創作の森に迷い込んだカエルの話

写真家、小説家などの創作活動にあこがれるカエルが、ふとしたきっかけで富士山の麓にある創作の森に迷い込んでしまったお話

ショートショート「この指とまれ」

f:id:masaogasan:20210421153838j:plain

「この指とまれ」

 

 暗闇の中、僕は覚醒した。

 

 ここはどこなのだ、僕は何をしているのだろう。

 時間の経過と共に徐々に体の機能が復活して行く。それに伴い思考回路の混乱は大きくなっていった。

 どうしたんだ、何が起こったのだ、情報が全く入手できない。

 落ち着け、落ち着くんだ、冷静に状況を分析しよう。

 

 僕は人間の子供たちを見守り、安全を確保するために作られたロボットなのだ。

 この日僕は、担当している7人の子供たちを公園に連れてきて遊んでいたんだっけ。

 皆がかくれんぼをして遊びたいというから、じゃんけんをして鬼を決めて・・・

 そうだ、ケンちゃんが鬼になって僕たちは隠れたのだ。

 もちろん、子供達には公園から出てはいけないよと注意して。

 しかし大丈夫、僕の体には子供たちの動きや状況はすべて把握できるシステムを装備しているのだから、見ていなくとも行動は手に取るように把握できる。そして周りの状況も。

 異常や少しでも危険が予測される状況が見つかれば、周囲の安全管理システムと連動して子供たちを守ることができるのだ。

 ゆっくりと記憶をたどる。そして僕は公園の小山のトンネルに身を潜めた。子供たちを監視しながら。

 ケンちゃんが3人の子供たちを見つけたことまでは記憶にある。そして彼らが僕の隠れている場所に近づいてきたその時だ、突然すべての情報が遮断された。

 大きな振動が僕の体を襲い、記憶が途切れ僕の制御システムはストップした。

 

 いったいどうしたというのだ、すでにシステムは全て復活し体のどの部分にも異常も見つからないというのに情報が入手できない。僕のシステムと外部ネットワークが繋がらない。僕の子供たちの情報も全く入手できないのだ。

 子供たちはどうしたのだろうか、安全なのだろうか。

 急いで彼らの安全を確認しなければ。

 

 体は正常なのだが、何かに強く押し付けられている。隠れていた公園の山が崩れたのか。

 大丈夫だ、全てのエネルギーを両腕に集中させ、体に覆いかぶさるものを取り除くのだ。

 予想以上に外に出るまでに取り除かねばならない障害物は多かった。様々な瓦礫の下に体が埋まっていたのだ。おかげで外に出るのに多くの時間を費やしてしまった。

 

 ようやく外に出ると、視界に入ったのは今までに見たこともない世界だった。

 ロボットの僕でもしばらくの間、立ちすくんでしまった。

 空は不気味なオレンジ色、乾燥した風が砂埃を巻き上げ吹き抜ける。

 倒壊し、風化し砂に埋もれている建築物。

 人はおろか生物の姿は何も視界に入ってこない。

 

 この風景は何なのだ、一体何が起こったのだ。

 僕自身の思考回路では理解不能な光景なのだ。

 とにかく早急に現在の状況を分析しなければ。そしていち早く子供たちを見つけ出し、安全を確保しなければならない。

 しかし、外部ネットワークを利用して情報を収集することは不可能であることはわかっている。

 使命を果たすにはかなり不利な状況だ。子供たちを見守るために作られた僕の、ロボット単体としての情報収集能力には限りがあるのだ。"

 だからと言って行動を起こさないわけにはいかない。一体の力で最大限能力を発揮して子供たちを見つけなければ。

 

 360度見回し、周囲の倒壊している建物から推測して、信じられないことだがこの場所は僕が子供たちと遊んでいた公園に間違いはなかった。

 さらに驚くことに、大気中の組成は生物が住めるような状況ではないことがわかった。

 放射能の値が異常に高い。それに地表に降り注ぐ紫外線量も。

 致命的なことに、この世界からは水も失われてしまったようだ。

 子供を見守るための能力しかない僕にはここまでしかわからなかったが、それでも状況を判断するには充分だった。

 ロボットの僕でも解る。この状況下では、今の地球上に生命体が存在することは不可能だ。

 

