ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

冬の蝶 ~冬に蝶を見たことがありますか?

冬なのに蝶が

11月も下旬、寒くなってきました。

 

そんなある日、いつものようにカメラ片手に散歩。

 

線路わきの、舗装されていない小道で蝶に出会いました。

ひらひらと地面近くを舞っては石の上にとまります。

 

こんな季節に蝶々?

 

何かの間違いではないかと思いました。

 

沖縄県の石垣島や西表島では、1月に蝶やトンボを見ましたし、カエルも鳴いていました。

でもここは、富士山の麓、標高400メートルの御殿場市です。

 

そこで、冬の蝶について調べてみました。

 

冬の蝶、ネットで調べたら・・・

ネットで調べると・・・

 

質問ー真冬に台所作業をしていたら、白蝶がふわふわと舞って消えました。

答えーあなたの亡くなったおばあさまが何かを伝えたくて、白蝶になり・・・

 

調べたいことと違うだろ。

 

今度はしっかりと目的に合わせて。

 

私が見たのはタテハチョウ。

 

タテハチョウやシジミチョウは成虫越冬するそうです。

そして、冬でも少し暖かい日中に飛び回ったりすることがある。

なるほど、私が見たのは特別では無かったわけですね。

f:id:masaogasan:20191120141922j:plain



越冬する蝶について

蝶は、卵で越冬するもの、幼虫で越冬するもの、蛹で越冬するもの、成虫で越冬するものがいるそうです

幼虫で越冬するものが一番多いそうです。。

そして、成虫で越冬するものは全体の焼く10%もいるとか。

この多さ、ちょっとビックリです。

ただし、成虫で越冬する蝶については、春になって交尾をして卵を産むのか、すでに妊娠して越冬するのかは、明確に書いてある文献は見当たらないそうです。

身近な蝶でも、なぞはまだあるのです。

 

でも、普通蝶は交尾をして卵を産むと死んでしまいます。

妊娠して越冬したとすると、エネルギーを使わないから考えられないわけでもないかな。

 

春先の蝶

春先に、時々羽がボロボロになった蝶を見ることがありますが、今思うと越冬した蝶だったのでしょう。

 

越冬場所は、葉の裏や草むら、木のウロなどがあるそうですが、見つけるのは非常に困難なんだそうです。

 

もし冬に蝶を見つけたら、そっとしておいてあげましょう。

春に再開するのを楽しみにして。