ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

森沢明夫さんの小説「エミリの小さな包丁」は、日本の神様を分かりやすく教えてくれている

森沢明夫さんの小説

「エミリの小さな包丁」

の最後の部分、田舎の漁師町にひとり住むおじいちゃんと、転がり込んできた孫娘エミリの会話です。

この会話、日本の神社に祀られている神様を、大変にわかりやすく説明していて、しかも感動的な会話でした。

「ねお、じいちゃんに初めてこの神社に一緒に来た時に、わたし『神様っていると思う?』って訊いたじゃん?」

「ああ・・・・・」

「そしたら、おじいちゃん、神様は自分自身のことだって言ったよね」

「言ったかもな」

おじいちゃんは、どこかとぼけたような顔をしていた。

「かもなっ、て」わたしは笑った。「ねあ、れってどういう意味だったの?」

ぺたぺた。ぺたぺた。

ふたつの安っぽいサンダルの音が、静かな境内に響き渡る。

ひんやりとした風が、わたしの頬を撫でていく。

凛。

また、空耳か。

あるいは、胸の中で鳴っているのかーー。

「神社の拝殿の中には、鏡が置かれているんだ」

 ようやく、おじいちゃんの答えてくれる気になったようだ。

「 あ、うん、知ってる」

「じゃあ、エミリが参拝しているとき、その鏡に映っているのは誰だ?」

「あっ」とわたしは声をあげていた。「自分だ」

「そういうことだ」

「なるほど」

「神様っていうのは、万能の存在だろう」

「うん」

境内を出て、青空の下を歩きながら、おじいちゃんは続けた。

「エミリを思いのままに動かせる万能な存在は、唯一、エミリ自身。エミリの人生を自由自在に創造していけるのも、エミリ本人しかいない」

「うん、そうだね」

 わたしは小さく二度、頷いた。

 わたしの生き方や存在価値を決めるのは、わたし。だから、おじいちゃんはいつだって、わたしに余計なことを言わなかったのかもしれない。ヒントになるような言葉はくれても、方向性を決める決断は、いつもわたし自身にさせていたような気がする。

「わたしは、わたし自身の人生を作る神様・・・・・」

 今度はおじいちゃんが黙って頷いた

 

 

日本には、古来から三種の神器があり、日本の歴代天皇により継承されています。

三種の神器とは、鏡、神剣、勾玉

f:id:masaogasan:20190829160307j:plain


 

三種の神器を見ることが出来る人は存在しません。

天皇でも見ることはできないそうです。

f:id:masaogasan:20190829160309j:plain


 鏡の本物は伊勢神宮、レプリカは皇居

神剣の本物は熱田神宮、レプリカは皇居

勾玉は宮中の天皇の寝室の横にある「剣璽(けんじ)の間」

にあるそうです。

 

神社にある鏡は、伊勢神宮にある鏡を御神体としています。

 

鏡、「かがみ」から我「が」を抜くと神になる。

鏡に映る自分の姿こそが神であるという考え方があるそうです。

 

神社にお参りするときは、鏡のように曇りのない誠実な心でお参りすることが大切。

 

「神様は自分?なーんだ、神頼みって結局はないの?」

 

いやいや、何事も自分で決め、判断し、行動する人の背中を神様は押してくれるのです。

自分で決めたことは、成功しても失敗しても最終的には全て正しいのです。

自分の決断が大事。

その姿を神様は常に見守ってくれています。

まるでエミリのおじいちゃんのようにね。

【なりたい自分になる 】 楽しく生きるためのコツは ネガティブな言葉を口にしないこと

f:id:masaogasan:20190825134822j:plain

言葉は生きている

言霊

昔から、世界中で言葉には魂が宿るといわれています。

本当なのでしょうか?

 

声に出した言葉が、現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると良いことが起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされた。

そのため、祝詞を奏上する時には絶対に誤読がないように注意された。

今日にも残る結婚式などでの忌み言葉も言霊の思想に基づくものである。

自分の意志をはっきりと声に出して言うことを「言挙げ」と言い、それが自分の慢心によるものであった場合には悪い結果がもたらされると信じられた。

 

 

人間の脳は本来ネガティブ思考?