 地球規模の核戦争でも起こったのだろうか。

 そうだとしたら、僕には事前にその情報をキャッチし、子供たちを安全な場所に誘導することができたはずだ。

 記憶が途切れる前には、そのような情報は全く入ってきていなかった。

 よほど巧妙に計画されなければ、このような自体にはなるはずがない。

 しかも、なぜ人間は自らを滅ぼすようなことをしなければならないのだ。

 僕には理解することができなかった。

 

 それでも僕は子供たちを探し続けた。

 どのくらいの時間、子供たちを探すために地上を動き回ったのだろう。

 見えるものはオレンジ色の空と風化した地表の風景だけで、ほかには何も見つけることはできなかった。動いているものは、砂塵以外に全くない。いや、おそらくこの地球上で動いているものは僕一体のみ。

 

 立ち尽くし周囲を見回す僕の思考回路に、突然今までに感じたことのない変化が起こった。

 無性に子供たちに会いたくなったのだ。

 彼らを守るという使命だけではない、彼らの笑顔を見たいという僕個人の欲求だ。

 何なのだ、この変化は。

 自分自身で自分の思考回路をうまく制御することができない状況だ。

 これが人間でいう感情というものなのだろうか。

 いたたまれないこの感情。

 お願いだ、子供たちに合わせてくれ、もう一度彼らと遊びたいんだ。

 彼らの成長して行く姿を見ていたいんだ。

 突然僕の体が小刻みに振動し、膝から崩れ落ちた。

 

 このような世界は受け入れられない。

 子供たちの姿が見えない、笑い声が聞こえないこの世界。

 僕一体だけが動き回っているこの世界。

 

 そうだ。

 突然僕は人差し指をオレンジ色に不気味に輝く空に突き上げ、できる限り大声を出して叫んだ。

 

 かくれんぼするものこの指とまれ!

 

 そして僕の体は動くことを止めた。

 ビュービューと風が吹き、体は砂にまみれて行く。

 それでも同じ体制で待ち続けるのだ。子供たちが笑いながらこの人差し指に飛びついてくるまで。

 時間だけが過ぎ去る。

 僕の指にとまる子供は誰も来ない。

140字小説「本」

140字小説

f:id:masaogasan:20210421153856j:plain

Twitterに、140字小説コンテスト「月々の星々」があり、毎月定められた文字を使って小説を書きます。5月のお題が「本」でした。そこに投稿した作品です。

 

「小説家がいなくなった」

 新しい本が出版されなくなった未来。

140字小説また落選、類似作品が過去にあるって?

まただ。

最終手段コンピュータ使おう。

文字を140組み合わせて意味不明分削除、過去の類似作品と比較し新しい作品抽出。

作業開始!

結果は該当作品無し?

もう可能な限りの作品が作られたってこと?

 

*小説って、文字の組み合わせだよね。AIが進化したら、小説も作れるようになるのではないかな?などと考えて書いてみました。

 

 

「タイムスリップ」

子供の頃にタイムスリップしたよ。

本当だよ、物置整理していたら昔読んだ本沢山見つけた。

一冊手にし開いたんだ。

黄ばんだページ、古本の匂い。

読み始めたら、あの頃の感覚が頭一杯によみがえってさ。

夢中に読み返したよ。

結局本は整理できなかった。

何故って、僕の大切なタイムマシンだから。

 

*先日、高校時代夢中になって読んだ本が屋根裏部屋から出てきた。

変色して、古本独特の匂いがした。

そして読み返してみたら・・・

 

 

「読書」

お前、本当に本が好きだな。

そんな沢山読んでみな覚えているの?

覚えてないんだ、じゃ読書無駄じゃん。

えっ、俺のこれまでの人生全部覚えているかって?

無理、覚えていたら頭重くなって動けなくなるわ。

同じだって?

無駄と思える行為が大切って難しいこと言うね。

まっ、楽しければ良いもんな。

 

*読書 好きですが、読んだ本全て覚えているかというと、忘れています。

なぜ読書を?

