ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

お父さんだって恋愛したい 【短編小説】

f:id:masaogasan:20190923103204j:plain

お父さんは孤独だった。

 

子供たちはすでに成人して巣立っていった。

カルチャースクールや様々なサークル活動に精を出しているお母さんとは、今はもうほとんど会話がない。

 

仕事一筋だったお父さんには、心を許し話し合える相手がいなかった。

 

そしてお父さんは思った。

出来る事ならならもう一度恋愛がしたい。

30年前に今のお母さんと出会ったような恋愛がしたい。

 

しかしそれは出来ないことを、お父さん自身が一番知っている。

なぜならば、すでに髪の毛が薄くなり、おなかの出た中年、いや初老とでもいうべきか、こんな男が女性と新たな恋愛など出来るはずがないのだ。

それに、そんな度胸もない。

 

日一日と歳を取って行く。

人生はとっくに折り返している。

 

「わたしはどうすればよいのだ」

 

お父さんは不安に包まれてゆく。

このまま孤独な人生を送らなければならないのだろうか。

 

定年を迎えた男性が、居場所が無く鬱になるという事をよく聞く。

私もそうなってしまうのだろうか。

 

趣味を持てという。

お父さんにだって趣味はある。

散歩しながら写真を取ることだ。

ネットに掲載したりして楽しんでいる。

でも、趣味は無償の愛であるとお父さんは考えている。

こちらからの一方的な愛であり、相手から慕われるものではない。

 

お父さんは人生最後の、双方向の、あのころのときめくような恋愛がしたいのだ。

 

そんなお父さんが変わったという。

会社でも、お父さんは最近明るくなったと言われている。

会社の同僚や部下からも、

「最近やけに明るいですね」

「今日も定時でお帰りですか? なんだか楽しそうですね」

とよく言われるようになった。

 

そうなのだ。

お父さんは今楽しくてたまらない。

 

隠しているわけではない。

彼女が出来たのだ。

自慢げに同僚たちに彼女の写メを見せる。

「どうだ、可愛いだろ、美人だろ」

彼女の自慢話となるとお父さんは止まらなくなるのだ。

 

さあ、退社時刻だ。

彼女のもとへ帰らねば。

 

急いで会社を出る。

恋する相手が待つ場所に、足早に向かうお父さん。

満員電車も苦にならない。

彼女の顔を思うと、思わず頬がゆるんでしまう。

可愛くてたまらないのだ。

 

マンションのチャイムをいつものように2回ならし、ドアを開ける。

すると、リビングから彼女が駆け出してきて、お父さんを迎えてくれる。

お父さんは彼女を抱きしめる。

熱いキッス。

 

お父さんは彼女を抱いたままリビングへ。

そこには、ソファに座ってテレビを見ているお母さん。

「おかえりなさい」

お母さんはテレビから目を離さずに言った。

 

お父さんは彼女を離した。

彼女は嬉しそうにリビングを走り回る。

お父さんが帰ってきたのが嬉しくてたまらないのだ。

 

彼女が家にやってきて半年がたつ。

すでに結婚している娘が連れてきたのだ。

新しく引っ越したマンションはペット禁止で、飼っていたチワワを連れてきたのだ。

深く考えずに引き取ったチワワ。

でも、なつくと可愛くてたまらなくなったのだ。

そしてチワワも、お父さんのことが誰よりも好きになったのだ。

 

お父さんは愛する彼女のために、健康にもファッションにも気を使うようになった。

彼女との屋外デートをカッコよく決めるためだ。

彼女とのデートを通して、挨拶したり話をしたりする人も増えた。

娘にも最近若くなったと言われた。

 

お父さんの願い、双方向の恋愛は叶ったのだ。

愛する相手が出来たことで、人生がこんなに楽しくなるんだな。

 

お父さんはチワワを心から愛している。

もちろんチワワも。