ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

雑誌「ムー」が呼んでいる 「ムー民」になろう ??

皆さんは

「ムー」

という雑誌を知っていますか?

f:id:masaogasan:20190929100646j:plain


1979年に学習研究社より創刊された雑誌で、40年の歴史を持っています。

 

キャッチコピーは「世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリーマガジン」。

 

主な内容はUFOや異星人、超能力、UMA、怪奇現象、超古代文明やオーパーツ、超科学、陰謀論などのオカルト全般。

全般的にオカルトに肯定的な記述がされています。

 

私も、昔から雑誌の存在は知っていましたが、個人的印象としては

 

「いかがわしい内容が沢山詰まった雑誌」

「有るはずのないことを、真実のように書いてある雑誌」

 

といった印象で、手に取ることはありませんでした。

そして、私の人生にはずっと無縁であろうと確信していた雑誌でした。

 

しかし、しかしなんです・・・

 

先日、通勤途中に立ち寄る池尻大橋の書店でこの雑誌を見かけたのです。

書店だからあっても全然おかしくはないですよね。

 

でも、10月号が置かれてから、なぜかこの雑誌が私を呼んでいるのです。

表紙の「遮光器土偶」が気になってしょうがない。

(おっ、なんだかオカルトチックな話になってきた)

 

私にとって縄文時代は興味ある時代。

昨年も上野の「東京国立博物館」の縄文展に、遮光器土偶に会いに行った来ました。

 

そんな遮光器土偶を表紙に使って・・・

複雑な心境でした。

 

最初は無視をしていたんです。 

でも気になる、なぜか気になる(さすが「ムー」だ)。

 

そして先日、立ち読みしてしまった。

生まれて初めて「ムー」を読んでしまった。

 

最初に、今話題の映画「天気の子」と「ムー」の関係の記事がありました。

 

映画の中にも「ムー」が登場しています。

新海誠監督も「ムー」の愛読者なんだとか。

 

「へー、ちっともオカルトチックじゃないな」

その後はパラパラとページをめくりおしまい。

 

そしたらですね、無性に「ムー」を購入したくなってしまったのです。

(暗示にかかったのか、それとも目に見えない何かの力が・・・)

 

そして、先日ついに購入してしまいました。

(うわっ、ついに取りつかれた)

 

私も「ムー民」になってしまうのでしょうか。

 

『ムー』 編集部では、同誌の愛読者や投稿者を 「ムー民(むーみん)」 と呼んでいる。

芸能人や著名人(福山雅治、木村拓哉、釈由美子、デンジャラス、ラッシャー板前、OTAKU佐藤、小向美奈子、中沢健、鳩山由紀夫、上島竜兵等)の愛読者も多く、また鳩山の妻である鳩山幸が2008年に9ヶ月ほどインタビューという形で記事を掲載していたこともある。

 そして帰りの高速バスの中で読んでみた。

 

おもしろい。

 

面白いと言ってもこの雑誌の内容を100%信じているわけではありません。

特に心霊写真なんか笑ってしまう。

 

でもそれらの記事を真剣に書いているライターがいるということに、驚きを覚えなおかつ感動したのです。

ライターの情報収集能力や、真面目に書いてある記事。

少し離れた視点で読んでいる自分がいるのですが、とにかくおもしろい。

というか、ある意味勉強になるかも。

 

でも、「ムー」らしくない(個人の意見です)記事もあるんですよね。

不思議な雑誌です。

 

定期購読者になってしまうのかな。

「あんこ」の魔力 

f:id:masaogasan:20190929105216j:plain

 あんこが好きなんです

あんこは子供のころからずっと継続して大好きです。

 

アイスクリーム、カキ氷は小豆が入っていなきゃ。

おはぎも大好き(季節によって「おはぎ」と「ぼたもち」使い分けるのですよ)

大福、きんつば、もなか・・・

 

あぁ、食べたくなってきた。

 

あんこの種類

よく、「つぶあんVSこしあん」

などと騒がれますが、私は・・・

 

つぶあんにはつぶあんの、こしあんにはこしあんの美味しさがあると最近思うようになってきました。

 

人間、出来てきたのかな(笑)

 

基本的にはつぶあんが好きなのですが、草餅や団子、水ようかんはこしあんが好きなのです。

 

ウィキペディアによると、製法で4種類のあんこに分けられると出ていました。

 

