ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

今週のお題「お父さん」  チコちゃん、お父さんへプリンをお願い

f:id:masaogasan:20190615140620j:plain

今週のお題「おとうさん」

 

NHK「チコちゃんに叱られる」2019年6月15日

「ねえねえフジモン~、なんでプリンは3個で売ってるの?」

「パパ、ママ、子供で3っつかなぁ」

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

「プリンが3個で売っているのは、お父さんの分がないからぁ~」

 

プリンは3個で売る意味があるのです。

 

カッププリンが売り出されたのは1970年代。

モーレツ社員と呼ばれるお父さんたちが出現し、夜遅くまで働いていた。

当時の平均的家族構成は、夫婦に子供2人の4人家族。

家庭にはお母さんと子供2人。

おやつの時間にプリンは3個。

だからプリンは3個パック。

 

でもね、お父さんだってプリンを食べたかった。

 

毎日毎日頑張って夜遅くまで働いて、くたくたになって帰ってくる。

癒してくれるのは、かわいい子供たちの寝顔なんだ。

その寝顔にパワーをもらって、次の朝満員電車に揺られて出勤する。

さすがに日曜日は疲れて一日中布団の中。

(まだ1970年代は週休2日は一般的ではなかった。昭和のお父さんは頑張っていたんだ。)

でもさ、おやつの時間には家族で一緒にプリンを食べたかったんだ。

 

今でもカッププリンは3個パック。

 

子供たちも独立して、家庭をもって孫もできた。

楽しい家庭を築いているようだ。

働き方も大きく変わり、土曜日、日曜日すでに休みになった。

週休2日というやつだ。

(学校が週休2日になったのは2000年に入ってから。1980年代から週休2日を導入する企業が増え始め、官公庁が導入したのは1992年 平成になってから)

子供たちも孫と一緒に過ごす時間は十分にあるらしい。

 

働き方も大きく変わった。

残業50時間なんか当たり前だった、昔みたいなモーレツ社員は少なくなった。

むしろ、効率の悪い奴とみられるような時代だ。

残業が多い企業はブラック企業と呼ばれてしまう。

 

家庭はお母さんと2人になった。

週末はお互い自由に過ごしている。

よくできた子供たちで、誕生日と父の日には必ずプレゼントが届く。

お父さんは巣立った子供の部屋で、好きなカメラの手入れをし、ゆっくり本を読んでいる。

午後はカメラを片手に近所を散歩。

喫茶店に寄り道をすることもある。

コーヒーと、スイーツをゆっくり楽しむ。

 

お父さんだって甘いものは好きだ。

プリンだって。

あの頃、家族みんなでプリンを笑って食べておきたかったなぁ。

チコちゃん、4個パックのプリンを作ってよ。

そしてお父さんへ届けてよ。

 

                   フィクションです。