創作の森に迷い込んだカエルの話

写真家、小説家などの創作活動にあこがれるカエルが、ふとしたきっかけで富士山の麓にある創作の森に迷い込んでしまったお話

超ショートショートの不思議な世界 幻のカレーパン

f:id:masaogasan:20210629145043j:plain

「幻のカレーパン」 

 その店の名物カレーパン、店主の気まぐれで作るから、いつ店に並ぶかわからない。並んだとしてもあっという間に売り切れてしまう。

 カレーパンが好きな僕も一度は食べてみたいと恋焦がれているのだ。

 時には丸一日店の前で粘って待っていたこともあったが売り出されることはなかった。あと一人というところで売り切れてしまったこともあった。なんとしても手に入れたい。

 この店のカレーパンを手に入れたいと思って何年の月日が流れたことだろう。しかし、手に入る時は本当に一瞬なのだ。

 偶然その店の前を通りかかった時、店主が焼きたてのカレーパンをもって奥から出てくるのが目に入った。

 僕はついに幸運と巡り合った。ようやく手に入れた幻のカレーパン、天にも昇るこの気持ち。手にした瞬間からもう夢見心地。

 えっ、その味はどうだったかって?

 うーん、手に入れることだけで頭がいっぱいになっていたから記憶にないなぁ。