ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

不器用な僕の人生「朝食編」 こんなに不器用な人間を僕は知らない

f:id:masaogasan:20200126101036j:plain

僕は不器用だ。

手先だけではなく、生きる事全てにおいて不器用なのだ。

こんな不器用な人間を僕は知らない。

 

不器用な僕の一日はこうして始まる。

 

朝は早い。

家族で一番早く起きる。

 

朝、まず行うことはお湯を沸かしてコーヒーを入れることだ。

そして朝ごはんを食べる。

 

でも、不器用な僕にとってはこんな簡単な朝のルーティンが無事終了することはまずないのだ。

 

お湯は電気ポットで沸かす。

その際、コードをひっかけたり、ポットが置いてある台に乗っている他の物を落として大きな音を立てたりする。

お湯を沸かすという簡単な行為が何故スムーズに行かないのだろう。

一つのことに注意を払うと他のことがおろそかになってしまうのだろうか。

ここで早くも大きなため息が出てしまう。

 

次にコーヒーを入れる。

ドリップパックのコーヒーを愛飲しているのだが、ここでも不器用が上での問題が発生する。

ドリップパックのコーヒーの粉を盛大にぶちまけてしまうのだ。

最初の難関は、袋を取り出すとき。

次に控える難関は、ドリップパックのフィルター上部を切り取るとき。

そして、マグカップにセットするとき。

最後の難関はお湯を注ぐとき。

お湯が飛び散って熱い思いをすることは日常茶飯事なのだ。

 

全く問題なくコーヒーを無事入れ終わる事は・・・

まずない。

ひと月に何袋のドリップパックコーヒーを無駄にするのだろうか。

 

さらに難関は控えている。

コーヒー、ヨーグルト、パン、バナナを持って自室に移動。

その間、様々な障害物を越えて行かなければならないのである。

 

茶の間は我家のワンコ、チワワの遊び場である。

ぬいぐるみやおもちゃが散乱しているのだ。

朝、家族は起きてこないが我が家のワンコは起きてくる。

そして、あっという間におもちゃを散乱させるのだ。

 

それを踏んだり、逆に注意して避けるとコーヒーをこぼしたり。

おまけにワンコがじゃれついてきたら最悪である。

 

奥さんは、このような状況下でも普通に安全に行動しているのだ。

信じられないことである。

 

そして朝食。

ヨーグルトのパックを開けるときにはもちろん液体が飛び散る。

パンの袋を開けるとパンが転がり出る。

ワンコが喜ぶ。

 

やっとの思いで朝食を終え、マグカップやごみをキッチンに持って戻るときにも難題は待ち構えている。

この時も悪魔のようなワンコの妨害は続くし、ヨーグルトで汚れたスプーンは落とすし。

 

カップを水道で流すときは、勢いよく水を出しすぎてパジャマを濡らしてしまうことも度々である。

 

もうこの時点で、僕は一日のエネルギーの大半を消費してしまっているのだ。

 

こんな僕が人生を器用に乗り切れるわけが無い。

 

何事もなく朝の貴重な時間を過ごすことが出来る人に、その極意を伝授してもらいたいと真剣に思う僕なのだ。

 

不器用な僕の試練はこの後も延々と続くのだ。