創作の森に迷い込んだカエルの話

写真家、小説家などの創作活動にあこがれるカエルが、ふとしたきっかけで富士山の麓にある創作の森に迷い込んでしまったお話

140字小説 「新型コロナウィルス」

140字小説  

f:id:masaogasan:20210421153856j:plain

コロナ禍、生活様式も変わり、よくも悪くも私たちの生活に大きな変化が出てきています。

そんな中書いた作品5編を読んでみてください。

 

 

「新型コロナウィルス」

 

ちょっとお前たち、後から来たくせに割り込むなよ。

ここは俺達が見つけた安住の地なんだ。

俺達はここで何千万年も平和に共存してきたんだ、人類が誕生した時からずっと。

それが何だ、1年足らずで目茶苦茶にして。

迷惑だ!

俺達腸内細菌の安住の地を奪う気か?

新型コロナウィルス!

 

*細菌とウィルスは別物ですが、ともに人間あって初めて生存できるのです。新型コロナウィルスも感染する人がいなくなれば滅びます。

ウィルスなどは特に、人類の進化の過程に大きく関与し、DNAには様々なウィルスの情報が組み込まれているとか。細菌、特に腸内細菌は人に不可欠な存在です。

人がウィルスに感染し体調を崩すと腸内細菌のバランスも大きく崩れることがあります。そこで思いついた小説です。

 

 

「新米の神様」

 

「お前何やったんだ!」

上司から強烈な雷。

「何を考えて仕事をしているんだ、顧客のことを考えているのか!」

もちろんだ。

僕は争いや環境汚染を引き起こし、破滅へひた走る人類を守るために人口を減らそうと新しいウイルスをばらまいたのに。

なぜ絶対神はわからないのか!

 

*80億人に迫る地球の人口。環境破壊(森林の減少、海洋汚染等)は加速度的に進み、人間以外の生物にとっては怒りを感じていることでしょう。中国やインドの深刻な環境破壊を見ていると人類の未来に不安を覚える(日本も同様)。

人口が増えすぎているんじゃないかと思う今日この頃。そこで思いついた作品です。

 

 

「お父さんの居場所」

 

俺には居場所がない。

俺には妻と年頃の娘、郊外にローンで購入したマンション。

普通の会社員に見えるが、俺には帰りたい家がない。

家庭では粗大ごみ扱い、在宅勤務などもっての外!

立ち寄る居酒屋は早く閉まってしまう。

早く普段の生活に戻ってくれ。

痛切に願っているのは俺だけではない。

 

*家庭におけるお父さんの居場所について考えることが多々あります。残業が減り、フレックスを採用する企業が増えてきた半面、家に帰りたがらないお父さん、「フラリーマン」という種族も(失礼)現れました。彼らはコロナ禍乗り切れるかな。

 

 

「おふくろの味」

 

今年の正月は故郷に帰ることができない。

そんな折、おふくろから小包。

中には手料理、地酒も入っている。

デパートの小綺麗なおせちなんかより、これだよこれ。

新年待ちきれない。

おふくろの手料理と地酒で年越しだ。

あー美味い。

故郷の味が喉から胃袋へと入ってくる。

 

*年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みと、コロナ禍で規制できない人も多い。

そんな状況で思いついた作品です。

 

 

「最適な仕事環境」

 

テレワークに外出自粛。

普通の人はストレスがたまる時代なのだろうな。

でも、こんな僕にはチャンスの時代。

ITに関する僕の技術力が初めて世間に認めてもらえた。

スカウトされた会社でストレスなく仕事に打ち込める。

評価も急上昇、最高の環境さ。

だって僕はずっと引きこもっていたのだから。

 

*コロナ禍で一気に勤務形態が変わった日本、在宅勤務になじめない人も多いようです。特に、コミュニケーションが希薄になることでストレスを感じる人も多いとか。

コミュニケーション障害を持ち引きこもっている人たちになかには、隠れた天才も。その二つを合わせて書いてみました。