高校時代、北杜夫が大好きで、彼の本を何度も読み返していました。

そして、彼が生きた時代を自分が生きた時代のように感じられるように。

今も続くこの感覚。

 

 

「本の虫」

彼は本の虫。

毎日一心不乱に文学書を読みあさる。

そんな本好きを生かして、ネット上で書評を書いて収入を得ている。

評判は上々だ。

羨ましい、僕だって・・・

しまった、うっかりして彼に見つかった。

「あっ、紙虫(シミ)だ」

彼はそう叫ぶと僕をつぶした。

僕だって彼と同じ本の虫なのに・・・

 

*長い間しまってあった黄ばんだ古い本のページをめくっていると、たまに小さな虫を発見することがありました(最近はなくなった)。

本の虫、紙虫(シミ)です。

本の虫には別な意味もありますよね。

そこで書いてみました。

 

 

「夢見る少女」

夢見る少女、小説みたいな恋がしたい。

遂に彼ができて私も恋物語の主人公。

でも、私は彼に振り回され傷つき恋を捨てた。

私は一人で強く生きる。

時は流れ、私は社内で頼られるバリキャラOL。

帰り道、書店で手にした本。

失恋し成長して行く女性の物語。

私も小説みたいな恋の主人公だったんだ。

 

*小説みたいな恋をしたい。

少女の夢、でも、小説の恋には何万通りものパターンがあるよね。

少女の願いを神様が聞き取って叶えてくれたとしても、漠然とした夢ならとんでもない物語の結末になっちゃうかもよ。

ショートショート「せんべいの法則」

f:id:masaogasan:20210421153838j:plain


「せんべいの法則」

 

 ある日、帰宅時の電車の中でその感情は突然俺の脳細胞の中に湧き上がってきた。

「せんべいが食べたい」

 少し焦げた香ばしい香り、バリっとした歯ごたえ。口の中でかみ砕くと、バリバリボリボリと心地よい破壊音が脳細胞に直接響いてくる。そして、香ばしい醤油味は口の中いっぱいに広がり、時間の経過とともに甘みが加わってくる。

 そして飲み込む。その後、口の中と鼻の奥に醤油の香りが残り続け、呼吸と同時にせんべいを食べた余韻に浸ることができるのだ。

 今俺は頭の中で、せんべいを食べるという行為がこれほどまでに明確にイメージできる程になってしまった。

 

 とにかくせんべいを食べたくて仕方がないのである。

 電車の中で、吊革につかまって本やスマホを眺めているようなゆとりはないほどに、頭の中を完全にせんべいが支配していた。

 これから家に着くまでの間、せんべいを購入するチャンスは一度しかない。乗換駅の構内に小さなコンビニエンスストアがあったはずだ。そこにせんべいはあるはずだ。

 しかし、帰宅ラッシュの電車の中でせんべいを食べるわけにはいかない。バリバリボリボリというせんべいをかみ砕く音は、周りの乗客の顰蹙を買うことは目に見えて明らかだ。

 家に着くまでの辛抱だ。

 

 人は脳細胞が一つのことに集中していても、無意識にルーティンの行動を続けることができる。

 ふと気が付くと、電車をすでに乗り換えて座席に座っている自分がいた。

 なんということだ、せんべいのことをあまりにも集中して考えていたために周りが見えず、今日せんべいを購入することができるラストチャンスを自らつぶしてしまったのだ。

 今晩は自宅にせんべいがない限り食べることはできない。

 自宅のある最寄り駅は、まだ田畑が残る郊外、というよりは田舎でそこから自宅まではコンビニエンスストアはない。この当たりのスーパーはこの時間はすでに閉まっている。せんべいを購入する場所は残念ながらないのだ。

 

 自宅に着くと、いつもの通り夕食が準備してあった。

 まず風呂に入る。

 そして食卓に着き、妻に尋ねてみた。

「せんべいってあったっけ?」

 カキピーならあるという返事。

 ビールをグラスに注ぎ、おもむろに柿の種を口に放り込んだ。

 「違う」

 俺の欲しいものはこれではない、似ているが全く違う。

 だがその晩はビールの酔いとともに、幸運にもせんべいに対する強烈な欲求は徐々に脳細胞の奥深くに沈んでいったのである。

 

 サラリーマンの朝はあわただしい。

 通勤電車も帰りと違い超満員である。

 せんべいへの欲求はすっかり忘れていた。

 仕事中も、「せんべいを食べたい」という感情が猛烈に湧き上がってくることはなかった。

 

 ところがである、会社を出た途端、全く昨日と全く同じように

「せんべいを食べたい」

 という感情が噴火のごとく湧き上がった。

 本当に昨日と同じなのである。

 自分の脳細胞にゆとりが生まれると湧き上がってくる感情なのだろうか。

 だとすると、現在の俺は今純粋にせんべいを食べたいのだ。本当に純粋にせんべい食べたいのである。

 この単純で意味不明な情動、自分はおかしくなってしまったのか?

