ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

マイブーム、神社の狛犬に魅かれます。~ シーサー、狛犬、ピラミッドのスフィンクスは同じ期限って知ってました?

f:id:masaogasan:20191222103941j:plain

 

最近のマイブームの一つが神社巡り

毎月どこかの神社にお参りに出かけています。

 

何故神社がマイブームになったのかと言いますと・・・

 

沖縄のシーサーかな。

 

沖縄の屋根には、魔除けの意味があるシーサーが対になっておかれています。

そのどれもが個性的な形でかわいらしい。

特に、竹富島で巡り合ったシーサーたちに魅かれました。

 

そうすると、シーサーに近い、神社の狛犬。

稲荷神社はキツネ。

天満宮は牛。

これらにも興味がわいてきました。

 

必然的に、そこから神社 ⇒ パワースポット

と興味の範囲が広がっている最中なのです。

 

シーサーと狛犬の関係

◇共に中国から

シーサーも狛犬も中国から伝わってきたものです。

伝わった時代は、シーサーのほうが古く、1600年代前後に琉球王国に。

 

ともに魔除けや守り神といった存在です。

 

ですが、シーサーは各家庭にあり、沖縄の人たちにとってはより家庭的な守り神として親しまれています。

シーサーは向かって左は口を開けて悪霊を追い払う雄。

右側は口をとじて福を招く雌となっています。

◇共に獅子

シーサーは沖縄の方言で、獅子のことです。

 

一方の狛犬は、もとは獅子だったのですが、空想の獣となって日本に伝わったとか。

日本に伝わった当初は、向かって左が獅子、右が狛犬とされていたようですが、現在では分かれていません。

 

狛犬も同様の口をしています。

向かって右側が口を開いた「阿(あ)像」。

左側は口を閉じた「吽(うん)像」。

二体で「阿吽(あうん)」を現しています(あうんの呼吸と言われる阿吽です。仏教では始まりと終わりを意味しているそうです)。

f:id:masaogasan:20191222103931j:plain

神社の数はコンビニ以上

神社は外界とは違った雰囲気を醸し出している場所、いわば身近なパワースポット。

お参りに行けば、心落ちつくのも納得できます。

そして、そこにいる狛犬たちも日本人にとっては身近な存在。

じっくりと眺めてみるのも面白いですよ。

 

シーサー、狛犬、ピラミッドのスフィンクスは同じ起源?

シーサー、狛犬、ピラミッドのスフィンクスは、元をたどれば古代オリエントのライオンという説があります。

この説、かなり有力だとか。

シルクロードを通してつながっているんだそうです。

 

神社の狛犬が、シーサーだけではなくピラミッドのスフィンクスとも関係があるなんて、ロマンですよね。

 

世の中、まだまだ知らないことに満ち溢れているのです。