191118174915j:plain


でも、これからさらに寒くなり、実が熟してくると甘くなり、鳥たちの貴重な食料になるのでしょう。

 

渋柿の渋みは「タンニン」、抗菌作用が注目されているポリフェノールです。

それがたくさん含まれている。

ポリフェノールというと、身体によい気がするのですが、さすがに渋柿は・・・

渋柿のタンニンは、現在様々な利用法が研究されているそうです。

 

この渋柿ですが、なかには食べる動物もいるようです。

野生の猿やクマ。

冬を前に、皮下脂肪を蓄えるために例え渋柿でも・・・

 

ネットで調べたら、犬は喜んで渋柿を食べるそうです。

渋柿を食べた犬は、胃腸の調子もよくなるらしいとか。

渋みを感じない動物たちもいるのですね。

 

そういえば、「赤い鳥小鳥」という童謡があります。

散歩の途中で、赤い実と黄色い実を見つけました・

鳥たちは食べていないようですが、残るは青い実。

懸命に探しましたが・・・

むかごの、青っぽい実を発見。

f:id:masaogasan:20191118174904j:plain
f:id:masaogasan:20191118175052j:plain
f:id:masaogasan:20191118175041j:plain


*童謡では、

赤い鳥⇒赤い実

白い鳥⇒白い実

青い鳥⇒青い実

 

で、黄色い鳥はなかったんですね。

信号機の色と間違えてしまいました。

でも、白い実って・・・

見つけるのは難しそうです。

 

この童謡、今調べてみてお土居たのですが、作詞は北原白秋なのですね。

いやぁ。無知が暴露されてしまった(笑)。

恐竜オーパーツに新説!「羽毛恐竜のオーパーツはない」 に興奮してしまった私(ひねくれ派「ムー民」)

f:id:masaogasan:20191116152418j:plain

恐竜オーパーツに新説?

 

恐竜大好きです。

そんな私が興味を持っているものの一つが

「恐竜オーパーツ」

 

恐竜は、人類が地球上に出現する6000万年以上昔に、環境変化(巨大隕石の衝突)により絶滅したのが、現代の通説となっています。

しかしながら、世界各地の古代人の遺跡から、恐竜の壁画や土器、装飾品などが発見されているのです。

ですので、古代人は実際に恐竜を見ていたという人が沢山いるのです。

 

本当でしょうか?

 

私はそんなことは断じてないと考えています。

 

古代人と、生きた恐竜の接点は無い。

www.enjoylife-masa.com

 

ネス湖のネッシーもいない。

www.enjoylife-masa.com

 

昨日のことです。

池尻大橋の本屋で、雑誌「ムー」を買い、高速バスに乗り込みました。

 

そして、「ムー民広場」のページを読んでいると、そこには・・・

 

目から鱗の投稿が

 

「羽毛恐竜のオーパーツがない」

東京都に住む34歳男性の投稿記事でした。

 

近年、恐竜は羽毛に覆われていたことが分かってきました。

私たちが子供のころの恐竜とは姿が大きく変わっています。

ですが、発見された「恐竜オーパーツ」には羽毛恐竜は存在していないのです。

全て私たちが子供のころに慣れ親しんだ姿のものばかり。

 

「凄い、この方は凄いところに気が付いた!」

 

思わず興奮してしまいました。

f:id:masaogasan:20191116152416j:plain
f:id:masaogasan:20191116152421j:plain



しかし、投稿された方は、正統派「ムー民」とでも言うのでしょうか、これからきっと羽毛恐竜のオーパーツは発見されるであろう、楽しみである。

と書いておりました。

 

私は、ひねくれ派「ムー民」ですので、真逆で、「恐竜オーパーツ」は現代人が作ったのではないかと考えてしまったのです。

ですから、今後現代人が羽毛恐竜のオーパーツもこっそり作り出すのではないかと・・・

 

いずれにしろ、楽しくなりそうなことは間違いありません。

しっかりとアンテナを張っていなければ。

 

富士山と月、野球少年、サッカーに夢中な子供たち

f:id:masaogasan:20191117174047j:plain

11月10日 日曜日

朝、富士山を眺めたら、上空に白い月が。

 

慌ててカメラを持って。

 

富士山の背景にうっすらと雲が。

その雲と月の色が全く同じ。

月と雲が重なると全く月がわからなくなってしまう。

辛抱強く待って何とか写してみたものの・・・

f:id:masaogasan:20191117174033j:plain

望遠で富士山斜面も写してみました。

f:id:masaogasan:20191117174022j:plain

その後、散歩に。

 

野球場では中学校の試合が。

甲子園常連校の付属中学だった。

f:id:masaogasan:20191117174009j:plain

そして、足柄の「竹之下の棚田」へ。

f:id:masaogasan:20191117173955j:plain

サッカーに夢中な子供たち。

f:id:masaogasan:20191117174423j:plain

何やかやで13キロほど歩きました。

むちうち症になってから、こんなに歩いたのは初めて。

10キロ過ぎたら関節が痛くなってきた( ノД`)シクシク…

 

早く体力戻して、ジョギング再開したい。

これからは歩く距離を延ばして行きます。

目標は、

年内に筋肉痛なしで20キロは歩けるように。

気になる野良猫たち ~これから観察するようになりそうです

f:id:masaogasan:20191116145802p:plain

気になる野良猫たち

 

私が通勤に利用している東名高速道路足柄バス停横の駐車場.

