創作の森に迷い込んだカエルの話

写真家、小説家などの創作活動にあこがれるカエルが、ふとしたきっかけで富士山の麓にある創作の森に迷い込んでしまったお話

超ショートショートの不思議な世界 未来のために

f:id:masaogasan:20210629145043j:plain

「未来のために」

 過去の歴史を変えようとしている組織がある。
 その情報を入試した我々は、さっそく調査を開始した。
 ご存じの通り、過去を変えることは未来を変えることにつながる。どんな小さな出来事であっても、過去の歴史を変えることは許されないのだ。
 私は組織の一人を追って、彼が逃げ込んだ時代に私はトリップし、追い詰めた。
 彼は私に消される直前に、偶然通りかかったその時代の一人の青年に銃の引き金を引いた。
 大変なことになってしまった。
 青年を死なせるわけにはいかない。
 私は青年を私の時代に連れてきて、最新医療技術を駆使して命を救い、そして元の時代に送り届けることに成功した。
 良かった、歴史を変えることを何とか食い止めることができた。
 青年が目を開ける。
 命を助けてくれてありがとう。
 青年はそう言うと、自らの懐から拳銃をとりだし、こめかみに当ててこういった。
 僕が自ら命を絶たないと、歴史が変わってしまうんだ。そんなことになったら未来が大変なことになる。君の存在も消えてしまうかもしれない。
 そういって彼は引き金を引いた。