ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

「即席進化」 生物の進化、人間の進化について考える。【私、「ムー民」ですけど、何か?】

「ムー民」が「即席進化」について考える。

f:id:masaogasan:20200118133103j:plain

即席進化

雑誌「ムー」の今月号(2020年2月号)に面白い記事が掲載されていたんです。

タイトルは「即席進化」。

大西洋カリブ海の西インド諸島に生息する学名アノリスク・スクリプトス(通称アノールトカゲ)という小型種のトカゲが、たてつづけに襲った3つの巨大ハリーケーンの直後に超速進化を遂げた事実が発見された。 

雑誌「ムー」に掲載されている記事ですのでついついオカルトチックな内容を連想してしまうのですが、これは真面目な記事(失礼)で、大変興味深かったのです。

 

「超速進化」と言っても、今回は3つのハリケーンでアノールトカゲの中でもハリケーンの猛威に絶えられない個体が急速に淘汰されて、新たな(?)前足の指が大きく木にしがみつきやすい個体が生き残って生息していたそうなんです。

 

進化の過程では、新たな環境に適応できない個体が長い時間をかけて淘汰されて、適応できる個体だけが残ってゆく。

それが短期間で起こったことに注目されているのです。

 

アノールトカゲ、調べてみるとハガクレトカゲ属のトカゲで、約400種類を含む巨大な科のトカゲ。

それだけ環境に順応しやすいトカゲと言えるのでしょうね。

キューバでは、各島ごとに独自に環境に適応したアノールトカゲが生息しているそうです。

 

今回発見されたトカゲも、今後固有種として認められるかもしれない。

これってすごいことだと思うのですけど。

このトカゲ、将来さらに種族を増やし、地球上を我が物顔に動き回っているかもしれませんよ。

 

日本にもペットとして入り、沖縄や小笠原諸島ですでに帰化しているそうです。

確か「鉄腕DASH」で捕獲していたような。

これはまずいですね。

 

人間も即席進化しているのでは

ところで、とわたくし「ムー民」は考えたわけです。

人間はどうだろうか?

 

特に日本人。

f:id:masaogasan:20200118133105j:plain


 

日本人の体形は、この100年間で大きく変わってきたのではないでしょうか。

身長も伸び、手足は長くなった。

顔つきも大きく変わった。

これは、食生活が大きく変わり、生活スタイルも椅子中心となった影響ですよね。

これもある意味、環境変化に伴う「超速進化」なのでは?

 

また、スポーツ面でも。

正式な記録が残っている中でも

100m男子の世界記録は100年で1秒も短縮されています(10年以上記録は更新されていませんが)。

このような事象は進化といえるのでしょうか?

 

スポーツ面に関しては、特定の人間に限られるので進化とは言えないかな。

 

進化とは

でも、そもそも進化って?

 

進化を説明する理論として最も支持されているのは進化の総合説と呼ばれるもので、ダーウィンとウォーレスの自然選択説と、メンデルの遺伝子の理論、集団遺伝学の理論や木村資生の中立進化説を統合したものである。この総合説によれば、突然変異によって生じた遺伝子の変異はランダムでない自然選択と、確率的に起こる遺伝的浮動によって個体群中に固定し、新しい形質の出現や種分化などの進化現象を引き起こすと考えられる。

 

身体的特徴の変化やスポーツで飛びぬけた才能を持った人間が出てくるのは、遺伝子の変化ではないよね、

だから進化とは言わないということでしょうか?

 

でも、生き物は生活環境が変わると、少しずつ体を変化させ対応させてゆく。そこに遺伝子の変化が発生する。

 

アノールトカゲも人間も進化の一歩手前の状況なのかな?

 

さらに妄想は続きます。

 

人は進化するのか

人類が地球上に誕生して、文明を持つようになって生活環境も大きく変わってきたけれど、まだ遺伝子の変化は起こっていません。

 

いや、遺伝子レベルで変化が起こるには2000年前後の期間では短すぎるのでしょうか。

でも、遺伝子的変化が起こるのは一瞬のような気もするんです。

 

遺伝子レベルでの変化が起きるのにはまだまだ時間が必要なんだろうけど、変化は一瞬。

ある日突然新人類が誕生する。

そんなことが起きるんでしょうね。

 

人間の築き上げた文明は確実に、猛烈なスピードで進化している。

文明の進化は、生活環境も大きく変えて行く。

人間にとって危険な因子はどんどん排除されて言っています。

生活圏も広がり、宇宙にまで進出しようとしている。

これから短期間で衣食住を含め、人間の生活環境や生活習慣は全てが大きく変わってい区でしょう。

 

それに合わせて人間も体格などが変化して行くと考えられます。

 

でもこれは、あらかじめ持っている人の遺伝子の対応範囲内だってことなんだろうか。

そうだとしたら人間は、まだまだ変化できる。

 

どこまで変わることができるのだろう、どこまでできるのだろう。

人の遺伝子はまだすべて解明されているわけではない。とんでもない潜在能力が隠されているかもしれないよ。

 

文明の進化はここ100年劇的だから、僕たちが生きている間に、もしかしたら何らかの変化が見られるかもしれないね。

 

人の思考は進化しない?

でも、文明は進化しても、人間の思考は昔のまま。

今だに無益な争いを続けている。

武器が進化しただけで、昔から同じような理由で争いごとを続けている。

 

思考の進化って、起きないのかな。

落ちたとしたら、それはどのようなものなんだろう。

 

今の私の最大の興味がそこにあります。

ある意味、思考の進化は遺伝子に直接関係してくるのかもしれないな。

 

「ムー民」妄想ははてしなく続く。

夜が更けるにつれて、お酒の量も増えて行く。