ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

ど素人が写真で稼げるか 写真販売サイトPIXTA挑戦記 No.4

マルチクリエイター、フォトグラファー編です。

 

登録写真の審査、合格しました。

 

マルチクリエイターとして収入を得るための一つとして、再び写真をPIXTAに登録し始めました。

 

今回登録した写真の審査結果。

今回、5枚登録してすべてパス。

初めての事です。

 

今回は、富士山の写真を中心に投稿しました。

f:id:masaogasan:20190429091631j:plain
f:id:masaogasan:20190429091649j:plain

 

今までの経験とネットでの調査から、今回は、とにかくピントに注意しました。

前にも書きましたが、候補に上がった写真をすべてパソコンで拡大し、ぼやけてないか、汚れがないかを確認したことがこの結果につながったと考えています。

 

反省点としては、写真のタイトル、そしてタグの付け方。

この点をもっと考えなければなりません。

 

PIXTAに再登録を開始して3週間がたちましたが、新たに昨年登録した写真に何件か閲覧履歴が入りました(売れたわけではありません)。

分析すると、夏の季節感を強調した写真です。

きっと、これから向かう夏を先取りした写真に需要があるのですね。

そのような写真のストックを探してみようと思います。

 

ネットで調べたところ、PIXTAへ登録する写真の最低画素数は400万画素とされているらしいとのことです。

現代のスマホの写メでも十分許容範囲(私のスマホ写メの設定は800万画素)。

ですが、PIXTAではスマホの写メはNGとされていました。

しかし、ネットで見つけた情報によると、スマホの性能向上に対応したのか昨年末よりOKとなったとのこと。

 

これはうれしい情報です。

カメラを四六時中持ち歩くことは不可能に近い。

特に、通勤時は持ち歩きません。

しかし、シャッターチャンスはいつ訪れるかわかりません。

今までは、スマホで写した写メをたまにフェイスブックに投稿するくらいでした。

ここでついに、常に持ち歩いているスマホで写した写メにもチャンスが出てきた。

俄然力が入ります。

 

今回は、過去にスマホで写した写メの中から、夏を感じる写メをピックアップして登録してみようと思います。

 

昨年5月に訪れた、三重県伊勢神宮の宮川の水面です。

太陽光が反射して、自分では上手く撮れたと思っています。

でも、5円玉がな。

 

もう一点

スマホで撮った、夕暮れの富士山。

 ちょっと斜め。

 

スマホにもマクロレンズが付けられます。

非常に興味があるので購入してみようと思います。

ニッチなマクロの写真もスマホでトライです。