ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

【人生楽しく生きるためにー3】自然の波動を感じよう

f:id:masaogasan:20190510173111j:plain 今の世の中、便利になりました・・・・?

 

例えば食生活。

仕事から遅く帰っても24時間開いているコンビニがある、

24時間開いているレストランがある、

インスタント食品も豊富、

電子レンジでチンをすれば、美味しいものがすぐ食べられる。

 

でもこの便利って、本当に便利なのかな。

 

仕事に忙しい現代人にとって、時間も手間もかけずに食事ができるって本当に便利ですよね。

ひと昔前は、食べ物を得ることは大変な労働を要するものでした。

生活の大半を、食べ物を得るために費やしていた。

それに比べたら、本当に便利になったものです。

 

既に現代社会にとって、これは当たり前の事実です。

 

でもこの便利で当たり前の事実が、私たちに通って本当に便利な事なんでしょうか?

 

食べ物というものは、私たちの命に直接関わりのあるものです。

 

太古の昔から、私たち人類は食べ物に対して常に尊敬の念を抱いてきました。

四季折々、農耕の行事に密接に結びついた神々に感謝する行事があるのもそのことを物語っています。

漁師や猟師も、常に供物を恵んでくださる海や山の神に感謝の念を忘れません。

食べ物が手に入ったらば。神々に感謝の気持ちを伝え、そして頂いていたのです。

 

私たちはどうでしょう。

何不自由なく手にはいる食品、でもその原料が何なのか分かっているでしょうか?

学校給食で魚料理が出ると、骨があれば問題になる。

魚の切り身、サバ、アジ、マグロ。

でもその本当の姿を知る子供達は少ない。

でいいのかな?

 

InstagramTwitter 美味しいものを食べたという投稿記事がたくさ 出ています。

ブームになればそれを求めて多くの人が殺到します。

便利だけど実態が伴っているのかなっていつも思うんです。

 

今の食品って、満腹感や満足感を与えるだけのものなのかな。

食べている私たちって、感謝の気持ってあるのかな。

 

なんだか本来の私たちの最も大切な営みとは、かけ離れたところに来てしまったような気がします。

 

f:id:masaogasan:20190504061140j:plain
f:id:masaogasan:20190504061128j:plain



自然の恵みに感謝する気持ちというのは、どこに行ってしまったのでしょうか。

 

私たちは食生活を通じて、大地とそして地球と繋がって生きている。

地球の一員として生きているという感覚が、薄らいできているのではないでしょうか。

 

海の中にはマイクロプラスチック、大気中には PM 2.5。

その他、様々な汚染物質で地球は汚されていく。

東北大震災以降の放射能汚染もそうですよね。

人間の活動は、自然と地球との距離をどんどんかけ離れたものにして行っている。

 

でも、私たちの体は覚えている。

私たちの五感は訴えている。 

自然と、そして地球との距離をもっと縮めなければ。

 

だからストレスを感じているのです。

だから私たちの体は悲鳴をあげているのです。

 

もう一度原点に戻って、私たちの体の波動を地球の波動に合わせてみませんか?

そうすれば、色々なものが見えてくると思うのです。

そうすれば、本来感じなくてもいい苦痛から逃れられると思うのです。

 

人間本来の姿(心と体の状態)に戻って生活できればよいのです。

 

でも、生活して行くうえでは難しいですよね。

定期的にメンテナンスすることが必要となってきますよね。

そこを上手にやらないと、生きて行くことが辛くなる。

以前の私もそうでした。

いや、今も上手にメンテナンスできていません。

 

次は、メンテナンス方法について考えてみたいと思います。