ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

秋分の富士山

二十四節季の秋分。

 

昼夜の長さが同じになり、これからは夜のほうが少しずつ長くなって行きます。

季節はすでに冬に向かっているのですね。

 

とはいえ、日中はまだまだ暑く、半袖のシャツをしまうことはできません。

田んぼでは稲刈りの真っ最中。

すでに稲刈りが終わった田んぼからは、もみ殻を焼く紫色の煙が立ち上っています。

これもこの季節の風物詩かな。

虫の音を聞きながら、晩酌できるのもあとどのくらい?

 

田んぼのあぜには赤い彼岸花が花を咲かせ、どこからか金木製の香りも。

サンマは不漁のようですが、戻りガツオもおいしい季節ですね。

 

食欲の秋も本番を迎えました。

 

常に持ち歩いているスマホは便利なもので、

「あっ、この風景」

という時にとても役立ちます。

夕方の富士山、くっきりと姿が見えるわけではないのですが、それはそれで美しい。

「おっ、ちょうど電車が」

若い頃は、富士山を気にすることは無かったのですが、なぜかシニアになると、その美しさに目が引かれてしまいます。

 

なぜなのだろう。