創作の森に迷い込んだカエルの話

写真家、小説家などの創作活動にあこがれるカエルが、ふとしたきっかけで富士山の麓にある創作の森に迷い込んでしまったお話

超ショートショートの不思議な世界 校舎

f:id:masaogasan:20210629145043j:plain

「校舎」

 その場所に小学校の校舎が建っている。
 ずっと昔から建っている。
 校舎が建ったばかりの時には子供たちの声で活気づいていた。
 時と共に子供の数は減り、校舎から子供たちの声は消えてしまった。
 周囲には住む人もいなくなった。
 それでも校舎は建っていて、時より廊下を走る座敷童の姿が見られた。
 さらに時は流れて、校舎はダム湖の底に沈んだ。
 それでも崩れることなく建っている。
 湖底で人目に触れることのなくなった校舎を、今は魚たちが使っている。
 そして、たまに河童の子供たちも遊びにやってくる。
 校舎って、そんな場所なんだよね。