ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

トマト酢で健康な体を手に入れよう ~トマトとお酢の効果、美容にもダイエットにも最適、飲むだけの健康法

今、トマト酢が注目されている

f:id:masaogasan:20190605150035j:plain



 

トマト酢が流行っている 

突然、情報が入った。

 

f:id:masaogasan:20190429101035j:plain さきです。
「トマト酢って知ってる?」

 聞いてみると、トマトジュースに玄米黒酢を入れて飲むと、ダイエットにも美容にも良いし、ゆっくり眠れるという。

 

「私は飲み始めて2日目から効果が実感できたよ、早くググって調べなさい」

 

ちょっと待て。

私だって毎朝カゴメの野菜ジュースに玄米黒酢を入れて飲んでいるし、夜は酢納豆を毎日食べている。

何をいまさら、なのである。

 

「トマト、トマトが良いのよ、リコピンよ!」

 

トマト酢には優れた効果があることは旧知の事実である。

トマト酢を飲む事で、綺麗肌や健康効果が手に入るのだそうだ。

トマトには抗酸化作用の期待できるリコピンが含まれており、お酢には血液サラサラ効果が期待でるのだとか。

この2つを併せたトマト酢を飲んで、血液サラサラで健康的な体と、スリムなプロポーションを手に入れられるかも。

 

私の場合、疲労回復を目的に酢を摂取している。

学生時代、卒業研究で食酢を作っている大手メーカーの研究員の方と一緒になったことがあった。

彼曰く、酢は万能食品であり、疲労回復、健康増進、美容、そして癌にも有効だと言っていた(彼は食酢の制癌作用について研究していた)。

そして、毎食多量の酢を食品にかけて食べていた。

彼の強烈なイメージがいまだに強く脳細胞にインプットされているため、

  • 肉体疲労に食酢
  • 美容と健康に食酢
  • 病気になったら食酢

という固定観念が出来上がったのだ。

 

だから、いまさら何を騒いでいる、という感じなのだ。

 

「バカね、何にでも酢をかければ良いってもんじゃないの、

トマトとお酢の愛称が抜群なのよ」

 

 トマト酢の優れた健康効果

 冷え改善効果

お酢に含まれている酢酸には、血管拡張効果が。

これにより血液改善ができ、冷え症状を緩和できます。

冷えを改善すると「睡眠に入りやすい」、「代謝改善」、「むくみ予防」といった効果が。

 疲労回復効果

お酢には酢酸、トマトにはクエン酸が含まれています。これらには、「疲労物質」と呼ばれている乳酸を、分解・代謝する働きがあります。

仕事で疲れて家に帰り、ベッドに倒れこみ泥のように眠っても、朝起疲れが抜けていない。

よくあることです。

しかし、トマト酢で効果的に疲労回復する事で、毎日元気に過ごす事ができるでしょう。

 

「私は飲み始めてから二日目の朝から効果実感、目覚め爽快疲れ知らずよ」

 

むくみ予防効果

むくみの原因は、体の中に溜まってしまった余分な水分や、塩分、糖分。

トマトに含まれるカリウムには、その塩分を排出する働きが。

「朝起きるといつも顔がむくんでいる」、「肌の弾力がぶよぶよしていている」と感じたならば、トマト酢。

トマトのカリウムが塩分の排出に役立って、体内の水分量を一定に保ち、むくみにくい体へ。

 

「でも、カリウムのせいかしら、夜中に2回もトイレに起きたわ」

 

ダイエット効果

トマトに含まれているリコピンには優れた抗酸化作用が。

血中悪玉コレステロールを排除します。

血中悪玉コレステロールが排除されると、血流促進効果が期待でき、それによって新陳代謝を活発化させる事ができます。

新陳代謝が良くなれば摂取した脂肪の吸収抑制・脂肪燃焼効果も。

更にお酢に含まれるアミノ酸には、新陳代謝を活発化させる効果と、脂肪分解酵素であるリパーゼ活性化効果も。

 

「それに、あなたみたいなシニアにもばっちりの効果よ!」

 

アンチエイジング効果

トマトに含まれているリコピンの他、ビタミンC等の栄養素による抗酸化作用により、アンチエイジング効果が。

抗酸化作用により、老化の要因である活性酸素を除去し、若々しく美しい肌が。

 

高血圧予防効果

お酢に含まれている酢酸には、血管拡張効果が。

これにより血液の流れが血管の壁へかける負担が減り、高血圧の改善効果が。

更にトマト酢には血中脂肪、コレステロール増加を防ぐ効果もあるので、血栓が出来た場合の血液詰まり、血流悪化を予防。

 

安眠効果

お酢の中でも「黒酢」に含まれるグリシンというアミノ酸には、安眠効果が。

グリシンとは私達の体内で合成できる非必須アミノ酸の1つであり、グリシンを摂取する事で、深部体温が緩やかに低下します。

これはと睡眠と深い繋がりがあり、深部体温が高いままではいくら体が疲れていても睡眠へ導入する事は難しいのです。

黒酢入りのトマト酢によりグリシンを摂取する事で、手足から熱放射をし、穏やかな眠りにつく事が出来るのです。

 

トマト酢の作り方と1日の目安

材料

トマトジュース 150ml

黑酢 大さじ1杯

作り方

コップにトマトジュースとお酢を入れ、混ぜるだけ。

無塩トマトジュースがおすすめ。 

 

ミツカン 純玄米酢 500ml

ミツカン 純玄米酢 500ml

 

1日の目安

1日に1~2杯。

お酢を使ってるので適量に抑えておきましょう。

 

飲むタイミング

飲む場合には、胃壁になるべく負担を与えないために「食後」に。

 

まとめ

f:id:masaogasan:20190429101035j:plain

おわかり?

野菜ジュースじゃなくてトマトジュース。

朝食か夕食の後に飲むのがお勧め。

両方でも良いわよ

 

学生時代みたいに、何にでもかけて大量摂取てのはおやめなさい

ほんとに朝の目覚めがすっきり、頭も爽快よ。

なんだかお肌も調子が良いわ。

皆さんも試してね。