製造法による分類

つぶあん(粒餡) - 小豆をなるべく皮を破らないよう裏ごし等をせず豆の形を残した餡。柔らかく煮上げて渋を切り、その生餡に甘味を加えて練り上げる。

 

つぶしあん(つぶし餡) - 小豆を潰すものの豆の種皮は取り除かないもの。

 

こしあん(漉し餡) - 小豆を潰し布等で裏ごしして豆の種皮を取り除いたもの。

 

小倉あん - つぶし餡やこし餡に蜜で煮て漬けた大納言を加えて加工したもの。

 

 

私は平日、出勤途中のコンビニで必ず「大福」か「きんつば」を買い求め、仕事前に糖分補給をするのです。

 

えっ、太るぞって?

 

あんこは栄養豊富で洋菓子よりも低カロリー

そこで調べてみると、あんこの意外な事実が。

 

◇食物繊維が豊富

あんこは原料が小豆。

ですから食物繊維を豊富に含んでいるのです。

100g中なんと17.8gも含まれているのですが、食物繊維の多い食べ物は、胃に入ると水分を

取り込んで膨張しますので、満腹感を早くもたらし、腹持ちも良いのです。

ですので、食べ過ぎをしにくくしてくれるんですね。

 

だから、昼間で空腹を気にせず仕事に集中できるのです(私が本当に仕事に集中しているかは別問題として)。

 

◇洋菓子よりも低カロリー

洋菓子はバターやクリームを使うため、脂肪が多くなります。

この脂肪には糖分の代謝を遅らせてしまう作用があります。

糖分と油脂の組み合わせで、太りやすくなるのです。

 

そこへ行くと和菓子は脂肪が少ないのでそのような作用がありません。

 

◇他にも嬉しい栄養素がいっぱい

この小豆には多くの栄養素が詰まっています。

  • たんぱく質
  • ポリフェノール
  • サポニン
  • イソフラボン
  • 亜鉛
  • ビタミンB1やB2

見逃せない栄養素を多く含む小豆

これだけ多くの栄養素やアンチエイジング効果がある食材はそう多くありません。

しかもスイーツとして食べることができるあんこであれば、より効率よく毎日取り入れることができそうです。

 

まとめ

意外と低カロリーで栄養豊富なあずき。

 

調べてみることで、安心してあんこを食べられるようになりますよね・・・・

 

重要なことは、効果的に食べる事。

安心して多量摂取はいけません。

 

ほとんどの記事に、「ほどほどに」と書かれておりました。

 

何事も「ほどほどに」、ね。



「昆活しようぜ」いや「釣り活しようぜ」

f:id:masaogasan:20190929113541j:plain



先日の、大阪日帰り出張。

往復9時間近く。

現地1時間少し。

 

あぁ、疲れた。

むちうち症リハビリ中の首はパキパキに凝ったし、腰は痛くなるし・・・

 

泣き言は置いておいて・・・

 

大阪の地下鉄で広告を見ました。

 

「昆活しようぜ」大阪にやってくる

 

昨年東京で開催されていましたが、見に行く機会を逸してしまいました。

 

俳優香川照之さん、カマキリ先生大好きです。

 

彼は凄いですよね、その昆虫愛が。

 

私も何かに、香川さんみたいな愛情で打ち込んでみたいのです。

 

私ならば、何活になるのかな

 

生き物は全般的に大好きです。

 

動物、昆虫、魚から微生物まで。

 

でも、これから活動したいのは

 

「釣り活」かな。

 

魚が大好きなんです。

 

魚の分野には「さかなくん」という素晴らしい方がいますよね。

 

彼も大好きです。

 

魚、特に私は淡水魚が好きなんです。

 

魚が好きで、50歳からダイビングを始めました。

ダイビングは海、素敵です。

海の魚も大好きです。

川に潜るツアーもあったようですが、未体験です。

 

ある時、ダイバー仲間の飲み会で、淡水魚が好きだと言ったら、

「じみー!」

と言われ、お酒が入っていたこともあり大激論(楽しくですよ)したことがありました。

その時は、「じみー」といった女性ダイバーが、大学時代の卒論が「オオサンショウウオ」で、今でも大好きということで落着しました。

 

淡水魚の魅力は、なんといってもその美しさ。

海水魚よりは色彩的に地味かもしれませんが、形と言い色と言い、美しい。

イワナにはイワナの、マスにはマスの、ナマズにはナマズの美しさが。

 

そんな私の「釣り活」の夢は・・・

 

釣り竿で、100種類の魚に会ってみたい。

それも、今までの釣果をリセットして60歳からリスタート。

 

夢で終わらないように、

 

「釣り活」しようぜ!

