ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

霊峰富士、様々な表情。

霊峰富士山、日本最大のパワースポットの様々な表情

       会社帰り、車を停めてスマホでパチリ。カエルの大合唱の中での撮影。

 

富士山は、季節により、天候により、時間によりさまざまな表情を見せてくれます。

でも、その一時の表情を見逃してしまうと次に同じ表情を見せてくれる機会はほとんどありません。

 

白い雪の状況、雲の状況、かすみ具合、本当に一刻一刻表情が変わるのです。

 

ですから富士山に魅かれ、カメラを携えて会いにゆくファンも多いのですね。

 

スマホを絶えず持ち歩いている方は多いと思います。

スマホの性能も日進月歩で進化し、カメラのスペックもデジカメとそん色ないものとなってきました。

 

現在の私のスマホのカメラスペックは、

メイン:2300万画素

フロント:1320万画素

 

7年ほど前に購入し、今も愛用しているオリンパスpenよりも、画素数は上を行きます。

 

そんなスマホを常に持ち歩いているわけですから、一昔前に比べれば、

「あっ、いまこの時だ」

と思った瞬間を移すことが出来る確率は格段に増えたわけですよね。

 

今回、スマホの写真データをパソコンに写し、過去の思い出と共に眺めていました。

かなりの枚数がありました。

もちろんほとんどが削除したくなるような写真でしたが、ジャンル分けをして眺めれば、結構面白いものもありました。

 

そのような中から、今回は富士山、それも、少し変わった写真を選び出しましたので、見ていただければと思います。

 

夕焼けに染まる富士山

今でもはっきり覚えている、2年前5月下旬の会社の帰り道に見上げた富士山です。

たまたま電車を利用して帰宅、その途中ですが、茜色に、それこそ空全体が染まった素晴らしいひと時でした。

このような夕焼けに染まる富士山は、今のところこの時以外に会ったことがありません。

日の沈むまでのわずかの間の時間でしたが、スマホを持っていて本当に良かったと思った瞬間です。

 

雲の中から突然顔をのぞかせた富士山

6月、御殿場市のアウトレットに行った時の1枚です。

すでに梅雨入りしていたかと思います。

空は雲で覆われており、かなり早く流れていた記憶があります。

そのような中、本の一瞬だけ富士山が顔をのぞかせました。

スマホカメラのズーム機能を使って写したのですが、まるで飛行機から写したような写真となりました。

 

空を広く感じさせる富士山。

富士山を眺めると、何故癒されるのか。

もちろん富士山自体が持つ自然のエネルギーが強大であることがいえるでしょうが、

私は、空を限りなく広く感じることが出来るからだと思います。

富士山は、きれいな円錐形をしています。その稜線は周囲に幅広く広がり、周囲に高い山はありません。ですから、富士山の周りの空はものすごく広大に感じるのです。

本当に癒される稜線美の富士山と広い空です。

 

スマホのスペックが上がり、

その一瞬を逃さずとらえることが出来る機会が増えたことに感謝ですね。