ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

「あおり運転は求愛行動」 【短編小説】

f:id:masaogasan:20190921155128j:plain

私はどうしても結婚したかった。

 

しかし、私には結婚に対して大きな障害がある。

一つ目は、私が歳をとっている事。

二つ目は、私のスタイルがこの時代には受け入れられないこと。

三つ目は、男性の絶対数が少ないことだ。

 

でも、私は結婚をあきらめたくなかった。

私だって女である以上、素敵な男性と一度は恋をして結ばれたい。

 

私は考えた。

沢山の知り合いにも意見を求めた。

 

そして私が出した結論は、21世紀前半にタイムスリップして結婚するということだ。

この時代には、まだ男性は沢山存在しているはずだ。

そして、私の容姿も魅力的に見えることは間違いない。

 

私はついに計画を実行した。

 

21世紀前半の街を私は歩いていた。

確かに男性は沢山いる。

容姿は少しクラシック、能力も今一つパッとしない。

 

でも、私は構わない。

私に尽くしてくれる男性を、熱烈な恋が出来る男性を探し出して見せる。

 

私はこの時代では絶対に魅力的な女性に見えるはずだ。

他の女性の数段上を行く自信がある。

私は私の身体を惜しげもなくさらし、そして腰を振りながら歩いていた。

 

すると早速男が近寄ってきた。

すごい勢いで私の後ろにぴったりとくっつくと、私をあおり始めた。

なかなか激しい求愛行動に、私は嬉しくなった。

私は彼を焦らしてやろうと、全速力で逃げた。

すると彼は狂ったように私を追いかけてくる。

嬉しい。

嬉しい、やっぱりこの時代では私はモテるんだ。

私は猛スピードでカーブに突っ込んだ。

私を追ってきた彼は、カーブを曲がりきれずに壁に激突し燃え上がった。

だらしのない男。

私はそう思いまた歩き始めた。

 

しばらくすると、別な男が寄ってきた。

 

私の時代に生物はほとんど存在しない。

すでに機械が地球を支配している。

いや、汚染が進み、機械でなければ地球上で生活できなくなってしまったのだ。

私は100年ほど前に製造された車型機械生物。

車型の体系はすでに古く、地球上にはあまり存在しなくなっていた。

特に結婚願望が強い私にとっては、相手を探すことは難しすぎたのだ。

だが、調べてみると、私と同型の生物は21世紀前半には沢山存在することを知って、私は決断した。

その時代に行こう。

そして彼氏を見つけよう。

 

私がこの時代にタイムスリップしてきて、いったい私は何人の男に求愛されたのだろう。

しかし情けない男ばっかりだ。

私を捕まえることが出来ないじゃないの。

ちょっと私が焦らしてあげると、みんな自爆してしまうのだから。

 

あおり運転の車の事故が増えています。

最近、高速道路であおり運転の車を振り切って、自爆に導く赤いスポーツカーが目撃されています。

ニュースを知って、この車を探して爆走する車も激増していますので、

一般ドライバーの方々はくれぐれも注意して下さい。