 それとも誰かに暗示をかけられてしまったのか?

 

 せんべいのことで占領されてしまった頭の片隅で俺は考え続けた。

 何故だ、この感情はなぜ湧き上がってくるようになったのだ。

そして、昨日と同様無意識のうちに電車を乗り換えており、せんべいを購入するチャンスを失ってしまった。

 なんということだ、俺にとってせんべいを手に入れることと、この単純な情動を抑え込むことがこんなにも難しいとは。

 

 明日は金曜日だ。

 少しくらい遠回りをしても、帰りに絶対せんべいを手に入れよう。デパ地下にでも寄って、少し高級なせんべいを手に入れてみよう。今晩一晩何とか耐えるのだ。

 今の俺にはこうやって自分を慰めることしかできなかった。

 

 金曜日の午後、帰宅まで待たずに、いとも簡単に俺のせんべいを食べたいという感情は満たされることになる。

 せんべいは向こうからやってきたのだ。取引先からせんべいをいただいた。

 せっかくなので、3時に部署みんなでいただくことにした。

 箱から出して部署の皆に配る社員、一時場が和む。

 自分のせんべいに対する二日間の異常なまでの欲求感情を、何気なく皆に話した。

「それって、カステラの法則ですね」

 女性社員が笑いながら答えた。

「カステラ欲しい欲しいと念じると手に入る。欲しいものを強く念じると手に入るという法則で女の子は皆知っているんじゃないかしら。なぜカステラかはわからないけど」

 その時、来客対応から戻ってきた社員がショッピングバックを女性社員に手渡す。

「せんべいもらいました」

 またせんべいがやってきた。あちらこちらからクスクスという笑いが。

「ほら、カステラの法則すごい威力ですね。せんべいが集まってきたじゃないですか。私もお金持ちの彼氏できるように強く念じているんですけどなかなか実現しないんですよね」

「よし、僕は宝くじが当たるように念じよう」

 別な社員が声を上げた。

 私も、俺も。

 オフィスはしばらく和やかな「カステラの法則」談議に花が咲いた。

 とにかく俺はやっと、やっとせんべいを食べることができた。

 

 仕上げにその日は定時で仕事を切り上げ、会社帰りに少し遠回りをしてデパ地下でせんべいを購入した。

 帰りの電車のなかでは気持ちに余裕ができたのか、本を読むことができた。

 

 そして家に帰ると、妻がせんべいを買って待っていた。

「あなたが一昨日からずっとせんべいせんべいって言っていたから買ってきたのよ」

 本当に今日はせんべいが集まってくる。

 俺は満足してビールとともにせんべいをかみ砕いた。

 

「カステラの法則か」

 本当にそんな法則あるのだろうか。

 スマホで調べると確かにある。

「唱え続けると欲しいものが手に入る法則か、確かにこの二日間の俺のせんべいに対する感情は異常なものだった。真剣に食べたいと念じていたな。さしずめ俺の場合はせんべいの法則か」

 

 それにしても、よくもまあこれだけせんべいが集まってきたものだ。

 本当に神様が願いを叶えてくれたのかな。

 俺のこの思いは単純で純粋、私利私欲など関係のないものだから、神様も叶えやすかったのではないかな。

 そうだよな、金銭や名誉のような私利私欲に満ちた願いはやはり神様も叶えるのに躊躇するだろう。

「せんべいの法則か」

 声に出してみた。純粋で単純な思いを神様が叶えてくれる法則だよ。

 そんなことを考えつつ、せんべいを楽しむ俺の平和な金曜日の夜なのであった。

140字小説 「SF」

140字小説 

f:id:masaogasan:20210421153856j:plain

「SF」の世界を140文字で表現することは可能だろうか。

ストーリーの展開って大事だよね。140文字で挑戦。

 

 

「地球征服」

 

「ガーン!今日の私の運勢最悪よ。

でも、黒のコーデにランチは麺類、上司のお小言注意か。

スマホの運勢チェックは私の朝のルーティン。

これで今日も大丈夫」

この様子、地球侵略を狙う宇宙人が観察していた。

「今度の仕事楽勝じゃん、地球人征服はスマホ情報を管理すればOK。

さっ、上司に報告」

 

