創作の森に迷い込んだカエルの話

写真家、小説家などの創作活動にあこがれるカエルが、ふとしたきっかけで富士山の麓にある創作の森に迷い込んでしまったお話

ショートショート 「イカスミパスタ」

f:id:masaogasan:20210421153838j:plain

イカスミパスタ 

よっ、久しぶりだね、元気だった?

今日はしっかり飲もうぜ。

おっ、ここの居酒屋、イカスミパスタがあるじゃないか。

食べようよ、美味いよ。

大将、イカスミパスタ二つね。

あと生ビールの大も2つ追加ね。

 

イカスミパスタってさ、色は真っ黒だけど美味いよね。

イカスミの成分がアミノ酸だから、パスタのうまみが増幅されるんだって知ってたかい。

このまろやかでコクのある味がたまらないよ。

家では食べられないからなぁ。

でもさ、食べた後に歯が真っ黒になるのがちょっと辛いけど。

 

イカスミパスタはあるけど、タコスミパスタはないよね。

何故かな?

知っている?

ほら、僕は大学で水産学部だったし、釣りも好きでイカやタコ釣ることもあるから知っているけど。

学生時代はイカやタコを捕まえては大学の研究室で解体してよく食べたものさ。

おかげで釣りと包丁さばきはなかなかなものだぜ。

 

え?

イカ釣りはエギングと言ってブームだけど、タコ釣りは知らないって?

ちゃんとタコも釣りますよ。

特に冬、小さなイイダコをラッキョウで釣るの。

イイダコ、おでんに入れるところもあるよね。

面白い釣りだよ。

 

磯で生物採取していると、時々大きなタコを捕まえることもあるよ。

捕まえたら大学の研究室に持って帰って酒盛りだよ。タコをつまみにね。

タコは前処理が大切なのさ。塩でしっかりもんでぬめりを取っても見込まないと柔らかくゆでることができないのだよ。

これが力仕事でね。

洗濯機使っちゃう人もいるみたいだけど、大学の研究室にはなかったから、二本の腕でしっかりやるしかないんだ。

でも、これをしっかりやらないとおいしく食べられない。

おかげで腕の筋肉ほら、力こぶすごいだろ、タコのおかげだよ。

もんでぬめりを取ったら鍋にたっぷりのお湯でゆでるのだよ。そうすると真っ赤にゆであがってさ。

スライスしてわさび醤油で食べればお酒、いくらでも飲めたな。

 

え?

タコスミの話?

そうだったね、イカスミは食べてもタコスミは食べないってことだよね。

 

イカスミは料理するときにとても取り出しやすいんだ。しっかり袋に入っているしね。

でもタコスミは違うんだ。

臓器機関の中に隠れていて取り出しにくい、いや無傷で取り出すことなんてできやしないんだ。

おまけに、タコスミはイカスミに比べてサラサラしている。

でも、成分的には食べておいしいと思うんだけどね。

 

どうしたの?

イカスミパスタ食べないの?

気持ち悪いって?

そんなことないよ、いらなきゃ僕もらうよ。ほかに好きなもの注文しなよ。

 

それからさ、イカもタコも外敵から襲われ、逃げるときにスミ噴射するんだけど、目的は大きく違うんだ。

タコスミはさっきも説明したけれど、サラサラなんだ。

このスミは逃げるときに煙幕として使うんだ。

サッと海の中で拡散して、逃げるタコを見失しなってしまうんだ。

 

おっ、タコのから揚げ頼んだの?

一つちょうだい。

熱っ、美味いね、これ。

 

でもね、イカスミは違うの。

タコスミに比べて粘性が強いんだ。

これを吐いても海中に拡散しない。

ある程度形を維持して漂うんだ。

つまり、自分の分身。

外敵は喜んでこのイカスミを食べる。

その間にご当人のイカは逃げるんだ。

外敵がイカを追わずにイカスミ食べるんだから、やっぱり美味いんだよね。

 

あー。イカスミパスタ美味かったなぁ、居酒屋のパスタとは思えなかったよ。

それによく飲んだし。

久しぶりに大好きな海洋生物の話もできたし。

今日はありがとう、今日は一緒に飲めて本当に楽しかったよ。

じゃ、君はそっちの道、僕は反対だ。

またな。

 

あー楽しかった。

イカスミパスタ美味かったな、二人分食っちゃったよ。

 

ん?

君たち何なのいきなり出てきて、金を出せって。

高校生?

そんなことしちゃだめだよ。

うるさい金出せって?

こんな時は逃げるが勝ちさ、走れ!

 

あいつら追っかけてくるよ。

待て、おとなしく金出しなだって?

そういわれて待つバカいないだろ!

うっ、気持ち悪い、急に走ったからせっかく食べたイカスミパスタとビール吐きそう。

ダメ、ウゲ、ウゲゲゲゲ―。

 

大量に吐いちまった。

あれ?

あいつら、俺の吐いたものに取り付いているよ、しかも真っ黒になって。

何をやっているんだ、バカだねーあの子たち。

俺の吐き出したイカスミパスタを俺だと思っているんじゃないの?

分身の術、俺が吐き出したのはイカスミコピーロボットだったってね。

はー、イカスミに助けられたね。

でも笑っちゃうよ、あの光景。