ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

雷 ~雷は四季の移り変わりを感じさせる自然現象

f:id:masaogasan:20190914213703j:plain

 雷は季節で異なるのです

9月に入り、ようやく初秋らしいさわやかさを感じる機会も多くなってきました。

 

とはいえ、今年の夏の猛暑は全国各地に豪雨被害をもたらし、記録だけでなく記憶にも残る夏になりました。

 

雷雨に遭遇する回数も記録的。

 

まるで熱帯雨林のジャングルにいるような雷雨。

急激に発達した積乱雲によって、雷鳴が轟き、大量の雨が降る。

 

こんな気象現象も、近年は夏場のよくある気象現象になってきたように感じます。

 

そんな雷ですが・・・

 

実りの秋、秋の雷は夏とか異なるということをご存知ですか?

 

稲妻、という言葉があります

雷と稲穂、どの様な関係があるのでしょうか。

 

秋にはまた夏とは違った雨や雷になってきます。

 

そうした違いから、歳時記では「雷」は夏の季語、「稲妻」は秋の季語とされています。

でも、同じ雷なのに、なぜ呼び方が違うのでしょうか?

 

“稲妻”と稲穂は関係あるのか?

 

そこで、「稲妻」に関して調べてみました。

「稲妻」の語源と稲作との関係とは?

「雷」と「稲妻」。

 

大きな違いは音。

 

「雷」……積乱雲の内部、または雲と地表で引き起こされる放電現象で、雷鳴を伴う。

 

「稲妻」とは雲の内部で起こる火花放電。

稲の実る頃に多く、雷鳴は聞こえません。

「稲光」とも言います。

例えるなら「雷は」ゴロゴロドッカーン!

うる星やつらのラムちゃんの雷。

 

「稲光」はピカピカ!
うる星やつらのじゃりてんの雷。

(少し古かったか)

 

音を伴うか伴わないかがわかりやすい違いなのですが、実はそれだけではありません。

稲が実る頃に「雷」が多いと豊作になる?

秋は稲穂が実る季節であり、一般的に稲刈りは9月から10月に行われます。
田んぼでは、多くは8月に「稲の花」が咲き、9月頃にかけて実をつけていきます。

そこで、稲にとって大事な実をつける時季に起こる雷は、昔から稲の豊作に関連があると言い伝えられてきました。

f:id:masaogasan:20190914213701p:plain

「稲の妻」と書くのはなぜ?

実は「稲妻」は「稲夫(いなずま)」が語源。

「夫」は古語で「つま」と呼び夫のことで、のちに読み方だけが残り「稲妻」になったと伝えられているのです。
つまり、「稲が実る頃の、夫の大事な役割」という意味があり、その時期「雷」が多いと豊作になるといわれてきました。

 

秋の夜空に音のない「稲妻」が見えたら、それは夏の終わりのサイン。

「夏が終わったよ、もう実りの秋だよ!」という自然のサインなのです。

「稲妻」だけじゃない四季それぞれの雷

◇春

春の雷の「春雷(しゅんらい)」は、冬眠していた虫が動き出すとされます。
春雷とは春の訪れを知らせる雷で、3月から5月くらいまでに発生する雷のことを言います。
冬の終わりを告げる雷でもあります。

立春を過ぎてから初めて鳴る雷を「初雷」とも言い、また、啓蟄の頃によく発生することから、春の訪れを虫たちに知らせ、虫たちを目覚めさせるものとして「虫出しの雷」という呼び方もされています。ています。 

 

春雷、とは単に「春に鳴る雷」のことを言うわけではなく、冬の終わりを告げ、春の訪れを知らせる雷を「春雷」と言うのですね。
一般的に雷というと夏場に発生する雷を思い、激しい雨と共に轟音が響く、ようなイメージを浮かべますが、春雷はそこまで激しくはなく、音も小さ目のケースが多いです。

 

◇冬

「冬季雷」とは?

「冬季雷(とうきらい)」とは、その名の通り冬に落ちる雷のことです。

冬に落ちてくる雷には、夏の雷とは違い、破壊力抜群なのです。

 

夏場の雷といえば、遠くからゴロゴロと聞こえる雷の落ちる音や、光ってから雷鳴が轟くまでの時間を利用すれば、雷雲がどのくらい近づいているのかよく分かりますよね。

 

よく、雷が光ってから「1,2,3」と数を数え、3以上なら大丈夫と子供のころ教えられたような記憶があります。

 

しかし、冬季雷はあろうことか音を立てずに近づいてくるのです。

 

というのも、冬場の雷雲には、夏場のようにたくさんの雷を放電するだけのパワーがないため、少しだけしか雷を落とせないのです。

 

そのため、何の前触れもなく急に一撃だけ落ちる、ということが起こりやすいのです。

 

また、冬場の雷雲は雪雲であることが多いので、降雪のためその姿を確認することが難しいという怖さもあります。

 

一撃の破壊力が強烈。

 

冬季雷は、夏場に比べて地面からの距離が近い雲から発せられるため、夏の雷のエネルギーに比べて100倍以上のエネルギーを持つことがあるのです。

 

雷の季語

俳句には季語というものがあるのは皆さんご存知ですよね。

季語は、四季折々の感じを表すための定められた語なのです。

 

「雷」は、夏の季語。
「雷鳴」「雷雨」「落雷」は夏の季語です。

ところが、「稲妻・稲光」は、秋の季語です。

「稲」は、秋の季語、したがって稲を実らせる「稲妻・稲光」も秋の季語となっています。

 

雷ひとつでも、季節によって様々な感じ方があるのですね。

ある意味、日本人の感性の豊かさを感じることができます。

 

でも、雷はやはりこわい。

出来れば避けて通りたいものです。