ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

普段見過ごしている風景にカメラを向けてみた。

普段見逃している風景

 

散歩途中で、普段見逃しているような風景にカメラを向けてみました。

 

枯葉(紅葉した葉)

まだ葉が枝についているのですが、いろいろな風景が・・・

 

◇最後の一葉

偶然見つけました。

おそらくは明日にはないでしょう。昨日ならもっと葉をつけていたかも。

何気なく通り過ぎちゃうところですが、注意してみるとこのような光景に。

でも、気が付いたのも偶然だよな・・・

f:id:masaogasan:20191211222823j:plain


◇葉が丸まっている

枝についている葉ですが,みなきれいに丸まっている。

この木だけかと思って見回したら、赤く紅葉した楓の葉の一部も。

何故こうなったのでしょうか?

場所も限られているかも。

f:id:masaogasan:20191211222811j:plain
f:id:masaogasan:20191211222758j:plain


枯葉などが丸まってしまうのは、葉の細胞構造にあるのかもしれないとのこと。

表と裏の面の細胞構造が異なるために、表面が乾燥して丸まるのだとか。

 

今回、場所が限られていたのは、葉の枯れ具合と風の通り道などが関係していたのかと考えています。

 

◇ニッコウキスゲと百合の種

木立の間にニッコウキスゲが花をつけているのは散歩の途中に確認していました。

そして冬になって、このような枯れた種が、ポツンぽつんと50センチほどの棒の先についているのです。

 

じっくり観察したことはありませんでした。

 

よく見ると、面白い形です。

 

そして、百合の種も。

f:id:masaogasan:20191211222841j:plain
f:id:masaogasan:20191211222830j:plain


でも、百合の仲間って、種で増えるのだっけ?

 

百合根というものがあり、有名なので球根で増えるのかとばかり思っていました。

 

でも、種でもちゃんと増えるのだとか。

 

この年になって初めて知った。

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

と叱られてしまいます。

 

◇池に映る紅葉の風景

トンボ池(ビオトープ)、夏場は水が濁っていますが、冬場はきれい。

水温が下がって微生物の活動が鈍ったためでしょう。

 

風がないので、周りの紅葉を映し出しています。

蓮の葉とコラボして、面白い光景が面白い。

f:id:masaogasan:20191211223023j:plain

この風景、肉眼よりカメラの映像のほうが面白いなぁ。

 

腕前が上がればもっと楽しいのだろうけど。

 

◇視点を変えると普段見慣れた風景も面白い

普段の生活の中で、何気なむ見過ごしてしまっているものがあまりにも多すぎます。

そのようなものを見つけて知れば知るほど楽しみは増えるのでしょう。