ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

超高齢化社会とロボットスーツ 【ショートショート・短編小説】

この前、「お父さんは何歳まで働き続けるのか」という記事を書きました。

その時にふと頭をよぎったことを、ショート・ショートとして書いてみました。

お読みいただければ。

www.enjoylife-masa.com

f:id:masaogasan:20200118133058j:plain

 

「超高齢化社会とロボットスーツ」


僕の勤務する老人介護施設に入居していたマサ爺さんが、独り暮らしに戻ることになった。

自宅のマンションに戻るのだ。

もちろん、仕事も始める。


90歳になったマサ爺さんは、銀行ローンの審査をバスして30年ローンで最新のロボットスーツを購入したのだ。

これで寝たきりの生活ともお別れして、また若い頃のように体を動かせる。
もちろんすでに再就職も決まっている。

銀行が建設会社を紹介してくれたのだ。

マサ爺さんは自宅に戻ったらすぐに、建設現場で働くことになる。

重機の取り扱い経験豊富なマサ爺さんのことだから、新しい職場では重宝される事になるだろう。

 

マサ爺さんのようにロボットスーツを着用すれば、これから先30年以上も働ける老人は日本にとって、企業にとって貴重な存在なのだ。

肉体は最新のロボットスーツが100パーセントサポートしてくれる。

そう、まるで自分の体のように。

脳だけがしっかりしていれば問題ないのだ。

マサ爺さんは医学の進歩もあって、頭だけはしっかりしていた。

 

先ほどまでベッドで寝たきりの生活を送っていたマサ爺さんは、ロボットスーツを着装するなりシャキッと立ち上がった。

そして、ロボットスーツを通して、

「みんな世話になったな、これからも元気でな」

と明確な言葉を僕たちにかけてくれた。

先ほどまではモゴモゴと不明瞭で聞き取りにくい言葉しか発しなかったのに。

そして、僕や今まで介護してくれていた他の職員たちににっこりと微笑み、右手でVサインを出すと、颯爽と歩いて施設を後にした。

 

隣のベッドのアツシ爺さんは、よだれを流しながら羨ましそうに見ている。
アツシ爺さんは治療を続けても30年以内に認知症発症の可能性が高いという診断結果が出たため、ロボットスーツを購入するためのローン審査にパスしなかったのだ。

今日はユミ婆さんのローン審査だ。
ロボットスーツに身を包み、白衣をまとった銀行の契約医師がやってきて健康診断を行う。
医師は元の肉体は脳だけだ。
しかし、並外れてしっかりしている脳の持ち主だったため、60年ローンを組むことができたのだそうだ。
現在150歳、まだまだ第一線でバリバリ働くと豪語している。

街中にはロボットスーツに身を包んだお年寄りたちの姿をたくさん見かけるようになった。

皆元気に働いている。

 

医学の進歩で寿命が格段に延びた日本、人口減少と高齢化が一層進み、100歳を超えても働かなければならない事態に直面してしまった。

だが、脳さえ元気ならばロボットスーツを着用して若いころと同じように生活することができるのだ。

 

一昔前まで寿命と健康寿命に開きのあった時代は終わった。

老後をベッドで過ごすことも無くなりつつあるのだ。

今や人生200年時代。

それも寝たきりの生活とは無縁な200年になりつつある。

 

ヘルパーの僕は60歳、まだまだ人生の修行中。

多少腰が痛くなってきたが、会社が用意してくれるパワースーツで腰をサポートするだけで頑張っている。

 

一昔前は、定年70歳だったそうだが、70歳はいまでは若造になりつつある。

 

もう少し時代が進めば、認知症も完全に克服できるだろう。

今回、ローン審査に落ちたアツシ爺さんだって望みはある。

それに、30年ローンを組まなくても、いずれ程度の良い中古のロボットスーツも出回るはずだ。

 

僕たちは人口が5000万人を切り、しかも平均年齢が80歳を超える超高齢化社会に突入したこの日本をまだまだ国民として支えて行かなければらないのだ。

冬をデジカメのマクロモード、顕微鏡モードで撮影してみた

冬、早朝日の出前。

草木は霜で真っ白。

そんな光景をデジカメのマクロモード、顕微鏡モードで撮影してみました。

 