今年の春頃から、この駐車場で野良猫を見かけるようになりました。

 

いや、今までもいたのに気が付かなかっただけかもしれません。

 

よく見るのは、真っ黒な猫(こいつは人相も体格も良く人になついているので、飼い猫だった、もしくは飼い猫じゃないかと推測されます)、こいつは「クロ」と名付けました。

そしてもう一匹、必ず一緒にいる黒いけど4本の足先が、まるで足袋かソックスをはいているような猫、こいつは「タビ」と名付けました。「タビ」は痩せていて、近づくとすぐに逃げてしまいます。こいつは根っからの野良ですね。

 

夜、暗くなっても駐車場内を歩いている姿を、ほぼ毎日見かけます。

 

特に、クロのほうは、

「ニャァ」

と挨拶すると、

「ミャオ」

と返事をするので、可愛くなってきてしまいました。

 

そして、夏に向かうと、駐車場に止めてある私の車に異変が。

ボンネットから屋根へと転々と動物の足跡がつくようになったのです。

 

誰の仕業か?

 

正体を突き止めたのは8月。

昼間に帰った時、ボンネットの上に黒猫発見。

その正体は「クロ」でした。

あいつ、ボンネットの上で昼寝してたんだ。

でも、車の色は黒、暑いだろうに。

www.enjoylife-masa.com

何故彼らはこの場所に出没するようになったのでしょうか。

はっきり言って山の中の駐車場、民家はありません。

 

県立小山高校があるくらい。

ん?

高校・・・

 

そうだったのか、小山高校は山の中。高校生の部活が終わるのは午後7時過ぎ。

7時過ぎると、学生たちが、この駐車場で親の迎えを待っているのです。

学生たちは部活が終わっておなかがすいているのでしょうね、みんなパンやお菓子を食べています。

猫たちは、そのおすそ分けを頂いているんじゃないでしょうか。

草むらの中に、アルミの食器もありました。

きっと、居心地がよかったのでしょうね。

 

しかし、夏を境に「クロ」と「タビ」を見かけることはなくなりました。

 

どうしたんだろう?

駐車場の回りの草が、きれいに刈られています。

居場所がなくなったのかなぁ。

でも、何故彼らは姿を消したのか、謎でした。

 

そんな9月も下旬のある夜、たまたま「タビ」を見かけました。

奴は私がスマホのカメラを向けると、草むらの中に姿を消しました。

でも、元気そうだった。

良かった。

寒くなってきたから、ねぐらを変えたのかな?

だとしたら寂しいな。

 

そして10月のある日、早めに夕方駐車場に戻ると、「タビ」を見つけたのです。

しかも、子猫を一匹釣れている。

「タビ」と同じ黒猫で、足だけ白い。

 

「タビ」は子猫を生んで育てていたんですね、びっくり。

 

ということは、

「クロ」が父親で「タビ」が母親かぁ。

でも、これからどんどん寒くなる。

大丈夫かな。

 

季節は冬、11月の夜。

 

照明で照らされている駐車場の車の陰に、転々と子猫の姿が。

 

一匹は紛れもなく「タビ」の子供「コタビ」とでも呼びましょうか。

 

そして、トラ模様の子猫が二匹、こちらは初めてお目にかかりました。二匹まとめて「チャトラ」と呼びましょう。

残念ながら、私の気配に驚いて、写真を撮る前に草むらの中に駆け込んでしまいました。

 

仕方なく車を出すと、視界の隅にしっぽを立ててすまして歩いている「クロ」の姿が。

 

みんな元気だったんですね。

 

さあ、暦の上では冬を迎えています。

 

この先彼らはどうやって生きてゆくのでしょうか。

心配やら興味深々やら。

 

童謡「ゆきやこんこ」

にもあるように、冬、猫はこたつで丸くなる。

猫の祖先はエジプト出身ということで、寒さに弱い動物。

冬になると、暖かい場所を求めて移動するそうです。

 

そういえば、駐車場の近くには高等学校の他に、一段高い場所に温泉もあるのです。

そこの排水が駐車場の下を流れているらしく、冬はマンホールから水蒸気が上がっています。

きっと野良猫たちは、そこの温泉で湯治としゃれ込んでいることでしょう。

 

でも、たまには駐車場で会いたいですね。

 

今では駐車場に入るときはスマホのカメラを必ず構えながらの毎日なのです。