創作の森に迷い込んだカエルの話

写真家、小説家などの創作活動にあこがれるカエルが、ふとしたきっかけで富士山の麓にある創作の森に迷い込んでしまったお話

写真、小説、イラストなどの創作を楽しんでいたカエルは、富士山の麓にある創作の森に迷い込んでしまいました。 その森は木漏れ日を受けて植物たちが光り輝き、小鳥たちはさえずり、そしていたるところから富士の清らかな湧水をため込んだ沼があちらこちらに。 写真沼はカメラ沼やレンズ沼などに分かれ、また小説沼は短編小説沼やショートショート沼などに分かれエッセイ沼とも繋がっていました。 もちろんカエルは沼が大好きで、それら沢山の沼にどっぷりとはまってみたのですが・・・ あまりにも居心地が良すぎる創作の森。 カエルは森の奥深くまで入って行き、出口がわからなくなってしまいました。 しかし、カエルは居心地が良すぎるこの森から出る気はなさそうです。 そんなカエルの作り出す創作の世界をご覧ください。
プロフィール
id:masaogasan はてなブログPro
ブログ投稿数
105 記事
ブログ投稿日数
104 日
読者