ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

イヤーワーム ==頭の中で音楽が繰り返し流れて止まらない===

頭の中を、とある曲の一部分が繰り返し繰り返し流れることがありませんか?

f:id:masaogasan:20190609112856j:plain

 

好きな曲の場合は、逆に鼻歌交じりで作業がはかどることもありますが、どうしてこんな曲が?

ていう時もありますよね。

頭の中から消したくても消せない。

この現象って、一体何なのでしょう。

 

イヤーワームとは

イヤーワーム:歌または音楽の一部分が心の中で強迫的に反復される、俗にいう「音楽が頭にこびりついて離れない」現象である。

 

イヤーワームという語はドイツ語の 'Ohrwurm' からの翻訳借用。

2001年、シンシナティ大学のマーケティング研究者ジェイムズ・ケラリスとダニエル・レビティンによって世に広められた。

ケラリスの調査によれば、98%の人はイヤーワームを経験する。

性差では、男女とも同等の頻度でこの現象を経験するが、女性の方がより長い時間イヤーワームが継続し、男性よりも不快感が大きくなる傾向がある。

 

強迫性障害の人々は、イヤーワームによる問題を多く訴える傾向にあり、場合によっては、強迫性障害に対する投薬治療でこの影響を緩和できるとされる。

 

                      ウィキペディアより抜粋

 

イヤーワーム現象とは”頭の中で音楽が鳴り続ける現象”のことをいいます。
現代になって急に現れた現象ではなく、昔から知られている現象で、小説家もこの現象を取り上げています。

SF作家のアーサー・C・クラークの「究極の旋律(原題:The Ultimate Melody)」は、この現象のSF的な説明を示しています。

 

分かっていること

  • ”若い”、”女性”、”日常的に音楽を聞いている”これらを満たしている人に起こりやすい
  • イヤーワームはどんなジャンルの音楽でも起こる
  • イヤーワームのきっかけとなるのは、古い曲よりも現在の曲が多い


イヤーワームの原因

 イヤーワームは無意識のうちに、何の前触れもなくいきなり起こります。

次のような人に起こりやすいと言われています。


不安を感じやすい(強迫神経症)

何か特別な自分の儀式を持っている人。

例えば、
・自宅のドアのカギが閉まっているかどうかを何度も確認してしまう
・ガスの元栓が閉まっているかどうかを何度も確認してしまう

 

音楽に触れる回数が多い

音楽を聞く頻度が高い人ほどイヤーワーム現象を起こしやすいということです。

 

頭の回転が早い

こちらは割と抽象的な原因になるのですが、頭の回転が早い人はイヤーワーム現象が起こりやすい傾向があります。

イヤーワーム現象がよく起こる人は、実は頭がいい人かも…!?

  

イヤーワームを止めるには

要は、意識を何かに向けさせればいいのです。

  • 他の曲を聴く(強制的に他の音楽で上書きする)
  • 疲れるまでリピートさせる(脳を疲れさせる)

こちらは強制的に他の音楽で上書きする方法ですね。

 

そんな悠長なことはしていられない、という人は

  • ガムを噛むのが効果的(意識を何かに向けさせる)


まとめ

日常的に感じている”頭の中で音楽が鳴り続ける現象”は昔から知られており、イヤーワーム現象と呼ばれています。

アンケートによると、ヤーワーム曲は非イヤーワーム曲に比べてテンポ(速度)が速い傾向にあった そうです。

 

また、音楽により多く触れている生活を送っているプロのミュージシャンのような人ほどイヤーワームが多く起きることがわかっています。

 

イヤーワームが頻繁に起こるあなたは、もしかしたらミュージシャンの才能が隠れているのかもしれません。

 

 

逆転の発想として、中にはこの現象を楽しんでいる人もいるとか。