創作の森に迷い込んだカエルの話

写真家、小説家などの創作活動にあこがれるカエルが、ふとしたきっかけで富士山の麓にある創作の森に迷い込んでしまったお話

超ショートショートの不思議な世界 ヒーローの時代

f:id:masaogasan:20210629145043j:plain

「ヒーローの時代」

 僕はどうしてもヒーローになりたかった。
 この世の悪を倒して平和を守り、子供たちに夢を届けるのだ。
 現実問題、そのようなことを周りの人に話してもバカにされるだけだ。
 テレビや漫画の見過ぎだとか、幼稚な夢だ、もう少し大人になれよとか。
 ある日僕は悪者に襲われ殺されそうになって物陰で震えている親子を見つけ、とっさに助け出すことに成功した。
 その日から、僕は平和を守る本当のヒーローになることを決心したのだ。
 ヒーローとして危険な場所を毎日見回り、おびえている子がいれば助け出した。
 平和のために毎日働き続けることにより、少しずつではあるが人々も僕のヒーローとしての活躍を認めてくれるようになってきたのだ。
 そして仲間になりたいという人も現れ、僕はついに戦隊ヒーローのリーダーとして平和のために戦うことになったのだ。
 今日も僕たちは空き地や河原をパトロールして捨て猫を保護している。
 そしてそのような不幸な猫たちを増やさないように近隣の人たちへの啓蒙活動も続けている。
 そう、僕たちは、猫たちを不幸にしないために戦う戦隊ヒーローなのだ。
 それからというもの、あちらこちらで様々なヒーローが誕生し始め、平和のために戦いだした。
 街をゴミから守るヒーロー、地域を活性化させるために戦うヒーロー、寂しい子供たちを守るヒーロー、ヒーローが活躍する時代がやって来た。
 今の時代、君だってヒーローになれるのだ。