人間はその進化の過程で、ネガティブな感情をより長く覚えていくように脳が変化していきました。

恐怖や怒りを抱くような状況は、命に関わることが起こる割合が多いということを意味しているといいます。

つまり、基本的にネガティブな感情のほうが重要だと脳は判断しているとのこと。

逆にポジティブな感情は、すぐに忘れてしまうといいます。

長く覚えていると生存に必要なものを追い求めなくなるため、不利になってしまうというわけ。

ネガティブなことはずっと覚えているのに、ポジティブなことは全然残らないのは、人間が生き残るために獲得した、拭いがたい脳の性質だと言うのです。

 ですが、脳科学的に、ネガティブな言葉で会話をしていると、人間の能力を低下させてしまう事も分かっているそうなのです。

 

反対に、ポジティブな言葉での会話を意識していると、人間の潜在能力が、より強く引き出されるらしいのです。

 

本来ネガティブ思考な脳を、ポジティブ思考に変えることは出来るのでしょうか

 

脳の「プログラミング効果」

脳には、『プライミング効果』というのがあるそうです。

 

いつも『疲れた・疲れた・疲れた』と言い続けている人が、『これ出来る?』と聞かれたら・・・!?

もう、脳はプライミング効果で、本当に出来るか、出来ないかには関係なく、『出来ない』と答えてしまうそうなのです。

www.enjoylife-masa.com

 

しかしながら、あらゆる事をポジティブな言葉で受け入れると、逆に脳は自分は出来ると判断するのです。

 

絶えずポジティブな言葉を出し続けることで、ポジティブな脳に変えることが出来るのです。

口癖にしたい言葉

◇ ○○になりたい

願望達成のために行動するようになり、目標を達成する可能性を高めます

◇ おもしろそう

脳の理解力や思考力、記憶力が高められます

◇ なるほど

素直に感動することやおもしろがることでモチベーションアップにつながります

まだまだこれから

もう少しで目標達成出来そうなときに、自己報酬神経群を働かせてを持続させます

◇ そうだね

コミュニケーションをたかめ、チームのパフォーマンスを高めます

◇ 運がいいぞ

多くの感覚器官の働きを高め、記憶に残りやすくすることで、知識や経験値を高めます。そのことにより、新たな問題に直面してもポジティブに立ち向かい、解決する能力が身に付きます。

 

なりたい自分やポジティブな感想をあえて口に出すことは、脳の高いパフォーマンスのを引き出し、現実する可能性を高くするのです。

 

最強のアウトプット勉強法 (洋泉社MOOK)

最強のアウトプット勉強法 (洋泉社MOOK)

 

 

まとめ

私たちは、生きて行くうえで様々な悩みや問題に直面します。

先にも書きましたが、脳は本来ネガティブ思考。

そのことに注意することが重要です。

ネガティブな言葉を発することなく、物事を前向きにとらえて、ポジティブな言葉に変換し、その言葉を口に出して立ち向かいましょう。

脳も、トレーニングによってポジティブ思考に変わることは可能です。

 

「思う 言う 成る」

 

さあ、なりたい自分になるのです。

外壁に植物が。この景観ってどう感じますか?

外壁にツタの生えた家って、なぜか風貌があって重々しく感じませんか?

それが都会の真ん中にあるとなおさらって思いますよね。

田舎で見たら、なんとなく寂れて古臭く感じるこの家のたたずまいも、場所が代官山となるとオシャレになってしまうから不思議です。

外国人も喜んで写メに収めていました。

 

渋谷、目黒川沿いにあるビルの外壁

ただただすごい。

昔から見慣れているビルなんですが、やっぱりすごい。

無くならないでほしいものです。

 

渋谷ストリーム

ツタとは違いますが、外壁に植物を植えています。

このビルの場合、目的って何なのでしょう

光熱費を抑えるため?

配管や配線をカモフラージュ?