葉の水滴が凍っています。

そこをマクロモードで。

f:id:masaogasan:20200119175031j:plain

次は顕微鏡モードで。

f:id:masaogasan:20200119175028j:plain

顕微鏡モードはまだまだ勉強が必要ですね。

f:id:masaogasan:20200119175019j:plain

なかなか面白い写真が撮れました。

 

またまた写真の面白みが増えました。

 

撮影中、早朝散歩のおじいさんが、不思議そうな表情で私を見ていました。

私、怪しいもんではございません。

悪しからず。

「即席進化」 生物の進化、人間の進化について考える。【私、「ムー民」ですけど、何か?】

「ムー民」が「即席進化」について考える。

f:id:masaogasan:20200118133103j:plain

即席進化

雑誌「ムー」の今月号(2020年2月号)に面白い記事が掲載されていたんです。

タイトルは「即席進化」。

大西洋カリブ海の西インド諸島に生息する学名アノリスク・スクリプトス(通称アノールトカゲ)という小型種のトカゲが、たてつづけに襲った3つの巨大ハリーケーンの直後に超速進化を遂げた事実が発見された。 

雑誌「ムー」に掲載されている記事ですのでついついオカルトチックな内容を連想してしまうのですが、これは真面目な記事(失礼)で、大変興味深かったのです。

 

「超速進化」と言っても、今回は3つのハリケーンでアノールトカゲの中でもハリケーンの猛威に絶えられない個体が急速に淘汰されて、新たな(?)前足の指が大きく木にしがみつきやすい個体が生き残って生息していたそうなんです。

 

進化の過程では、新たな環境に適応できない個体が長い時間をかけて淘汰されて、適応できる個体だけが残ってゆく。

それが短期間で起こったことに注目されているのです。

 

アノールトカゲ、調べてみるとハガクレトカゲ属のトカゲで、約400種類を含む巨大な科のトカゲ。

それだけ環境に順応しやすいトカゲと言えるのでしょうね。

キューバでは、各島ごとに独自に環境に適応したアノールトカゲが生息しているそうです。

 

今回発見されたトカゲも、今後固有種として認められるかもしれない。

これってすごいことだと思うのですけど。

このトカゲ、将来さらに種族を増やし、地球上を我が物顔に動き回っているかもしれませんよ。

 

日本にもペットとして入り、沖縄や小笠原諸島ですでに帰化しているそうです。

確か「鉄腕DASH」で捕獲していたような。

これはまずいですね。

 

人間も即席進化しているのでは

ところで、とわたくし「ムー民」は考えたわけです。

人間はどうだろうか?

 

特に日本人。

f:id:masaogasan:20200118133105j:plain


 

日本人の体形は、この100年間で大きく変わってきたのではないでしょうか。

身長も伸び、手足は長くなった。

顔つきも大きく変わった。

これは、食生活が大きく変わり、生活スタイルも椅子中心となった影響ですよね。

これもある意味、環境変化に伴う「超速進化」なのでは?

 

また、スポーツ面でも。

正式な記録が残っている中でも

100m男子の世界記録は100年で1秒も短縮されています(10年以上記録は更新されていませんが)。

このような事象は進化といえるのでしょうか?

 

スポーツ面に関しては、特定の人間に限られるので進化とは言えないかな。

 

進化とは

でも、そもそも進化って?

 

進化を説明する理論として最も支持されているのは進化の総合説と呼ばれるもので、ダーウィンとウォーレスの自然選択説と、メンデルの遺伝子の理論、集団遺伝学の理論や木村資生の中立進化説を統合したものである。この総合説によれば、突然変異によって生じた遺伝子の変異はランダムでない自然選択と、確率的に起こる遺伝的浮動によって個体群中に固定し、新しい形質の出現や種分化などの進化現象を引き起こすと考えられる。

 

身体的特徴の変化やスポーツで飛びぬけた才能を持った人間が出てくるのは、遺伝子の変化ではないよね、

だから進化とは言わないということでしょうか?

 

でも、生き物は生活環境が変わると、少しずつ体を変化させ対応させてゆく。そこに遺伝子の変化が発生する。

 

アノールトカゲも人間も進化の一歩手前の状況なのかな?

