ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

山中湖ロードレース ハーフマラソン

改めて実感しました

      ジョギングは楽しい

5月26日日曜日、山中湖ロードレースでハーフマラソンを走り(歩き)ました。

昨年に引き続き、2年連続2回目のハーフマラソン。

 

昨年は初挑戦にして50代最後の記念。タイムは2時間28分。

今年は60代最初の挑戦。タイムは2時間48分。

 

今年は過去最高の気温の中の大会。

主催者側からも(マラソンの瀬古さん)自己ベストは狙わず、十分に給水を取って、という異例のアドバイス。

もちろん速く走ろうなんて思いはさらさらなく、のんびりとレースの雰囲気を味わいながら走ったのですが、やはり、暑さの影響か、それとも練習不足の影響か、14キロ過ぎから足はツリ気味、しんどかった。

 

やっとの思いでゴールしたのですが、体の疲労度とは別に、めちゃくちゃ楽しかった。

この楽しさはいったい何なのだろう。

 

ということで、

一般市民におけるジョギング、マラソンの楽しみについて考えてみようと思います。


今や1000万人を超えると言われるランニングの競技人口。
みんな一様に努力・忍耐・根性で、わざわざしんどいことをするのが好きなのかと言われれば、そうではないはずです。

 

ネットで、ジョギングの楽しさについて調べてみました。

青字が皆さんが感じるジョギングの楽しさ。

黒字が私の意見です。

日常生活に与えること

 季節の移り変わりを感じられる
春の陽気、夏の暑さ、秋の風、太陽の日差し、鳥やカエルの声など、一年の変化を五感全てで感じられる。

見慣れた街の見え方が変わる
自分の脚で移動すると、普段知っていたようで知らなかった景色に出会えます。普段とは違う路地一本入るだけで意外な風景とであえます。身近なところに再発見する楽しさを感じます。

勝ち負けがない
自分の納得度・充実度をメインに楽しめるライフスタイルスポーツなのがいい。

気分転換になる
日常にあるストレスを忘れ、自分のペースでその日の気分や体調に合わせて、好きなだけ気持ちよく汗をかける。

罪悪感なく食べられる
長い距離を走る有酸素運動は消費カロリーが高いため、ためらいなくカロリーを摂取できるのが嬉しい。
週末、昼からお酒を飲みたい時は、まず10キロラン。

つまり、罪悪感なく昼飲みが出来る

体重計に乗るのが楽しくなる
最初はそうだったが。今は体重が安定してきたので、確認する程度。
楽しみは余り無いかな。

スタイルが良くなり洋服選びが楽しくなる
新陳代謝が高まり、脂肪が減り、引き締まった身体を手に入れることで、服装に気を使うようになった。

以前は選ぶことのなかったタイトスリムのジーンズも普通に着ている。

同じ趣味を持った仲間や友達が増える
もともとの趣味友が、そろってマラソンを始めた。

新たに増えた友達はまだいない。

でも、友立ちは、確かに交友関係の輪を広げている。

SNSなどでシェアしたくなる
たしかにフェイスブックでシェアしてます。

話のネタになる
最近は、以外にジョギングしてる人が多いような。取引先でも、おや貴方も走っているんですか、ってことがよくある。

羨ましがられる
その歳で走っているんですか、とおどろかれ、体型を羨ましがられる。

生活にリズムができる
週一ランナーなので、まだそこまでは感じない。


非日常的に得られること

知らない道や街を知れる
車や電車で少しはなれた場所に移動し、走ると面白いものが以外に沢山発見できる。デジカメかスマホは必需品。

他の趣味に比べて手軽に始められる
そのように感じるが、最初の一歩までが遠い。

独りになれる
仕事も家庭も忘れて一人の時間に没頭できる貴重な時間を持つことができる。

好きな音楽を楽しめる
私達はこれは反対です。
危険に感じます。
むしろ、風景の移り変わりをその場の音と一生懸命楽しみたい。

リズムが身体に入ってきやすくなる
ジョギングしながら音楽を聴かないので分かりません。

普段は身につけないランニングファッションを楽しめる
モチベーションアップのためにも、派手なファッションで走るのも良いですね。

旅ラン・出張ランができる

めっちゃ楽しいです。
タイムや距離、消費カロリーなんか樹にせず、寄り道しながら走りましょう。

ヒーロー/ヒロイン感を味わえる
大会に出場して沿道からの応援や仲間の声をもらえると格別な気分が味わえます。
沿道の方々と幾度となくハイタッチします。

心と身体に与えること

体重が減る
筋肉量が増えると代謝が良くなり、脂肪をさらに燃焼しやすい身体になります。適切なランニングは、とても健康的なダイエット方法です。

食事が美味しくなる
運動後の食事がこんなに美味しかったんだと気がつきます。しっかり運動して気兼ねなく食事を楽しめます。

新しい自分を発見できる

嫌なことを忘れてポジティブになれる

マラソンを完走することによって、経験したことのない達成感をえられ、気持ちがポジティブになります。

理屈を抜きにして汗をかくとスカッとします。

走ると交感神経が活性化され、気持ちも前向きになるそうです。

人に優しくなる
走るようになってからなのか、気持ちにゆとりが出来たように感じます。

心と身体のバランスが保てるようになって、「表情が穏やかになった」と言われる人もいるそうです。

その他、私は感じないのですが、次のような意見もあります。

肌がキレイになり若々しくいられる

化粧のノリが良くなる

免疫力が上がって健康になれる

これだけ多くの楽しみがあることが、ジョギングがライフスタイルスポーツと言われるところなのかもしれませんね。

 

私は遠距離通勤のため、ジョギングは週1回。

ハーフマラソンの距離を自力で移動するのが精一杯。

でも、サラリーマンを卒業したら、フルマラソンを走ってみたいと考える今日この頃です。