ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

【梅干し】我が家の梅干しは最高

 梅干しの季節

毎年、梅雨明けの季節になると、我が家の80歳を過ぎた母親は、小田原から梅を取り寄せ、梅干しを漬けるのです。

使用するのは、

  • 小田原産 生梅
  • シソの葉

この時期、家じゅうに梅干しの酸っぱい香りが充満します。

でも、心地よい香りです。

 

子供のころから親しんでいる味。

他の梅干しは食べることが出来ません。

 

梅干しの効果

昔から、

「梅干し一粒で医者いらず」

と言われるほど、梅干しには様々な効果があるのです。

・ミカンやリンゴより豊富なミネラル、カルシウムはリンゴの4倍、鉄は6倍 ...

・疲労回復効果 老廃物が溜まるのを抑える ...

・唾液の分泌を促進させて食欲増進 ...

・食事バランスを整える代表的なアルカリ性食品 牛肉100gに対し、梅干したった5gでOK! ...

・梅はカルシウムや鉄の吸収を促す ...

・肝機能を強化し血流を改善 血液がサラサラに。

 梅干しの塩分について

梅干し一粒に含まれる食塩は2g前後。

 

最近では減塩タイプの梅干しが好まれるようになり、10%前後の梅干しが主流になっていますので、含まれる塩分量は1g前後。

 

1日1個の梅干しなら、毎日食べても全く問題ありません。

ただ食べすぎは禁物です。

 

我が家の梅干しは、昔ながらのしょっぱくて酸っぱい梅干しです。

ですので、減塩タイプの梅干しは、どうも口に合いません

梅干しの保存期間

梅干しも20%近くの塩分量があるため、古くから保存食として用いられてきました。

昔ながらの梅干しは、腐ることは無く賞味期限もありません。

ただ、最近の減塩タイプ梅干しには塩分を控えるために調味料が添加されている場合があり、その場合は腐ることはあります。

 

我が家には、2年物の梅干しもあります。

ですが、それ以上古いものは食べてしまうのでありません。

我が家の梅干しは最高

私は、お酒が大好きで、おつまみの「冷ややっこ」には梅干し。

焼酎にも梅干しです。

焼酎のお湯割りを居酒屋で頼み、梅干しを入れると、どうしても

「?????」

なんとなく、梅以外にいろいろな味が混ざっている。

 

焼酎にはやっぱり我が家の梅干しが一番よく似合う。