 

さらに妄想は続きます。

 

人は進化するのか

人類が地球上に誕生して、文明を持つようになって生活環境も大きく変わってきたけれど、まだ遺伝子の変化は起こっていません。

 

いや、遺伝子レベルで変化が起こるには2000年前後の期間では短すぎるのでしょうか。

でも、遺伝子的変化が起こるのは一瞬のような気もするんです。

 

遺伝子レベルでの変化が起きるのにはまだまだ時間が必要なんだろうけど、変化は一瞬。

ある日突然新人類が誕生する。

そんなことが起きるんでしょうね。

 

人間の築き上げた文明は確実に、猛烈なスピードで進化している。

文明の進化は、生活環境も大きく変えて行く。

人間にとって危険な因子はどんどん排除されて言っています。

生活圏も広がり、宇宙にまで進出しようとしている。

これから短期間で衣食住を含め、人間の生活環境や生活習慣は全てが大きく変わってい区でしょう。

 

それに合わせて人間も体格などが変化して行くと考えられます。

 

でもこれは、あらかじめ持っている人の遺伝子の対応範囲内だってことなんだろうか。

そうだとしたら人間は、まだまだ変化できる。

 

どこまで変わることができるのだろう、どこまでできるのだろう。

人の遺伝子はまだすべて解明されているわけではない。とんでもない潜在能力が隠されているかもしれないよ。

 

文明の進化はここ100年劇的だから、僕たちが生きている間に、もしかしたら何らかの変化が見られるかもしれないね。

 

人の思考は進化しない?

でも、文明は進化しても、人間の思考は昔のまま。

今だに無益な争いを続けている。

武器が進化しただけで、昔から同じような理由で争いごとを続けている。

 

思考の進化って、起きないのかな。

落ちたとしたら、それはどのようなものなんだろう。

 

今の私の最大の興味がそこにあります。

ある意味、思考の進化は遺伝子に直接関係してくるのかもしれないな。

 

「ムー民」妄想ははてしなく続く。

夜が更けるにつれて、お酒の量も増えて行く。

お父さんは遠距離通勤、これは日本人の特性だと思う

遠距離通勤

f:id:masaogasan:20200118133059j:plain

お父さんは遠距離通勤

お父さんは遠距離通勤である。

朝6時に家を出て、8時過ぎに会社に到着する。

6時というと、冬の季節はまだ暗い。

 

移動距離約85キロ、時間にして2時間である。

 

遠距離通勤を始めて3年が経過した。

さすがに疲れる。

 

一つだけ恵まれている点があるとすれば、満員電車に乗る時間は10分程度だということだ。

大半は座席指定の高速バスで移動している。

 

外国人の目から見て、日本の通勤ラッシュは異様に映るらしい。

なぜあんなつらい思いをしてまで電車で通勤するのかと。

 

お父さんだってそう思う。

あの満員電車、10分もすると汗だくになってくる。

おそらく乗っている日本人全員が異様な通勤風景だと思っているのだろう。

でも、それしか通勤手段がないのである。

 

今では日本の通勤ラッシュを体験しに電車に乗る外国人も多いそうな。

不思議な時代である。


遠距離通勤は不幸なのか

お父さんの通勤時間は2時間である。

長い。

でも、首都圏に通勤するサラリーマンの半数以上は通勤時間に片道1時間以上を費やしている。

 

米世論調査会社ギャロップの調査によると、通勤時間が長い人ほど幸福度は低くなるそうだ。

 

そうすると、お父さんは最も不幸な人間になるのだろうか。

 

片道2時間ちょっと、ということは、週5日間の出勤で1日近くを通勤に費やすことになる。

1週間に1日を無駄に使っているということになるのだろうか?

