ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

小雨の中、ヨーロピアンを真似して傘をささずに歩いてみたら・・・

f:id:masaogasan:20190814105507j:plain

 

傘をささずに歩いてみた

先日、東京に散歩に出たんです。

池尻大橋でバスを下りて、第一の目的地、代官山蔦屋書店に向かって歩き始めたところ、小雨が降り出した。

傘を持っていなかったので、コンビニでビニール傘を買おうと思ったのですが、雨はすぐに止みそうなので、我慢して歩くことにしました。

 

このあたりは外国人も多いのですが、彼らはラフなスタイルで普通に傘もささずに歩いている(休日だからね)。

 

そういえば、傘を持つのは日本人だけと聞いたことがありませんか?

ヨーロピアンは傘をめったにささないとか。

 

そこで、ヨーロピアンを気取ってそのまま歩き続けたのですが・・・

傘をささずに後悔した

なぜヨーロピアンは傘をささないのでしょうか?

私はやっぱり傘をさしたい。

 

だって・・・

  • 眼鏡が水滴に濡れ、視界が悪くなる。帽子を被ってこなかったことを後悔しました。
  • 服が濡れて(当たり前だ)夏の高温多湿のせいで余計に暑く感じる。
  • ジーンズやシャツが肌に張り付くような感覚になり、気持ち悪い。
  • そして何より、本屋に入ったら、冷房がガンガンに利いていて、濡れた衣服のせいで体が冷える。

 

やっぱり日本では、雨の日に傘をささないなんて考えられないな。

 

本屋の中にあるスターバックスで雨宿りをしながら外を眺めていました。

雨は小降り。

 

傘をさしていない人は・・・・

7割くらいかな。

少しびっくり。

休日で皆ラフなスタイルということもあるのでしょうが・・・

 

外国人は、ラフなスタイルで平然と犬を連れたりして歩いています。

意外と日本人も傘をさしていない人が多いなぁ。

不意の雨、っていうこともあったからかなぁ。

海外で雨に降られた思い出

そんなことを思いながら、海外で雨に降られた時を思い出していた。

◇シンガポール

シンガポールに雨季に行ったことがあった。

 

いきなりのスコールで、慌ててデパートに飛び込んで傘を買った。

でも、スコールには傘は役に立たない。

もちろん外を歩いている人もほとんどいなかった。

皆、どこかに非難しているようだ。

ほどなくスコールが上がると、また通りには人々が。

 

◇オランダ

オランダでは夜に雨に遭遇した。

ロッテルダムから電車で30分ほどの田舎町。

駅を下りて、ホテル(民宿)までどうやって行こうかなと考えながら、周りを見回していたら、みな、アノラックのフードを被ったりして自転車に乗ってどこかに消えていった。

やはり傘をさしている人はいなかったなぁ。

 

ヨーロピアンが傘をささない理由

ヨーロッパの雨は長く降らない。

だから、突然の雨には上着のフードを被るだけ。

 

服が濡れるじゃないかと聞くと

「スグに乾くさ」

だって。

 

f:id:masaogasan:20190814105504j:plain

それに、皆ラフなスタイルで自転車で出勤している。

日本人みたいにスーツで出勤している人はほとんど見かけなかった。

アムステルダムのオフィスワーカーだって皆ラフなスタイル。

 

濡れても気にしないスタイルなんだな。

 

気候も日本より乾燥しているし。

 

ヨーロピアンは日本人よりも合理的な考え方をもっているのかな。

それに、余裕をもって生活している。

 

日本人は全てにおいて、規格を重んじで、かえって堅苦しく非効率的な生活をしているのかもしれない。

 

もっと考え方にゆとりをもって生活する必要にあるのかな。

 

でも、日本の気候だとやっぱり傘は必要だよ。

 

小雨の降る東京でそんなことを考えていた。