でも、北側の壁面じゃないのかな。

今後も観察が実用なビルですよね。

【むち打ち症経過報告】むち打ち症の治療を、自己判断で止めてはいけません

f:id:masaogasan:20190829143600j:plain

むち打ち症になって3ヶ月、現在の状態

通勤時に交通事故に遭遇し、むち打ち症となり3ヶ月が経過しました。

 

医師の診察によると(レントゲンとMRI)、

  • 頸椎捻挫
  • 神経の圧迫による両腕の痺れ

当初は、動けないほどの痛みがありましたが、リハビリに通い、頸椎や背中の痛みは現在はかなり楽な状況となってきましたが、両腕は依然としてしびれた状態が続いています。

 

また、日によって、天候によって状態が変わります。

特に、天候の変わり目では症状が重くなります。

 

むち打ち症が治ったと判断するのは難しい

むち打ち症の治療としては、根気よくリハビリに通い、薬も飲み続ける必要があります。

治療期間も長いため、完治しないまま治療を自己判断で止めてしまう人も多いと聞きます。

理由としては

◇会社に迷惑をかけるという罪悪感

週に3~4日ペースでリハビリに通うため、仕事にも影響が出ます。

そのため、通う頻度が次第に少なくなり症状があまり気にならなくなると止めてしまう。

◇治療期間が長いため、完治したかどうかよくわからなくなる

肩こりは誰でも経験します。

むち打ち症も症状が軽くなってくると、肩こり程度となり大丈夫と感じてしまう人が多くいます。

そこで、自己判断で治療を止めてしまう人も。

◇被害者側損害保険会社からの示談要求

事故後3ヶ月が経過すると、加害者側損害保険会社からの示談交渉が頻繁に入るようになります。

そのストレスから示談書に印を押してしまう人も。

 

リハビリで聞いた話

交通事故のリハビリで病院に通っている人は数多くいます。

私は現在、週に1回の針治療と、数回の理学療法(遠赤外線治療と低周波治療)を受けています。

その際に職員や針の鍼灸師の先生に聞いたのですが、一旦示談が成立した後に、再び症状が悪化し自費で通ってらっしゃる方が数多くいるそうです。

 

理由としては、やはり自己判断でリハビリを止めてしまった方や、保険会社の示談により治療を止めてしまった方だそうです。

 

治ったと思っても、季節が冬に向かって寒くなったり、天候の悪化が引き金となり、症状がぶり返すことも多いのだそうです。

ですので、医師の先生の判断に従うことが大切だということです。

f:id:masaogasan:20190829143557j:plain

まとめ

むち打ち症の場合、

◇医師の指示に従う事が大切です

自己判断や保険会社の圧力で治療を注ししてはいけません。

◇医師が完治、もしくは症状固定といっても自分が納得しなければ通い続ける

少しでも体調に異常があれば、たとえ医師が完治といっても通い続けましょう。医師もNOとは言いません。

◇交渉事は弁護士に依頼する

加害者側の保険会社は、極力出費を抑えようとすします。

交渉にストレスを感じるため、自らも弁護士に交渉を依頼すべきです。

そのほうが、示談金面でも有利に働きます。

現在の交通事故示談交渉の弁護士会社

一時、過払い金での弁護士相談の広告を頻繁に見た時期がありましたよね。

現在は、そちらのほうもひと段落氏、弁護士事務所は交通事故の示談交渉に力を入れるようになってきました。もちろん、被害者側が不利になる交渉は、評判としてもかんばしくありませんので、積極的に力になってくれます。

利用しない手は無いと考えます。

 

しかしながら、長期にわたる休業は仕事面で不安ですよね。

でも、体が第一と考え、しっかり治すことに専念しましょう。 

秋がそこまで

f:id:masaogasan:20190901123240j:plain


9月に入りました。

朝夕に吹く風はだいぶ涼しく感じるようになりました。

 

ススキの穂もではじめた。

 

そして、日もだいぶ短くなってきましたね。

 

私は遠距離通勤をしているために、朝5時には起きるのですが、そろそろその時間帯には照明が必要になってきそうです。

 

空もだいぶ高く感じるように。

 

f:id:masaogasan:20190901123311j:plain

散歩に出てみると、田んぼの稲の色は緑から黄金色に。

 

f:id:masaogasan:20190901123223j:plain
f:id:masaogasan:20190901123419j:plain

そして、稲穂が揺れる田んぼの上を無数のアキアカネが乱舞しています。

稲刈りのシーズンももう間近ですね。

 

本格的な食欲の秋到来も近い。

栗の実もイガから顔をのぞかせていました。

 

f:id:masaogasan:20190901123300j:plain

でも・・・

今年は秋の味覚のサンマが不漁なのだとか。

水害もひどかったし・・・

 

寂しい秋にならなければよいのですが。