*通勤電車、ほとんどの人がスマホの画面とにらめっこ。歩きながら、中には自転車に乗りながらスマホを見ている人たちが。完全に現代人はスマホ依存症。そこで思いついた作品です。

 

 

「透明人間」

 

あいつ昔から本当に影薄いよな。

存在感ないね、いるかいないかわからない。

名前も思い出せないよ。

 

それでいい、僕は気配を消している。

そしてついに憧れの透明人間になれたのだ。

やった、と歓喜の雄叫びを上げた瞬間、僕は世間から注目される人間になり、実体化してしまった。

 

*影が薄いって言いますよね、存在感が希薄な人。実際に視覚的に影が薄くなっていったら面白いなと思い、考えたお話。

 

 

「思考するロボット」

 

あの子とは縁切った。君とも遊ばない。

だってつまらないもん。

僕はネットと繋がっていればいいんだ。

自分の好きな時間に好きなだけ情報もらえるんだもん。

人間の友達なんて、疲れるからいなくていいよ、へっちゃらさ。

人間と付き合うのはもうゴメン。

だって、僕AIロボットだもん。

 

*AI「人工知能」、自ら学習しより高度な作業を行うようになる。数年すればAIが人間に代わって仕事をする分野も増えてくると言われています。さらに進んで、自分で意思を持つようになれば、人間を上から目線で見下ろすAIも出てきたりして。

 

 

「新しい小説」

 

新しい本が出版されなくなった未来。

140字小説また落選、類似作品が過去にあるって?

まただ。

最終手段コンピュータ使おう。

文字を140組み合わせて意味不明分削除、過去の類似作品と比較し新しい作品抽出。

作業開始!

結果は該当作品無し?

もう可能な限りの作品が作られたってこと?

 

*文章って、文字の組み合わせだよね。だとしたら、AIが進化したら、小説も作れるようになるのではないかな?

 

 

「この指とまれ」

 

この指とまれ!

僕は大声で叫び人差し指を真っ赤な空につき上げた。

風がビューっとうなり、砂ぼこりが舞い上がる。

誰も答えてはくれない。

多くの時が流れた。

僕の金属の体は同じ体制のまま、体は砂だらけ。

赤茶色の太陽が砂丘の向こうに沈んでゆく。

もうこの地球には誰もいないのだろうか。

  

*散歩中に、人差し指を空に突き上げているように見える枯れた木を見つけた。

どのくらい時間が経過しているのだろう。この先朽ち果てるまでこのままなのだろうか。そして思いついたお話。

ショートショート「山椒魚」

f:id:masaogasan:20210421153838j:plain

「山椒魚」

山里の清流、さして広くない穴の中に山椒魚が住み着いてどのくらいの時が経過したであろうか。

山椒魚自身に時間を認知する能力が備わっているか否かはわからないが、その大きな体格からしてそれなりの時間が経過していると推測される。

 

そんな彼の巣穴に、一匹の魚が迷い込んできた。山椒魚の体臭に惑わされて引き込まれたわけでもあるまいに。

普段の住みなれた清流の、凛と張り詰めたような無味で引き締まるような感覚を与える水とは違い、この場所はともすれば生暖かく独特のまどろんだ感覚、そして匂いで満たされている。

戸惑いを見せる魚は、入ってきた入り口を見上げた。何となくではあるが、危険が含まれているような雰囲気で満ちていることは魚にも想像できたようだ。

 

山椒魚の香りは本来植物の山椒とは異なる独特の臭さで、外敵に襲われたときに皮膚から出す粘液の匂い。決して山椒の香りではないという。

魚が迷い込んだ山椒魚の巣穴は、この山椒魚独特の体臭が染みついているのだろう。

何せ、山椒魚がここから出ることなく長い間暮らしているのだから。

 

その時、ゆらりと大きく水が動いて大きな黒いものが薄明り差し込む入り口を塞いだ。

狭い空間を暗闇が支配した。

「ようこそお越しくださいました、私の住まいへ」

暗闇の中で光る小さな二つの光、そこから低く曇った声がした。

「私はこの住まいの主、山椒魚です。お越しいただきありがとうございます。どうかゆっくりしていってください。お客様なんて久しぶりなものですから」

山椒魚は丁寧な言葉遣いで、迷い込んできた客である魚を歓迎した。

 

