創作の森に迷い込んだカエルの話

写真家、小説家などの創作活動にあこがれるカエルが、ふとしたきっかけで富士山の麓にある創作の森に迷い込んでしまったお話

超ショートショートの不思議な世界 夢の中の僕

f:id:masaogasan:20210629145043j:plain

「夢の中の僕」 

 夢の世界、そこは空想の世界であって実在はしない世界、眠っているときにだけ現れる。

 たのしい世界の時もあるし悲しい世界の時もある。想像もできないような不思議な世界も。

 その日僕はとてもリアルな夢を見た。学校の部活動で体を思う存分動かして家に帰るとベッドに倒れこむようにして眠ってしまった。そして夢を見た。

 夢の中の僕は眠っていて夢を見ている。その夢は起きている世界にいる僕の夢だった。

 だとしたら、この僕は夢の中で存在している僕なのか?

 本当の僕って、いったいどこにいるのだろう。

 本当の僕が目覚めたときに、今の僕はどうなってしまうのだろうか。

超ショートショートの不思議な世界 仮想世界

f:id:masaogasan:20210629145043j:plain

「仮想世界」

  僕も限りなくリアルに近い仮想世界を作ってみよう。

 外出することが無くなった今、僕はそう考えた。

 外出自粛、会社も在宅ワークとなり家からからほとんど出なくなった、おこもり生活がもうどのくらい続いているのだろうか。

 そんな僕の唯一の楽しみはネットサーフィン。外出できない代わりに旅行記事を読んで気を紛らわせる。

 毎日たくさんの記事がアップされるから飽きることはない。

 これだけたくさんのネット記事を毎日読み漁っていると、僕自身がまるで本当に旅をしている感覚になり、仮想体験記事だって書くことができそうだ。そこで記事を書いてみることにした。もちろん仮想体験上で旅した経験をもとに。

 ネットから仕入れた知識は豊富で、意外と楽しく記事を書くことができたし、評判も上々だ。楽しくなって次から次へと旅行記事をアップした。

 外出自粛が続く中でこんなにたくさんの旅行やアウトドアの記事がアップされているって、もしかしたらライターは皆仮想世界を旅して書いているのかもしれない。僕たちはサーバー上にだけ存在する仮想の世界でつながっているだけなのかもしれないな。

 今は僕もその世界を作る一人なんだ。

超ショートショートの不思議な世界 都市伝説

f:id:masaogasan:20210629145043j:plain

「都市伝説」

 

 日本の東北地方では最近よく河童が目撃され、九州ではイッタンモメンが空を飛んだというニュースが報告されている。

 アメリカではビッグフット、ネス湖ではネッシー、ブラジルではチュパカブラスも頻繁に現れているらしい。

 そして世界中の大都市では、いたるところで人間が目撃されている。

 もうこれは都市伝説。

 ずっと未来、地球上を人間の次の生き物が支配した時のお話です。

超ショートショートの不思議な世界 バグ

f:id:masaogasan:20210629145043j:plain

「バグ」

 

 さて、新しいプログラムをアップデートする時が来たね。

 小学校に入学した子供たちを見ながら神様がつぶやいた。

 人はそれぞれの年代ごとに、神様が新しいプログラムを脳にアップデートしてくれるのだ。

 でも、時々バグが発生して脳細胞が暴走してしまう人が現れる。そうなってしまった人は神様でも修復不能。

 脳細胞の中でプログラムにバグが発生してしまった人たちは、その後一生そのバグと向かい合って生きていかなければならない。

 世界的な文学賞を受賞した作家は答えた。創作のアイディアは、突然頭の中に降ってくるのだと。世界的な数学者も物理学者もアーティストも答えは突然頭の中に降ってくると、皆同じことを言う。

 そう、神様がアップデートしたプログラムにバグが発生した人たちなのだ。

超ショートショートの不思議な世界 ユキダルマ

f:id:masaogasan:20210629145043j:plain

「ユキダルマ」

 

 白い火山灰が降り積もる、フワフワ フワフワ。

 もうだいぶ以前から、地球は人間活動が環境に及ぼした影響と地殻変動が活発になったことにより、気象が激変してしまっていた。

 火山活動の影響で。この街には年に数回真っ白い火山灰が降り積もる。人々はもうそれが当たり前の事として生活を送っている。

 娘が防塵マスクを着けて屋外で遊んでいる。火山灰を水で固めて丸い球を作り重ねている。

「ねえパパ、なんでこの丸い人形、ユキダルマっていうの?」

 ユキダルマ?

 昔、まだ地球環境が今みたいに著しく破壊されていなくて、地殻変動もそんなに活発じゃなかった時期、寒くなると大気の水蒸気が氷の結晶となって地上に降ってきたものが雪と言ってね、積もった雪を集めて丸く固めて作ったものを、雪で作ったからユキダルマといったんだ、か。

 でも本当の雪を見たことある人は、今では誰もいないんだよな。