10月1日、日の出 日の入りの風景

10月に入り、私の住む御殿場市では日の出の時刻の朝6時台となってきました。
 
箱根、金時山の方から太陽が昇るので、他の地域よりは日の出の時刻よりも30分以上は遅いかと思います。
 
ですので出勤時(6時)、家を出る時にはまだ日は昇っていません。
 
しかし、富士山の山頂を望むとすでに赤く朝焼けが始まっています。

 

そして、いつも利用しているバス停に着く頃に太陽が上がってきます。

今日の日の出、 雲もめっきり秋らしくなってきました。

こちらは富士山です。

 

そして夕方の風景。

 
大気が霞んで富士山はよく見えませんね。

 

稲刈りの終わったたんぼの脇では彼岸花が咲いています。

これからますます日が短くなっていきます。
 
そろそろ通勤時には、長袖のブレザーが必要になってくるでしょう。
 
スマホでの撮影でした。
 
 
 

ポテトサラダ大好き。ポテトサラダをメインにご飯食べることができますか?

皆さんは、ポテトサラダをおかずにご飯を食べることが出来ますか?

 

今から40年前、大学の学食メニューで未だに忘れることが出来ないものがあります。

大盛りライスに味噌汁、漬物、メインは千切りキャベツの付け合わせと大量のポテトサラダ。

千切りキャベツとポテトサラダにソースをたっぷりかけて食べる。

私の大好きな定食でした。

 

その時の影響か、現在の好物の一つが、千切りキャベツにマヨネーズとソースをかけて食べるのです。これはこれで美味いんです。

 

でも、このポテトサラダ定食、仲間内には不評でした。

 

「こんな野菜だけで飯が食えるか、肉も魚も無いじゃないか」

 

食い気盛りの20歳、やはりタンパク質、肉、肉、肉の時代ですよね。

仲間の中で、ポテトサラダ定食を喜んで食べる私は変わった眼で見られたものです。

f:id:masaogasan:20190929095142j:plain

でも、昔からポテトサラダが好き、大好きなのです。

誰が何と言おうと、ポテトサラダが好きなんです!

 

もしかしたら、子供のころに味覚にすり込まれた、おふくろの味なのかもしれません。

 

じゃがいものホクホク感がめいっぱい口の中に広がるような、何と言ったらいいのか、「粉ふきいも」に近い感覚のポテトサラダが大好きなのです。

 

惣菜で売っている、マヨネーズ感たっぷりでジャガイモの少ないポテトサラダはあまり好きではないのです。

 

そんなポテトサラダを作ってくれたのはうちの母親。

そして今の家内のポテトサラダも偶然なのか、同じ感じです。

 

晩御飯のおかずにポテトサラダが出てくると、内心とても嬉しい。

 

最近は、コンビニでもパックに入ったポテトサラダが何種類か売られています。

でも、どれもポテトのほくほく感が足りない。

美味しいのですが、私にとってはいまいちなのです。

 

週末、たまに(?)ビデオを見ながら昼飲みをするとき、コンビニに出かけつまみを調達するのですが、ポテトサラダは外すことが出来ません。

 

そんなコンビニのポテトサラダを美味しく食べるには・・・

ブラックペッパーをふりかけ、味にピリッとアクセント。

たちまちナイスな酒のつまみに。

(プロセスもブラックペッパーとの相性抜群だと思っています)

 

今でもポテトサラダだけで飯が食えます。

というよりはほくほくポテトの入ったポテトサラダをつまみに飲む酒は最高なのです。

 

様々な野菜や果物が入ったポテトサラダも数多く見かけますが、ポテトサラダはシンプルなものが良いですよね。

ジャガイモメインに、ニンジン、キュウリ。

余分な具材はいりません。

それだけで素晴らしくおいしい食べ物なのです。

 

あぁ、ポテトサラダが食べたくなってきました。

 

さて、今日も釣りのビデオ見ながらポテトサラダで昼飲みしようかな。

(昼飲みは、あくまでもポテトサラダを美味しく食べるためにお酒を飲むのです。

あしからず・・・酒飲みの自己弁護)