創作の森に迷い込んだカエルの話

写真家、小説家などの創作活動にあこがれるカエルが、ふとしたきっかけで富士山の麓にある創作の森に迷い込んでしまったお話

超ショートショートの不思議な世界

超ショートショートの不思議な世界 平和のために

「平和のために」 相手のパンチが先に俺の顔面にクリーンヒットしたら俺の負け、俺のパンチが先に相手の顔面にクリーンヒットしたら俺の勝ち。 格闘技のルールはいたって単純、だから観客も興奮する。 この試合、ハードパンチャー同士の試合だから、勝負は一…

超ショートショートの不思議な世界 美女を前にして

「美女を前にして」 色白のグラマーな美人が私に手招きをする。 見るからに健康美の引き締まったボディを持つ美女も私を誘惑する。 今日はどちらの誘いに乗るべきか。 モテる私はいつも悩んでしまうのだ。 優柔不断といわれてしまえばそれまでなのだが、こん…

超ショートショートの不思議な世界 時を超えたロマンス

「時を超えたロマンス」 私は時空調査員の研修期間を終えて、仕事で初めて過去にタイムトリップすることになった。 目標時点(地点ではないのですよ)は戦国時代。 もうワクワクドキドキ、過去の世界の素敵なイケメンに巡り合って、恋が芽生えちゃうかも、そ…

超ショートショートの不思議な世界 土偶

「土偶」 その土地から、奇妙な形の土偶が次々と発見された。 縄文時代に作られていた土偶とも異なる特徴を備えている。 しかも、出土される全ての土偶は破壊されることもなく、ほぼ完全な形で出土されるのだ。しかも前衛芸術家でも作れないほどの奇抜な美し…

超ショートショートの不思議な世界 軽い気持ちで始めて見たら

「軽い気持ちで始めて見たら」 もう疲れたよ、くたくただ。早くこの遊びから解放してよ。 この遊びがこんなにもハードだなんて。 しかも、まさかこんなことになるだなんて・・・「暇だなぁ」 てことで、僕は散歩に出ることにした。 その時ふと頭にひらめいた…

超ショートショートの不思議な世界 いたずら狐

「いたずら狐」 目的地はもうすぐなのに、なかなかたどり着くことができない。 目標としている高層ビルもしっかりと見えているのに、なぜか角を曲がるとまた離れた位置に戻ってしまう。 昔の人の話では、キツネやタヌキに化かされて同じところをぐるぐる回っ…

超ショートショートの不思議な世界 恐怖感

「恐怖感」 夜遅くまで一人で起きていると、わけなく突然怖いという感覚に襲われるときはないかい? 僕はたまにあるんだ。 そんな時は、読んでいる本を閉じて、部屋中の電気をつけて、テレビもつけて、大声で独り言を話すんだけど、どうにもこうにも怖いとい…

超ショートショートの不思議な世界 地上の標的

「地上の標的」 夜空に弓のような月が浮かんでいる。 上弦の月だ。 月の上が欠けたり下が欠けたり。地球の影だとわかっているけど、太古の昔から月も忙しいよな。 それにしても、月は弓の形になって何を狙うつもりなのだろうか。 ふとそんなことを考えたりも…

超ショートショートの不思議な世界 痛い!

「痛い!」 街を歩いていたら、可愛い女の子が手を振っている。えっ、僕を手招きしているの? ふらふらと近寄って行ったら・・・突然体にものすごい痛みが走り、グイグイとすごい力で引っ張られる。やめてくれ、僕は涙を浮かべながら抵抗するが、そんなこと…

超ショートショートの不思議な世界 パーティ券

「パーティ券」 今日もパーティがある。高額のパーティチケットを会社が購入しているので行かねばならない。 三日連続だ。 本当に頻繁にパーティが開催される。もちろん開催者の目的は資金調達。パーティ券を購入しないと、社会貢献活動に非協力的な会社とい…

超ショートショートの不思議な世界 貧困問題解消

「貧困問題解消」 都心の、とある公園に貧乏神が住みついた。 ブルーシートと段ボールで住処を作り、昼間から何処かで集めてきた酒を飲んで気ままに過ごしている。 景観を損ねるのだが、何しろ相手が貧乏神、下手に取りつかれたら大変だ。人々は気づかぬふり…

超ショートショートの不思議な世界 「ボーッ」としている

「「ボーッ」としている」 頭の中が「ボーッ」としている。 脳細胞にとっては「ボーッ」とする時間は大切なことなのだ。 なんでも、脳のあちらこちらに記憶された情報を「ボーッ」としている間に結び付けているそうなのだ。「ボーッ」としている僕の頭の中で…

超ショートショートの不思議な世界 泥のように

「泥のように」 パパは私たち家族のために、朝早くから夜遅くまで一生懸命働いている。 家に帰ってくると、「疲れたー」といってベッドに倒れ込むようにして眠ってしまう。 今日も夜遅くに仕事から帰ってくると、ベッドに倒れ込んで泥のように眠ってしまった…

超ショートショートの不思議な世界 安心安全のため

「安心安全のため」 毎日毎日新しい規則が増え続けている。学校でも会社でも、この街でもそして国でも。 大人たちは、何か問題が起こると安心安全を確保するためと新しい規則を作る。それを守らない人がいると罰則も作る。 僕は規則に従って「行ってきます」…

超ショートショートの不思議な世界 廃墟ビルの謎

「廃墟ビルの謎」 街の一角にお化け屋敷と呼ばれる廃墟がある。 使われなくなって荒れ果てた小さなビルで、撤去されることもなくその場に建ち続けている。 街の景観を損なうから解体してほしいという要望が出ているのだが、持ち主が不明で何もすることができ…

