ログイン 気ままにエンジョイライフ・ドットコム

ブロガー、アフィリエイター、フォトグラファー、マルチクリエイター目指して楽しく生きる!

CANON EOS 6D MarkII を持って散歩に。 野鳥を写す。

カメラについているズームレンズは24mm-105mm。

 

これで野鳥を撮影したらどうなるのでしょうか。

 

モデルとなった野鳥は

ジョウビタキ

 

f:id:masaogasan:20200224110553j:plain

梅の花の蜜を吸いに来ていてメジロです。

 

f:id:masaogasan:20200224110550j:plain

 

以前はキャノン パワーショット SX60HS を使って野鳥を撮影していました。

このカメラはデジタルズーム270倍。

でも、倍率を上げると被写体が揺れて思うようにピントも会わず、中心でとらえることが出来ませんでした。

 

今回は・・・

Max 105mmなので、カメラを構えて居ても画像が揺れることはありません。

でも、さすがに小さくしか写せないなぁ。

 

自宅に戻ってパソコンで確認すると、ピントはしっかり合っています。

拡大してみると・・・

うわっ、細部までしっかり映っているよ。

これは驚きでした。

 

反省点としては、野鳥撮影こそ連写モードを活用すること。

今回は何故か使用しなかった。

撮影は絞り優先

F5.0

ISO200

 

 次は、タムロンの100mm-300mmを使って野鳥を狙ってみよう。