創作の森に迷い込んだカエルの話

写真家、小説家などの創作活動にあこがれるカエルが、ふとしたきっかけで富士山の麓にある創作の森に迷い込んでしまったお話

140字小説 「SF」

140字小説 

f:id:masaogasan:20210421153856j:plain

「SF」の世界を140文字で表現することは可能だろうか。

ストーリーの展開って大事だよね。140文字で挑戦。

 

 

「地球征服」

 

「ガーン!今日の私の運勢最悪よ。

でも、黒のコーデにランチは麺類、上司のお小言注意か。

スマホの運勢チェックは私の朝のルーティン。

これで今日も大丈夫」

この様子、地球侵略を狙う宇宙人が観察していた。

「今度の仕事楽勝じゃん、地球人征服はスマホ情報を管理すればOK。

さっ、上司に報告」

 

*通勤電車、ほとんどの人がスマホの画面とにらめっこ。歩きながら、中には自転車に乗りながらスマホを見ている人たちが。完全に現代人はスマホ依存症。そこで思いついた作品です。

 

 

「透明人間」

 

あいつ昔から本当に影薄いよな。

存在感ないね、いるかいないかわからない。

名前も思い出せないよ。

 

それでいい、僕は気配を消している。

そしてついに憧れの透明人間になれたのだ。

やった、と歓喜の雄叫びを上げた瞬間、僕は世間から注目される人間になり、実体化してしまった。

 

*影が薄いって言いますよね、存在感が希薄な人。実際に視覚的に影が薄くなっていったら面白いなと思い、考えたお話。

 

 

「思考するロボット」

 

あの子とは縁切った。君とも遊ばない。

だってつまらないもん。

僕はネットと繋がっていればいいんだ。

自分の好きな時間に好きなだけ情報もらえるんだもん。

人間の友達なんて、疲れるからいなくていいよ、へっちゃらさ。

人間と付き合うのはもうゴメン。

だって、僕AIロボットだもん。

 

*AI「人工知能」、自ら学習しより高度な作業を行うようになる。数年すればAIが人間に代わって仕事をする分野も増えてくると言われています。さらに進んで、自分で意思を持つようになれば、人間を上から目線で見下ろすAIも出てきたりして。

 

 

「新しい小説」

 

新しい本が出版されなくなった未来。

140字小説また落選、類似作品が過去にあるって?

まただ。

最終手段コンピュータ使おう。

文字を140組み合わせて意味不明分削除、過去の類似作品と比較し新しい作品抽出。

作業開始!

結果は該当作品無し?

もう可能な限りの作品が作られたってこと?

 

*文章って、文字の組み合わせだよね。だとしたら、AIが進化したら、小説も作れるようになるのではないかな?

 

 

「この指とまれ」

 

この指とまれ!

僕は大声で叫び人差し指を真っ赤な空につき上げた。

風がビューっとうなり、砂ぼこりが舞い上がる。

誰も答えてはくれない。

多くの時が流れた。

僕の金属の体は同じ体制のまま、体は砂だらけ。

赤茶色の太陽が砂丘の向こうに沈んでゆく。

もうこの地球には誰もいないのだろうか。

  

*散歩中に、人差し指を空に突き上げているように見える枯れた木を見つけた。

どのくらい時間が経過しているのだろう。この先朽ち果てるまでこのままなのだろうか。そして思いついたお話。