超ショートショートの不思議な世界 オーバーアクション

「オーバーアクション」 テレビ画面にいきなり宇宙人が映った。 どのチャンネルも同じ宇宙人が映っている。 地球上のテレビ全てをこの宇宙人がジャックした模様だ。 宇宙人は、必死に我々に何かを伝えようとしているように見える。 オーバー過ぎるゼスチャー…

超ショートショートの不思議な世界 見知らぬ花

「見知らぬ花」 広場の上空に飛行機が飛んできた。 濃い緑色をした飛行機だ。近づくにつれて高度を下げてくる。 そして、見ている僕たちのすぐ上を通り過ぎると、飛行機からたくさんのパラシュートが開いて降下し始めた。その下には人間みたいなものがぶら下…

超ショートショートの不思議な世界 おばあちゃんちの見えない子

「おばあちゃんちの見えない子」 田舎のおばあちゃん、大好きだよ。 でもね、おばあちゃんの住んでいる古い家には絶対に何かいるんだ。 広い玄関の隅とか、納戸の奥とか、仏壇の部屋とか。 言葉ではうまく説明できないけど、絶対に何かがいるよ。 別に怖いと…

超ショートショートの不思議な世界 宇宙時代の黒船

「宇宙時代の黒船」 限定された空間でうまく生きて行く方法、僕たちは物心ついた時から教え込まれてきた。 しかし、歴史はものすごい速さで流れ、変化していく。 人間の尺度では想定外の事が頻繁に起こる。 チョンマゲ頭に刀を差していた日本人が洋装になっ…

超ショートショートの不思議な世界 巨大宇宙船

「巨大宇宙船」 巨大な、想像を絶するように巨大な宇宙船が空を横切り始めた。 地球の感覚からは想像もつかない大きさで、宇宙船を建造した知的生命体においては、地球人と比較して大きさと時間の概念も大きく異なっているのだろう。それに生命体という概念…

超ショートショートの不思議な世界 宝くじ

「宝くじ」 さあ今月の宝くじ当選者は、あなた、あなたに決定です。一週間以内に賞品を受け取りに来てください。来ない場合には次回に繰り越しとなります。 当選者の方現れませんね、繰り越しですね。来月は倍の賞品となります。 全宇宙に存在する惑星を対象…

超ショートショートの不思議な世界 宣戦布告

「宣戦布告」 ついに人類は異星人の存在を突き止めた。 巨大なパラボラアンテナが宇宙の果てから送られてきた規則的な信号をキャッチしたのだ。発信している星は数億光年かなたにあることが分かった。 しかし、現在の科学ではその内容を判読することはできな…

超ショートショートの不思議な世界 幻のカレーパン

「幻のカレーパン」 その店の名物カレーパン、店主の気まぐれで作るから、いつ店に並ぶかわからない。並んだとしてもあっという間に売り切れてしまう。 カレーパンが好きな僕も一度は食べてみたいと恋焦がれているのだ。 時には丸一日店の前で粘って待ってい…

超ショートショートの不思議な世界 脱皮

「脱皮」 子供の頃に遊んでいた公園を久しぶりに訪れてみた。 こんなに狭かったんだ。記憶にある公園は探検するには最高の場所で、ジャングルジムやブランコ、大きな木も沢山あってとても広い場所だった。当時住んでいた家から一人でここに遊びに来るのにも…

超ショートショートの不思議な世界 鏡の世界の自分

「鏡の世界の自分」 鏡の向こうの世界には僕の住むアパートの部屋が映っている。時刻は朝の6時、僕の姿はまだ見えない。あと少しすれば、寝ぼけ眼で鏡をのぞきにやって来るはずだ。 きた、鏡の奥から僕が現れた。あれ、右目が真っ赤に充血しているぞ、これ…

超ショートショートの不思議な世界 メールの山

「メールの山」 メールの山にうんざりだよ。 スマホに毎日大量に届くメール、ほとんどがダイレクトメール。その山の中から必要なメールを探し出すのに一苦労。 そんなことだから、問題のメールをすぐに見つけることができなかったんだ。 未来の僕からの封書…

超ショートショートの不思議な世界 パレット上の人生

「パレット上の人生」 このパレットに水彩絵の具を出して、画用紙に絵を描いて仕上げてください。 絵を描き始めてから仕上がるまでの時間があなたの寿命となります。画用紙に描かれる絵があなたの人生。 どうしました、パレットの絵の具が混じり合って変な色…

超ショートショートの不思議な世界 子供が足りない

「子供が足りない」 今ならもれなくプレゼントが付いています。お得ですよ。 はいあなた、今度は女性に生まれ変わりたいですって、わかりました。プレゼントに二重まぶたをお付けします。 えっ、モデルさんみたいな長い脚もつけてくれって、わかりました、特…

超ショートショートの不思議な世界 悪魔になりたい

「悪魔になりたい」 ある晩悪魔が僕にところに現れてさ、僕の望みを一つ叶えてやるから死んだら僕の魂をよこせっていうんだよ。 この話ってよく聞くパターンだよね。 そこで僕は、お前以上の能力を持つ悪魔にしてくれって言ったんだ。 僕の望みを聞いた時の…

超ショートショートの不思議な世界 地獄の鬼の憂鬱

「地獄の鬼の憂鬱」 天国と地獄の違いって知っているかい? 死後、天国は善人が行く極楽、地獄は悪人が行く無限に苦しみを受ける場所、それ間違いだから。 人間界に悪いイメージが広がっちゃって地獄も迷惑しているんだよね。 昔、地獄をほんの一瞬垣間見た…