ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

【我が家のワンコ】犬は家族、でもお父さんは大変

 我が家のワンコ

我が家にワンコ(ロングコートチワワ)がやってきて8年が経過しました。

連れてきたのは(買ってきたのは)妻と長女。

2人ともワンコに触ることも出来なかった動物嫌いだったので以外でした。

今ではワンコは大事な家族。

お父さんよりも大事な存在となっています。

 

*ワンコは犬という意味で、名前ではありません。

 

私は動物好きで、ワンコ大歓迎でした。

晩酌の相手にしようと1人目論んでいたのですが・・・

 

ワンコの食事

勝手にワンコに食べ物を与えようもんなら、妻と娘から罵声を浴びてしまいます。

 

お菓子なんてあげようもんなら、

「うちの子殺すつもりなの!」

と怒られてしまうのです。

 

ワンコの食事は朝夕2回のドッグフード。

 

与えても良いその他の食物は、しっかりと冷蔵庫の扉に貼ってあります。

しかもグラム単位で数量も。

 

その中には、味噌や玉ねぎ、油揚げ、ネギなどは入っていません。

ブドウも牛乳もNG.

 

愛犬家にとっては当たり前の事なのでしょうが・・・

 

以前の趣味友の飲み会で、このことを言ったら、

「当たり前でしょ、ワンコの親ならあなたもしっかり調べなさい」

と20歳も年下の女性に怒られてしまいました。

さらに、

「私のワンコ(パピヨン)もお父さんに殺されたのよ」

うわっ、いきなり物騒な発言

「引っ越したマンションで犬が飼えないから実家に預けたら、あれほど注意したのにお父さんはお酒飲むときにつまみをあげてたの、だからお父さんが殺したのよ」

でも、亡くなられたパピヨンちゃんは17歳だったとか。

その後延々と怒られておりました。

 

でも、昔、私が子供のころはワンコは家庭の残り物を食べていたような気がする。

冷ごはんに味噌汁の残りや煮物の残りをかけて、アルマイトのでこぼこの食器であげていたよな。

もちろん子供たちは駄菓子を与えていたし。

そう、今はNGの牛乳も与えていたよ。

ドッグフードなんて無かったし。

f:id:masaogasan:20190815162214j:plain



絶対に犬に食べさせてはいけない食べ物

私たち人間が普段から食べている食べ物でも、犬にとっては命に関わるものがあります。

一般的には「ぶどう・レーズン」「チョコレート」「玉ねぎ」「香辛料」などがよく知られている食べ物です。

  ・ぶどう・レーズン
  ・チョコレート
  ・玉ねぎ
  ・香辛料
  ・レモン
  ・ネギ
  ・にんにく
  ・豆類:ピーナッツ(落花生)、アーモンド、大豆、ピスタチオといった豆(ナッツ)類魚介・海藻類
  ・コーヒー、緑茶、紅茶、ウーロン茶
   ◆カフェイン
   ◆シュウ酸
   ◆緑茶ポリフェノール
  ・ビールなどのアルコール
  ・生卵
  ・こんにゃく

犬に食べさせていいもの

犬によってはアレルギーを起こしたり、過剰摂取により、体調が悪くなる場合があるので、少しずつ様子を見ながら与える必要があります。

f:id:masaogasan:20190815162209j:plain

果物

  ・バナナ

  ・みかん

  ・いちご

  ・りんご

  ・メロン

  ・キウイ

  ・パイナップル

  ・ブルーベリー

  ・柿

  ・梨

野菜

  ・トマト

  ・レタス

  ・セロリ

  ・パセリ

  ・もやし

  ・ごぼう

  ・きゅうり

  ・キャベツ

  ・レンコン

  ・ピーマン

  ・パプリカ

  ・さつまいも

  ・じゃがいも

  ・ブロッコリー

  ・里芋

  ・大根

  ・栗

  ・肉類:肉類を食べさせる時には、生ではなく加熱してから与えるようにしましょう。

  ・ヨーグルト

  ・チーズ

  ・豆乳

  ・麦茶

  ・スポーツドリンク

  ・豆腐

  ・納豆

【注意点】

・アレルギーを確認する

・多量摂取させない

 

難しい。

でも、昔の犬って食べちゃいけないもの食べてたよ。

 

狩猟をやっていて、猟犬を沢山飼っていた親戚のオジサンは、生肉を与えていたような気がする。

 

いつからこうなったのかな。

 

ワンコの寿命

ワンコの平均寿命は、昭和58年で7.5歳、現在は倍の14.17歳にまで伸びているそうです。

背景としては

  • 食事
  • 医療の充実

食事での大きな変化はドッグフードの登場。

昭和62年の時点でドックフードの定着率は20.9%、以降、急激に普及して現代では90%を超えているそうです。

 

なるほどね。

 

そして医療機関の充実。

我が家のワンコも掛りつけのお医者さんがいます。

f:id:masaogasan:20190815162211j:plain


さらに、座敷でワンコを飼うようになり、飼い主がワンコの健康状態を常に観察できるようになったことも大きな要因だそうです。

 

我が家では、夜中でもワンコの調子が悪いとなると妻が病院に連れて行きます。

 

お父さんの愚痴

でもね、私が具合悪くなっても誰も分からないんです。

「調子悪い」

といっても、

「薬飲めば」

で終わりです。

 

さらに

「地震が来たら私ワンコ抱いて逃げるから、あなたは勝手に逃げて」

とまで言われています。

 

まあ、私も妻よりワンコのほうが可愛いですけどね。