ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

うまいカレーパンを探せ

私はカレーパンが好きだ!

 

アツアツのカレーパンをほおばる。

サクッと、カリッと、そして濃厚でピリ辛のカレーの風味が舌から鼻へ。

美味しいカレーパンに出会った時の幸せと言ったら、これはもうたまりません。

 

カレーパンといえば、こんがりときつね色に揚げられたサクッとした衣と、中のカレーのまったりとしてピリ辛風味の濃厚な味わいが魅力です。

 

カレーとパン、どちらも洋風な食べ物ですが、カレーパンの発祥が実は日本だということはご存知の方も多いと思います。

 

一説では、東京都江東区の「名花堂」(現:カトレア)2代目の中田豊治が、1927年に実用新案登録した洋食パンが元祖だといわれています。

これは、「具の入ったパンをカツレツのように揚げる」という内容でした。

 

また、1934年に創業した練馬区の「デンマークブロート(デンマークベーカリー)」が最初にカレーパンを発明したという説もあります。こちらは、カレーサンドを揚げたものだったそうです。

 

インド料理であるカレーは、イギリスから、イギリス料理として伝えられました。
カレーはイギリスに伝わった際に米にかける料理となり、米が主食の日本人にも受け入れられやすかったのです。
明治時代の末にはすでに、カレーうどんやカレーそばなどが大衆食堂に並び、学校給食のメニューにも加えられるなど、カレーはまたたく間に日本中に広まっていったのです。

 

カレーパンといえば揚げたものを思い浮かべると思いますが、なぜカレーパンは揚げられているのでしょうか?
その理由は、水分を多く含むカレーは普通のパンのようにうまく焼けなかったのです。
そこで当時、カレーに次ぐ人気メニューであった「カツレツ」にヒントを得てパンを揚げたのが、現在のカレーパンの原型といわれています。

現在カレーパンは様々に進化し、揚げたものだけではなく、焼いたものも登場しています。

他にもさまざまな種類のカレーパンが販売されています。

 

そんなカレーパン、一度に5種類も食べられる店を見つけました。

 

東名高速下り足柄サービスエリアにある

「パン工房ベルべ」

 

金太郎カレーパン

足柄カレーパン

クリームチーズカレーパン

激辛カレーパン

丸ごとエビカレーパン

 

幸せに浸りたいので、全部食べてみます。

 

金太郎カレーパン

具がぎっしり詰まったカレーパンです。

具は、カレーというよりはチリビーンズに似てるかな。

ボリューム満点で満足満足。

f:id:masaogasan:20190511170740j:plain
f:id:masaogasan:20190511170845j:plain

 

足柄カレーパン

標準的カレーパンといった感じ。

安心して食べられます。

パンがおいしいから、標準的といっても一つ格上。

f:id:masaogasan:20190511170746j:plain
f:id:masaogasan:20190511170854j:plain


 

クリームチーズカレーパン

こちらも具沢山のボリュームのあるカレーパン。

特に、クリームチーズがガッツリ入っている。

個人的にはクリームチーズをもう少し減らしてもよいのではと感じる。

 

f:id:masaogasan:20190511170726j:plain
f:id:masaogasan:20190511170902j:plain

 

激辛カレーパン

激辛というほどでもないけど、ピリッと刺激のきいた大人のかれーぱん

f:id:masaogasan:20190511170719j:plain
f:id:masaogasan:20190511170909j:plain

 

丸ごとエビカレーパン

見た目がユニーク。

美味しいけど・・・

大衆的なカレーとエビの組み合わせはどうかな?

f:id:masaogasan:20190511170733j:plain
f:id:masaogasan:20190511170917j:plain


 

人間、その日の体調によって好みも変わるから、5種類あると店まで来てから悩めばいいものね。

紹介した友人にも大好評、さっそく知り合いにも情報を拡散したそうです。

他にも食べたいパンが沢山あるお店です。

 

いやー、いっぺんに全種類完食はちょっと苦しい。

大満足の休日でした。