ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

富士山は、雲をまとった姿のほうが面白いと感じませんか?

富士山は単独峰、回りに高い山はありません。

そのため、左右対称の稜線がはっきりと望め、その美しさを際立たせています。

 

また、単独峰であるため、駿河湾の水分を含んだ風が山にぶつかり冷やされるため、雲が湧きやすく、くっきりとその姿を望めることは難しい。

でも、最近思うんです。

雲をまとった富士山って、面白いし綺麗ですよね。

雲の形は刻一刻と変化するため、見ていて飽きないのです。

富士山の神様はコノハナサクヤヒメ。

なかなかオシャレにうるさい神様なのかも・・・

 

今日(11月7日)は早めに帰ってきたので、富士山を望むことが出来ました。

東名バスに乗って、次第に富士山に近づいてきたのですが、凄い傘雲。

何とか写真に撮りたいと思っていました。

傘雲は、富士山を回り込む風や、日射によって出来る上昇気流で出来るそうです。

 

この日は完全に駿河湾からに風が影響していると思われる雲ですね。

 

富士山だけでなく、周辺も面白い雲が・・・

 

上空はかなり風が強いのでしょうか、頻繁に雲の形が変わります。

この写真を撮って15分後には傘雲は崩れてしまいました。

 

今晩は少し天気が崩れるのかしら?

 

反対側、箱根サイトの金時山の上空にも三重のレンズのような雲が観察できました。