 

お父さんは通勤に利用している高速バスに揺られながら考えた。

 

首都圏で、1時間満員電車に詰め込まれる通勤と、2時間でもほとんど満員電車に乗らない通勤とではどちらが良いか・・・

 

お父さんの今は、通勤中に本や新聞を読んだり、時にはパソコン作業(仕事ではありません)もできる。

少しは恵まれていると考えている。

 

距離的にはどうなのだろう。

85キロ。

車を使えば1時間とちょっとなのだ。

でも、その時間運転となるとかなりきつい。

車通勤は1週間でギブアップしてしまった。

 

ヨーロッパの通勤事情

数年前、まだ外資系企業に勤務していたころ、自家用車で成田空港までドイツ人を迎えに行ったことがある。

そしてひょんなことから通勤の話になった。

 

東関東自動車道を潮来インターに向かって運転しているときに、ドイツ人が言った。

「マサ、もっとスピードを出せ」

時速100キロで運転していたのに。

日本の高速道路の制限速度は100キロだと説明したらびっくりしていた。

 

彼はドイツでは車通勤をしている。

「自宅とドイツのオフィスは150キロ離れているが、1時間かからない」

 

さすがにアウトバーンの国である。

 

f:id:masaogasan:20200118133101j:plain

ドイツのアウトバーンでワゴン車に乗り140キロで移動していた時には、何台もの車に抜かれたことを思い出した。

出迎えてくれたドイツ人の車(ベンツのツーシーターだった)で、180キロのスピードで宿から会社に移動した。

 

しかしながら、ヨーロッパでは通勤距離が60マイル(100キロ弱)を超えるとさすがに遠距離通勤と考えるようになるらしい。

 

ヨーロッパでは、Page Group の調査ではクルマでの通勤が66%、電車などの公共交通機関を利用しての通勤が34%となっています。その一方で、エコ意識の高いヨーロッパでは、自転車での通勤の人気が高くなっているようです。

国をあげて自転車による通勤を奨励しているのオランダでは、自転車購入のための補助金が支給され、道路には自転車専用レーンが整備されています。鉄道駅に大規模な無料駐輪場が設けられるなど、通勤をサポートする制度が充実しているようです。

会社から離れた場所に住居を構える人は少ないらしい。

 

何故日本人は遠距離通勤をしてしまうのか

そもそもヨーロッパ人は狩猟民族。

日本人は農耕民族である。

 

その違いが住居に現れるのでは無いか?

 

ヨーロッパ人は、移動を得意とする狩猟民族の血が流れているから住居に縛られるようなことはしない。

生活するのに便利な場所を求めて移動する。

 

一方の農耕民族の血が流れる日本人は、自分の土地を中心に活動する。

住居を簡単に変えることを望まない。

だから遠距離通勤や単身赴任が発生するのだとお父さんは思っている。

 

それにしてもこの遠距離通勤、いつまで続けようか。

お父さんはひそかに悩んでいる。

「小寒」から「大寒」へ。 富士山も麓まで雪化粧。

f:id:masaogasan:20200119174053j:plain


二十四節季では「小寒」から「大寒」へ。

一年で最も寒い季節となりました。

 

でも、生物界ではそろそろ春の準備が始まります。

 

気候を表す「三寒四温」という言葉が。

そろそろ気候が寒い日が三日続いたら暖かい日が四日続く。

寒暖を繰り返しながら春に向かって近づいて行きます。

 

そういえば、日の入りも心なしか遅くなってきたような。

 

一年で、昼間が一番短い日を「冬至」(2019年は12月22日)と言いますが、実際は関東地区で最も日の出が遅いのは1月10日近辺。日の入りが最も早い日は12月初旬となります。ですので、日の入り時刻はすでに30分近く遅くなっているのです。

 

会社からの帰り道、空が日々明るくなってくるのはうれしいものです。

 

さて、大寒ですが、今年の冬は暖かいですよね。

車もスタッドレスタイヤに履き替えているのですが、まだその威力を発揮することはありません。

朝6時に家を出るのですが、車の外気温計も昨年ほど低い気温を表示することがないような・・・

 

地球温暖化を身をもって体験しているわけですね。

f:id:masaogasan:20200119174041j:plain

土曜日、南岸低気圧が太平洋側を進み、久しぶりに雪が降りました。

富士山も麓まで雪化粧。

箱根側も白くなりました。

f:id:masaogasan:20200119174017j:plain

でも、やはり雪は積もらないほうが楽で良いのですが。

人間はわがまま生き物ですね(笑)。

f:id:masaogasan:20200119174029j:plain