創作の森に迷い込んだカエルの話

写真家、小説家などの創作活動にあこがれるカエルが、ふとしたきっかけで富士山の麓にある創作の森に迷い込んでしまったお話

140字小説

140字小説 「天気」

140字小説 空を見上げるのが好きなのです。 快晴の空も、曇りの空も、雨の空も。 さっきと同じ空ってないですからね。 空を見上げていると、心がスーッと軽くなりませんか? 「空のカンバス」 地球は偉大なアーティスト。 真っ青な空のカンバスに雲と光を使…

140字小説「ペット」

140字小説 ペットが逃げ出して騒ぎになりました。 最近、人間が飼っていた生き物が自然界で繁殖し、問題になっていますよね。ほかにもニュースなどのペット関連の話題から思いついた作品です。 「野良猫と妻」 最近町内に野良猫が増えて被害も出ているの。無…

140字小説 「物語」

140字小説 ふとしたきっかけで、頭の中に昔読んだ童話が今の自分なりの解釈でよみがえることがあります。 大人になった分だけシニカルな内容で、とても童話や昔話とは言えませんね。 「ここ掘れワンワン」 僕は裏山で懸命にお宝を探し。 見つけた! 大声でご…

140字小説「本」

140字小説 Twitterに、140字小説コンテスト「月々の星々」があり、毎月定められた文字を使って小説を書きます。5月のお題が「本」でした。そこに投稿した作品です。 「小説家がいなくなった」 新しい本が出版されなくなった未来。 140字小説また落選、類似…

140字小説 「SF」

140字小説 「SF」の世界を140文字で表現することは可能だろうか。 ストーリーの展開って大事だよね。140文字で挑戦。 「地球征服」 「ガーン!今日の私の運勢最悪よ。 でも、黒のコーデにランチは麺類、上司のお小言注意か。 スマホの運勢チェックは私の朝の…

140字小説 「新型コロナウィルス」

140字小説 コロナ禍、生活様式も変わり、よくも悪くも私たちの生活に大きな変化が出てきています。 そんな中書いた作品5編を読んでみてください。 「新型コロナウィルス」 ちょっとお前たち、後から来たくせに割り込むなよ。 ここは俺達が見つけた安住の地な…

140字小説 「妖怪編」

140字小説 SNSの世界に、140字小説というジャンルがあります。 Twitterの制限文字数が140字、その中で小説を創作しようというものです。 原稿用紙半分にも満たない文字数で、小説が書けるのでしょうか? 現在私も挑戦中です。 今回は妖怪物5作をお読みくださ…