ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

なぜ神社に鏡が祀られているのか?

遅ればせながら、今年初めて神社にお参りしてきました。

 

初詣は豊川稲荷東京別院へ。

でも、こちらは稲荷と言っても、寺院なのです。

 

今回は、なじみの渋谷区にある豊栄稲荷と金王八幡宮へ。

 

f:id:masaogasan:20200126101927j:plain

昔は、会社が近所にあったこともありほぼ毎日こちらの境内を訪れていたのですが(喫煙所が目当てでした。ごめんなさい。今は禁煙しております)、最近はお参りする回数もぐっと減ってしまいました。

 

*1900年奉納の狛犬

f:id:masaogasan:20200126101918j:plain
f:id:masaogasan:20200126101906j:plain

 

今回お参りして考えたこと、鏡に自分が映っていた。

 

今回、金王八幡宮にお参りした時のことです。

落ち着いた気持ちで手を合わせ、顔お上げた瞬間にお祀りしてある鏡に自分が映っているのに気が付きました。

 

なぜ鏡に自分が・・・

 

そういえば、神は自分の中にいるということを何かの本で読んだことがあるのを思い出しました。

 

多くの神社の本殿には鏡が祀られています。

 

なぜ鏡は神社に祀られるようになったのでしょうか?

 

生活の中で使う鏡は、主に自分自身の姿を映す目的で使用されます。

神道の本質には、鏡に映る自分自身の神様と向かい合い、自分を振り返るという大切な意味が込められているそうです。

 

神社で拝むということは「鏡に映る自分自身の神を拝み、自分の行動を自覚する」という意味があるといわれているそうです。

 

神社は、ご神鏡に映った参拝者自身の自分の中にある神様を自覚できる場所なのだそうです

 

調べてなるほどと感心した事は、鏡(かがみ)という言葉から、我(が)をとると神(かみ)になると。

が(我)をとれれば、ありのままの素直な自分を認めることになり自分らしさを思いだし、すべてのことに感謝を感じられるようになれるということです。

 

神社にお参りするときには、自分の思いを神様に伝えるのだそうです。

そうすると、神様はお参りした人の背中を押してくれる。

他力本願のお参りでは効果がないそうです。



ここで一つ思い出しました。

4年ほど前に安倍晴明で有名な、京都の晴明神社にお参りした時のこと、フィギュアスケートで頂点に立つ羽生選手の絵馬を見つけました。

他の絵馬には、神様への願い事が書かれていたのですが、羽生選手の絵馬には自分が世界の頂点に立つという強い自分の意志が書かれていたのです。

羽生選手はしっかりと自分と向き合っていたのですね。

 

「笑う門には福来る」

毎日鏡に映る自分自身を見て、笑顔でポジティブに毎日を過ごせたら。

きっと神様も背中を押してくれるでしょう。