ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

ため息は心が疲れているサイン、早めに心の疲れを回復させましょう

f:id:masaogasan:20190825134827j:plain

 心が疲れた時のサイン

「はぁーっ」

 

ため息しか出ないときってありませんか?

 

ぼーっと外を眺めてまたため息。

動きたいんだけど動けない。

やろうとしていることがあるのだけど動こうとしない。

ただ時間だけが過ぎて行く。

結局お酒を飲みながら取りだめた番組をだらだら見ることになってしまう。

本当は今日別にやりたいことあったんだけど、まあいいか・・・。

 

こんな週末が何度となく繰り返されていくと危険です。

 

なんだか気持ちが疲れているんだよなぁ

 

気持ちが疲れている?

 

ネットで調べると「うつ」と出てきます。

でも、これって本当に「うつ」?

 

やりたいことがあるのに動けない、頑張りたいのに頑張れない。そんな時ありませんか?

あれもこれも、やりたいことはたくさんあるのに、出るのはため息ばかり。

どうしてもっと頑張れないんだろう?

なんだか心が疲れているなぁ、と思う事ってありませんか。

特に、暑さが続き夏バテしやすくなる季節には体のだるさと共に心の疲労感を感じる人が増えるのだそうです。

休息を求めている心のためには「心の回復時間」が必要です。

f:id:masaogasan:20190825134829j:plain

心の疲れ度をチェックしてみよう

以下は心が疲れている時に起きやすい症状と言われています。

1つでも当てはまると感じたら、心の疲れを疑ってみて。

  • 気分が沈みがちで憂鬱なことが多い
  • ついイライラしてしまう
  • 寝つきが悪い、途中で目が覚める
  • 朝早くに目が覚めてしまう、逆に朝起きることができない
  • 食欲異常(食欲がわかない or 食欲過多)
  • 不安な気持ちが強くなる
  • ソワソワと落ち着かない気持ちになる
  • 頭痛がしたり動悸がする

心の疲れは「うつ」につながる場合があります。

リフレッシュして、楽しい毎日を送れるようにするポイントをご紹介しましょう。

 

心の疲れを回復させる3つの方法

まずは、心の疲労と肉体的な疲労の違いを理解しましょう。

 

心の疲労は目には見えないのでわかりにくいものです。

気付いた時にはかなり深刻な状況なんてこともあるので注意が必要です。

 

◇肉体的疲労の特徴

  • 身体が重く感じることで、気持ちまで重くなっていく
  • 休息をとれば、体内の老廃物が排出されて回復する
  • 肉体的に疲労しているので、運動をすると余計に疲れる場合がある
  • 身体に無理な負荷を掛け続けて疲労が溜まる
  • 休息することで数日で回復することができる

◇心の疲労の特徴

  • 朝、目覚めた時から辛い気持ちになる
  • 吐き気や目まいなど身体にも影響してくる
  • 休息をとっても、疲れがとれた感じがしない
  • 身体を動かすと、疲労感が軽くなる
  • 何が原因かは個人差があるので特定が難しい
  • 日にちの経過と共に慢性化しやすい
  • 気付かないうちに疲労が溜まっていく
  • 自覚し難く無理して頑張ろうとしてしまう

 肉体と心は同じ身体の中にあるので、

心の疲れは同時に肉体的な疲れとして出ますし、

肉体的な疲れは心の疲れへと発展していきます。

 

心の疲労を回復させるには

肉体的な部分に働き掛けると心も回復させられます。

肉体的な部分に働き掛けるために大切なのは、

◇あなた自身が何をすれば嬉しいと感じるか

 1、運動が最も簡単で効果的な回復法

体を動かすことが、心が疲れた時は非常に効果的です。

なぜなら、

心を安定させるセロトニンを分泌するからです。

 

ウォーキング、ランニングやストレッチを日常的に取り入れることで、

ストレスを解消だけじゃなく心を安定する効果もあります。

 

運動をした後は何だかスカッとした気分になりますよね。

運動をする前とした後では心の状態は明らかに変わり、前向きな気持ちになれます。

 

f:id:masaogasan:20190825134825j:plain

2、ワクワクすることを思いっきり楽しむ

心の疲れた状態を回復させていくには、感じ方を変えてみるという方法もあります。

  

好きなことをすると楽しいので自然と元気になれますね。

仕事の嫌なことはあっという間に忘れることができます。

 

野山に出向いたり、音楽を聞いたり、美味しいものを食べたり・・・

 

この「忘れる」ことと「楽しむ」ことが大切なのです。

 

仕事が終わった後に楽しみを用意してみることが効果的。

 

日常のちょっとした工夫で乗り切ることができます。

 

3、しっかり眠る

睡眠には心がスッキリする効果があります。

これは科学的にも証明されていることなのです。

理想としては7~8時間の睡眠をとることです。

 

眠る前に、軽いストレッチをしたりゆっくりお風呂に入ったりすると効果的。

スマホを眺めたりすることはお進めできません。

 

また、仕事の昼休憩の時間を利用して、短時間の昼寝をすることも効果的であることが分かっています。

5分程度の昼寝でも、脳をリセットするので心の回復には効果的なのです。

 

4、しっかり食べる

食事はただ好きな物を食べるだけではいけません。

 

食事は食べると言っても栄養を考える必要があります。

例えばジャンクフードばかり食べてると疲労は溜まり、

継続して食べることで身体にも心にも悪くなります。

 

食事における基本は5大栄養素である、

  • タンパク質
  • 脂質
  • 炭水化物
  • ミネラル
  • ビタミン

 

脂質を抑えて、これらを意識的に摂ることです。

 

ビタミンB1やビタミンCが不足すると疲労しやすく、

ビタミンAは目の疲労、ビタミンEは血行改善があります。

  

まとめ

毎日楽しく過ごすために、心の疲れは早めに回復させましょう。

 

心が疲れてしまうと、やる気が無くなり、行動するのが億劫になってしまいます。

心の疲れを蓄積させないように、日頃の生活の中から疲労回復の方法を見つけてみましょう。

 

毎日を楽しく過ごすために。