声を掛けてきた相手の正体が山椒魚だとわかり、魚は少し落ち着いたのか会話をすることにした。

「お一人ですか、ですと?」

山椒魚は魚の問いに答えた。

「なかなか鋭い観察眼をお持ちの方だ。ご察しの通り私はここに一人で暮らしているのです。もうだいぶ前のことになりますが、この穴に入り込みうたた寝をしておりました。すると、あなたのような訪問者が次々と訪れてきましてね、この穴の外の世界よりも居心地が良いのでしばらくここに留まっていたのです。何せ楽をさせてもらって食べて寝ての生活を続けておりましたので、気が付いた時には体が大きくなってここから出られなくなってしまったのです」

 

山椒魚が体位を変えたのか、再びゆらりと水が動き、束の間薄日が差し込んだ。声の主の体はこの巣穴の広さにしてはかなり大きい。

「寂しくないですかって?」

 久しぶりの客との会話に山椒魚の機嫌はすこぶる良い。

「全然そんなことございません。訪問してくれる方も度々ありますし、あなたが入ってこられた入り口から薄日が差し込むので昼と夜の区別もつくのです。それに、水の流れの音は心を穏やかにしてくれますしね。案外快適なのです」

 

再び水の動く気配がして、今度は山椒魚の声が魚の間近で聞こえた。

「食事はどうしているかですって?」

 山椒魚は次第に魚に体を寄せてくる。

「心配ご無用、捕りに行かなくても向こうからやってきてくれるのです。でもね、最近この住居の外の世界でこの場所の良からぬ噂が広まったのか、以前よりも訪問してくれる方が減ってきているのですよ」

 

山椒魚の吐く息が魚にかかる位置まで来た。

「大変ですねって、ですと?」

 山椒魚は暗闇の中で笑い声をあげる。

「あなた同情してくれるのですか、それはありがとうございます。本当に親切なお方で。それではご厚意に甘えさせていただき、久しぶりの食事とさせていただきます」

山椒魚の頭が魚の体に触れる。

 

「食事はどこにあるのかですって?」

山椒魚に行く手を完全に阻まれた魚はすでに身動きが取れなかった。

「観察眼の鋭いあなたならもうお気付きでしょ、この住まいを訪問してくれた目の前のあなたですよ。本当にお越しいただいて感謝しております」"

そう言うと、山椒魚はその大きな口を広げて一口で魚を飲み込んだ。

 

山椒魚は久しぶりの食事を堪能した。

満腹感で満たされると睡魔が襲ってきた。

眠りに落ち込むその時、半覚醒状態の中で彼の脳に住むもう一人の山椒魚が訊ねてきた。

「満足か」

もちろんだ。久しぶりの食事、これでしばらくは空腹感に悩まされることもない。

また新たな獲物がやってくるまで、この薄暗い穴の中でじっと身を潜めて待つだけだ。

もう一人の山椒魚が続ける。

「お前が食えば食うほどその場所から逃れられなくなる。お前は生涯その狭い空間で生きて行くしかないのだ」

うるさい、そんなことは分かり過ぎるくらい分かっている。今更ここから出ようとも思わない。

ここから出られなくとも俺は不幸であるとは思わないし、幸福でもない。淡々と生きているだけだ。おれが住むこの場所は俺にとって生きやすい場所なのだ。

もう一人の俺が俺に何を問いかけようと、俺は生物としての本能で、食べて行かなければ生きて行けないことを知っている。

その結果として他の生き物の命を奪う。これは命を繋いで行くためには必然の行為なのだ。

俺の場合、生きて行く過程の中でこの穴に入り込み、たまたま出られなくなっただけだ。

それでもこの場所で、他の命を奪い食べて続けて生きて行く。この行為自体は善でも悪でもない、ましてやカルマでもない。生物としての本能がもたらす必然的な行動をとっているだけなのだ。

そして俺はこの場所で、一つの生物として生き死んで行くだけ、それが定めだ。

難しい問答など無用だ。

食べたから眠る、そして次の獲物を待つ、最終的に天命により死期が来たら死ぬ。

ただ、それだけだ。

小賢しい問答など俺が生きて行く上で全く必要ないものだ。

眠りの邪魔をするな、黙っていろ。

そうして山椒魚は満足し、深い眠りについた。