ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

風雨にさらされ、ひっそりとたたずむ錆びついた機械

f:id:masaogasan:20190907155942j:plain


散歩コースの途中、クレーンやブルドーザーなどの重機が停められている場所がります。

 

その片隅に、真っ赤に錆びついてしまい、ひっそりとたたずんでいる機械が。

 

コンクリートの分厚い土台に設置されているので、おそらく昔はここは工場だったのでしょう。

外側の建築物は取り残され、分厚いコンクリートの土台とそこに設置された機械は、撤去に手間がかかるため、そのまま放置されてしまったと思われます。

f:id:masaogasan:20190907160532j:plain

何年も前は、ここにあっただろう工場の主役として活躍していたと想像されるこの機械。

役目を終えた後は、鉄材としてリサイクルされることもなく、今は風雨にさらされ朽ち果てて行くだけ。

 

現状を見ると、新たな生命が吹き込まれて再び活躍する機会がやってくることはもうないでしょう。

 

おそらくは、処理に困っている物と考えられます。

 

それでも、なぜか目が離せない。

独特の雰囲気を醸し出しているような気がするのは私だけでしょうか?

f:id:masaogasan:20190907155931j:plain

 

鉄はなぜ錆びるのか

鉄の原料である鉄鉱石は,主に鉄と酸素からなる化学的に安定した酸化物として自然界に存在しています。 

この鉄鉱石から酸素を分離してできた鉄は化学的には不安定で,温度と湿度の影響を受けて安定した元の酸化物に戻ろうとします。 

この酸化物が錆と呼ばれるもので。 鉄が錆びるには酸素と水の両方の存在が必要となります。

 

 

ある意味、この機械は昔の姿に戻ったのかもしれません。

 

www.enjoylife-masa.com