ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

私の読書術 ~本が速く読めるようになった 最近おきた変化について

 

 

1冊の本を読み切る時間

皆さんは1冊の本を読み切るのにどのくらい時間をかけますか?

 

写真の本、みな200ページほどです。

以前の私でしたら読み切るのに2時間以上は必要でした。

 

本を読むスピード、ネットで調べてみましたが、10人10色。

40分ほどで読んでしまう人もいれば、5時間かかる人も。

平均すると200ページの本を読み切るのに必要な時間は2時間前後でしょうか。

 

ということは、私も平均的な速度で読書をしていたことになります。

 

読書スピードが速くなった

最近、読書スピードが目に見えて上がってきました

というよりは、突然早くなりました

上記の3冊の本ですが、読み終えるのに1時間はかからなくなってきたのです。

意識して速読の訓練をしたり、早く読もうと思ったわけではありません。

本当に突然に、です。

 

私は昔から読書好きで、趣味の一つは読書と答えています。

現在は遠距離通勤ということもあり、往復で2時間以上の読書時間が確保できるようになりました。

月平均、単行本や文庫本を10冊~15冊ほどは読むでしょうか。

ジャンルも様々です。

 

通勤時間は片道2時間+α(帰りはバスの待ち時間が不規則)

高速バスに乗り1時間。

徒歩、電車、自転車で1時間。

往復の2時間のバス乗車時間と、昼休みの30分が読書タイムとなります。

 

ただし、朝は始めに日経新聞をざっと斜め読みで20分

斜め読みと言いますか・・・

日経新聞は1行11文字、これを横に流すような感じで読んで、必要な部分、興味ある部分があると、その箇所だけ慎重に、という感じです。

 

遠距離通勤になって2年、ずっとこのパターンを続けてきました。

 

最近、この習慣が、2週間ほど中断しました。

むち打ち症で、首が痛くて休んだり、またバスの中で本が読めなくなったのです。

 

そして、症状がある程度改善し、本を読んだところ、奇妙な現象が起こりました・・・。

 

読んだ本は、

「自分のことだけ考える」堀江貴文

200ページほどの本で、読まれた方も多いと思います。

 

ある日突然、驚く変化が

奇妙な現象とは・・・

 

いままで、本を読むときは1文字1文字、上から下に流すように読んでいました。

それが何故か、目が行の文字をブロックごとに追っているのです。

10文字前後の文字を、それこそ写真を写すように。

 

あれ、あれ、あれという感じで目が勝手に文字をとらえて行く

最初はそのスピードに頭が追い付いて行かない。

よほど集中しないと、目だけが勝手に文字を先に追って行ってしまう。

そんな感じでした。

 

本を読み終えるのに40分前後。

感覚的にはあっという間でした。

 

さらに2,3冊読み込むうちに、やっと頭が目が文字を追うスピードに慣れてきました。

 

それから3週間ほど。

先に写真で紹介した本は、読み切るのに30分から40分でした。

 

読書スピードが速くなったわけを考えてみた

なぜこうなったのでしょうか。

 

自分なりに考えてみると、新聞の流し読みが役立ったのではないかと考えています。

2年ほど、バスの中で新聞を流し読みしていたことが、本を読むスピードに応用されたのではないかと。

 

今では、自分に必要な情報を得るために読む本は、裏表紙にポストイットを貼り付け、必要と思われる部分に貼って読み進んでいます。

読み終わってから、再度付箋を貼った部分を読み返す(時間的に10分もかけていない)

というパターンです。

 

まだ、小説は読んでいないので、この場合はどうなるのか楽しみです。

 

60歳になって自分に起こった変化、少し驚いています。

歳をとってもこんなことが起きるのですねぇ。